【安全食堂@西区横浜】 西区を象徴する名店!ホクホク系No.1の焼めしと共に啜るべし

西区横浜にある、「安全食堂@西区横浜」 をご紹介します。

1974年(昭和49年)創業とのことなので、既に40年をゆうに超える歴史を持つ老舗

とんこつラーメンはもちろん、大人気の焼めしチャンポン焼そばなどバラエティ豊かなメニューを楽しめます。

 

3 ラーメン&焼めし(2018年8月)

焼めし→スープ→焼めし→スープ・・・お皿が空になるまで、無心でループにハマるのみ!

福岡市ウエストエリアのシンボルとも言える超人気店であり、西区の 「安全食堂」、早良区の 「ふくちゃんラーメン」 という不動のツートップというイメージです (о´∀`о)

前回のふくちゃんのレビューで 「高速に乗って食べに行く市内のお店はここだけ!」 と書きましたが・・・

安全食堂も毎回そうでした(笑)

なんせコチラもまた、思い出したら ”矢も盾もたまらない” タイプ ♪(´ε` )

例の如く禁断症状に陥ったので、スケジュールをやりくりして都市高で突撃してきました~

 

アクセス

九大学研都市駅から徒歩8分ほど。
202号線 唐津街道沿い 西都1丁目交差点のそばにお店があります。

ちなみにこちらは以前、「西区徳永」だったのですが、気づけば「西区横浜」に^^;

横浜市西区ではなく、(福岡市)西区横浜。
だが、そこもイイっ(笑)!

 

店舗外観

平屋建ての民家というイメージの外観。
赤いテントと暖簾が安全食堂のトレードマークです^^

店頭には広い駐車スペースが。
ランチタイムや土日などはシビれるほどの行列も珍しくありません(汗)

が、今日は平日の遅~い時間帯なのでスムーズに入れました (^^ゞ

 

店舗内観

ゆったり広めの店内。
いくつかのテーブル席を、大きなカウンター席があります。

流石にカウンターはお客さんが多かったので、テーブルのみパチっと。
気張らず和める雰囲気のお店です。

安全食堂は、店員さんの接客がとっても良いのもチャームポイント。

おばちゃん達のニコニコ笑顔を見ていると、いつ来てもイイお店だなぁ~と思います (о´∀`о)

こちらはラーメンWalkerで受賞した輝かしい歴史。
名実ともにレジェンド的存在であることを表しています^^

 

卓上調味料

卓上にはどデカい紅ショウガをはじめ、スリゴマなどがスタンバイしてます。

 

おしながき

こちらは2018年8月時点のお品書き。

ラーメンはとんこつ1本!
大盛はありますが、トッピングバリエーションも無しの実に潔い構成。

一方で ”食堂” の名を冠するだけあって、チャンポン焼めしなどがあります。

そして大人気の ”焼めし” お値段 800円!
僕が知る限り福岡のラーメン屋さんにおける最高額 (^^ゞ

しかし、これを食べずには帰れないっ!という逸品です。

 

シンプルでありながらしっかりとした存在感。 これが西の王者の貫禄!

まずはラーメンから。
まさに博多の老舗!という雰囲気を醸し出す、シンプルにして存在感あるビジュアル。

ふわりと漂うトンコツの香りが食欲を刺激します。

ではではスープからズズっと・・・うん、ウマイっ^^

しっかりと厚みのあるボディがありながら、のっぺりと重くないバランス感が見事。

タレの塩梅もちょうど良く、絶妙にスープの輪郭を描きます。

そのままでも十分ですが、コショウ・スリゴマ・紅ショウガをそれぞれ少々プラスするのが僕らの好み (^^ゞ

スープのウマさを一層際立たせてくれる感じです。

合わせるのは適度な細さストレート麺

カタでお願いすると、しっかりとハリのある仕上がりが実にマーベラス♪( ´▽`)

この頼もしい食感がイイんだよねぇ~

具材はチャーシュー&やや多めのネギというシンプルな組合せ。

しかしそれがむしろイイっ!
潔いウマさにシビれつつ、イッキに完食です。

 

焼めし

こちらがお待ちかねの 焼めし

一般的な焼めしを遥かに上回るこのボリューム感!

「ちょっと焼めしも頼んどくか~」 という軽い気持ちでオーダーしようものなら・・・
到着と同時に腰を抜かすかも(笑)

出来たて熱々の焼めしを、ひと口パクっと頬張れば思わずニンマリ
これこれ、コレだよねぇ~♪(´ε` )

ホックホク系焼めしの筆頭格であり、多くの焼めしニストがこよなく愛する一皿。

カマボコ、チャーシュー、ネギ、玉子といった色とりどりの具材がお米と絡み合い、極上のハーモニーを奏でます。

焼めし→スープ→焼めし→スープ・・・
お皿が空になるまで、無心でループにハマるのみ!

