【別邸 三く 中華㐂蕎麦 萃@大阪府福島区】 こだわりの上品な中華そばが楽しめるお店

大阪府福島区にある「別邸 三く 中華㐂蕎麦 萃」をご紹介します。

ラーメンに加え、うどんやお蕎麦などを展開している「麺香房 三く」の系列店。

2017年7月末にオープンしたばかりで、以前伺った「烈志笑魚油 麺香房 三く」と同じ麺激戦エリア福島駅近辺にあります。

 

1 とりだし中華(2017年12月)

貴方もきっとこの世界観の虜に♪ 中華そばのウマさに酔いしれる

大阪遠征1杯目に選んだのは、やはり話題のコチラ。

これは食べ逃してしまうと年が越せないと思い(若干大袈裟?!)行って参りました。

 

アクセス

JR福島駅から徒歩7~8分。
近隣には、燃えよ 麺助中華そばムタヒロつけ麺みさわ、先日ラーメン滑走路にもオープンした「まんかい福島本家」などがあります。

 

店舗外観

高級な小料理屋さんのような、渋くステキなファサード。

タイミング良く、外に待ちの行列は出来てませんでしたが、いつもは行列間違いなしだと思われます。

 

店舗内観

店内はカウンターのみの奥に長い作り。
立派な一枚板のカウンターが良い雰囲気です。

席には、こんな素敵なセッティングが。
ぐ~っと三くの世界観に引き込まれます。

店内には4つのお願いが。
気持ち良く&美味しく頂くためには欠かせないことですね。

 

おしながき

こちらは2017年12月現在のおしながき。

麺は全部で3種。
鶏のスープをベースとした「しょうゆ」「塩(数量限定)」に加え、
貝ベースの「貝だし中華」があります。

ご飯ものは、「鶏湯(チーユ)飯」「あさり飯」「豚煮飯」と方向性の異なる3種がラインナップ。

めっちゃ気になりつつ、連食中は「ごはん禁止令」が発動しているため、泣く泣くあきらめました。

今回は初志貫徹で「とりだし中華 しょうゆ」を頂くことにしました。

 

ビジュアルから美味さが伝わる! 上品ならが力強い味わい

スムーズに着丼。
わぁ~、キレイなビジュアルにうっとり♡

キラキラとしたスープをズズズっと。
鶏の旨味をぎゅっと凝縮した絶品スープに、キレの良い醤油ダレが良く合います。

膨らみ奥行きの深さに、吸い込まれそうな美味しさ。

シンプルながら、計算し尽されたバランス感がお見事です。

 

ここまでのヤワメンは初対面。こだわりの手切り自家製麺♪

6種ほどの小麦を合わせた自慢の自家製麺
絹柔麺」と書かれている通り、溶けそうなほど柔らかい食感です。

福岡では出会ったことのない珍しいタイプの麺。
スープとの一体感を重視したイメージです。

柔らかいながら、しっかりと小麦の旨味を感じる仕上がり。
好みが分かれるかもしれませんが、面白い食感ですよ~♪

 

デフォでも高い満足感を得られる構成

デフォで、立派なチャーシューが3枚も。
肉感とホロリ感」「赤身と脂身」の絶妙なバランスが最高です。

バラとロースの2種が入っており、満足感も高め。

中央で目を引く具材は、「玉ねぎの芽」や「赤だて」なるもの。
繊細な食感と風味が、アクセントとして良い存在感を放っています。


 

ウマ~♪
期待通り?! いや期待以上の美味しさでした!

お店に入る前からグッと世界観に引き込まれ、素敵な時間を過ごせました。

カウンターから見える厨房には、一切と言えるほど調理器具などが見えず、細部までこだわりが感じられる店作り。

非常に感じが良い、店主さんやスタッフさん。
すべてにおいて、おもてなしの心を感じる素晴らしいお店です。

こうして素敵なお店に出会えるから、やっぱり食べ歩きはやめられないんですよね~(^^)/
また、いつか必ず再訪したいと思います!

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

別邸 三く 中華㐂蕎麦 萃