結構な大食漢でない限り、ラーメン&焼めしを一人でいくのはおススメ出来ません^^;
僕らもシェアしていただくのがお約束です。

一人で来て、どうしても焼めしを食べたい時は、スープ=100円!と共にいただくことも。
めんむすびとしてはあるまじき行為ですが(笑)


 

お店の方々が本当にいい顔をしていて。

いい顔で来たお客さんが、もっといい顔で帰っていく。

それが名店と言われる老舗の姿なのかなぁ~なんて思ったり (^^ゞ

今までにない、新しいものも素晴らしい!
昔から愛され続けてきたものも素晴らしい♪

こういうラーメン屋さんって本当にステキだなぁ~とシミジミ (о´∀`о)
僕らもイイ顔で帰ってたかな(笑)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

2 焼めし & スープ(2016年6月)

安全食堂 (2)

郷愁を誘うウマい焼めしは数あれど、No.1を決めるなら安全食堂でキマリっ♪

 

西区の人気店と言えば・・・

西谷家@野方
博多ラーメンしばらく 福重店@石丸
長浜ラーメン 福重家@福重

そしてやっぱり、こちらの「安全食堂@徳永」でしょう (^^ゞ

前回の訪問から、かれこれ1年ぶり。

今日は、ラーメンと同じくらい大好きな ”焼めし” をお目当てにやって参りました♪

行きがけに寄ろうかと思っていたら、平日でも例の如く大行列が(汗)

時間を外して帰り道の14時過ぎに行くと、ゆったりモードになっていました。

 

おしながき

安全食堂 (1)こちらは2016年6月時点のおしながき。

今回は、焼めしを頂きます。

焼めしが800円は高い!?

う~ん、そうですね。一般的には600円位かと思いますので・・・確かに。

僕も初めての時は(その時は700円位だったかな?)そう思いました^^;

しかし一度食べると、そんなことは全く気にならない

むしろ都市高に乗って、食べに来ようかと思う程にハマりました♪

多少のお値段の違いでシャットアウトすると、旨いものに出会える率がグンと下がっちゃいますからね~(笑)

まずは先入観抜きで味わってみることをおススメします^^

 

郷愁を誘うウマい焼めしは数あれど、No.1を決めるなら安全食堂でキマリっ♪

安全食堂 (2)今日はレジ近くのカウンター席へ。

店主さんが調理するシーンを眺めつつ、ワクワクで待ちました (^^ゞ

きたきた~コレコレ♪

まさに焼めしマウンテンの如き、テンコ盛りのビジュアルにシビれます。

安全食堂 (3)

ではでは早速。
パクっと・・・うま~い\(^o^)/

ホックホクの仕上がりで、なんとも郷愁を誘う味わいです。

高級中華のチャーハンとはベクトルが異なる、昭和のラーメン店の魅力!

ちょっと家庭的なイメージもあるのですが、この味は家で出せないんですよね~

チャーシュー、ネギ、玉子、ピンクのカマボコと、王道の具材がタップリと。

ごはんに馴染んで旨いねぇ~^^

 

スープ

安全食堂 (5)安全食堂の焼めしはかなりボリューミーなので、シェアして味わうことが多いのですが・・・

今回は存分に楽しもうと、一人占め♪

ラーメンまでイケるならそれがベストですが、量的にはチト厳しいかも?

となるとおススメは、100円でオーダーできる ”スープ” です。

やや小ぶりな丼に、なみなみと注がれたとんこつスープが登場。

このスープと共に味わうことで、焼めしの旨さ150%まで引出せます (^^ゞ

焼めし単品を味わうならば、是非とも押さえておきたいマストアイテムでございます!


 

郷愁を誘う、ウマい焼めしは数あれど、No.1を決めるなら安全食堂でキマリっ♪

僕の中では懐かし系やきめしホックホク系)のトップですね^^

このカテゴリで最もメジャーな存在 「ひろせ食堂@久留米市」 や 「ふくちゃんラーメン」 もアツいのですが、個人的には安全食堂がイチバン好きです。

久留米系やきめしフンワリ系)となると、また話は変わってきますが (^^ゞ

近かったらもっと通えるのになぁ~(汗)

でも、距離が有るからこそ、喜びもひとしおなのかも知れませんね~

 

1 ラーメン(2015年4月)

安全食堂 (1)[1]

外連味の欠片もない実直&王道の味わいは思わず頷く旨さ!

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

安全食堂