【大重食堂(Big Heavy Kitchen)@中央区警固】 絶品ラーメンが登場!

中央区警固にある、「大重食堂(Big Heavy Kitchen ビッグヘビーキッチン」 をご紹介します。

玄界灘の新鮮な魚介を始めとした極上の素材を、最高のカタチで楽しませてくれると話題のお店。

2017年夏、なんとランチタイムにこだわりのラーメンが登場しました。

こちらで味わえるのは、なんとコーヒーサイフォンを用いて仕上げる独創的な一杯!

黄金色のスープに、”7種の節=牛節、豚節、鶏節、河豚節、鰹節、鯖節、鰯節” で更なる香りと旨味をプラスした衝撃のラーメンです。

 

2 無添加ラーメン(純らーめん七節)(2017年12月)

何とこちらのメニューは・・・
先日開催された 「第4回 ワールドラーメングランプリ(WRGP)」 で優勝を勝ち取った一杯なんです!

数々の有名店が参加する中、応募総数 452杯の頂点に。
凄すぎます (^^ゞ

ちなみにこちらのWRGPは、優勝賞金1,000万円!!
時を同じくして開催されたM-1グランプリと同額

まさにラーメンのひとつの頂点を極めたメニューと申せましょう。

リピしたいと思いながらも新店や新メニュー、ご無沙汰のお店のリピートで伸び伸びでしたが・・・

早く行かなければ、なかなかありつけなくなってしまうかも(汗)
と慌てて行って参りました^^;

 

アクセス

薬院六つ角交差点からほど近い、秋本病院のお隣

鵜来島 (うぐしま)というスコーンのお店がある路地を入ると、スグ左手にお店があります。

大正通りを挟んだ反対側には、「麺劇場 玄瑛」 が。

 

店舗外観

なんとも風情のあるファサード。

「Big Heavy Kitchen」ではなく、「大重食堂」 との表記で看板が掲げられています。

その下の 「ラーメンが好きだ」 の文字にホッコリ (^o^)

ラーメン専用の福岡産小麦 ”ラー麦” の袋も展示されています。

 

店舗内観

味のある落ち着いた雰囲気の店内。

丁度、お客さんが入れ替わったタイミングだったので、内観をパチッと。

4つのテーブル席に加え、厨房前にはカウンター席があります。

 

卓上調味料

卓上には、

サカナ感に更なるブーストがかかる、自家製と思しき魚粉

・こだわりの自家製 ゆず胡椒

・サッパリとした梅しそ味のもやし

 

おしながき

こちらがお品書き。
今回のラーメンは、「12:00~」 「30杯/日限定」 で提供されています。

も、もしかして・・・
「平戸のあごと~~無添加ラーメン」 まで、全てがメニュー名!?
まるで寿限無の様に長い名前ですな(笑)

便宜上、無添加ラーメンとさせていただきます (^^ゞ
※コンテストでは「純らーめん七節」という名称になっていました。

何とこちらのでは、コーヒーサイフォンを用いてスープを仕上げています。

上の部分には7種の”節”が。
下の部分には、黄金色のスープが。

黄金色のお出汁が、各種節類のある上部に吸い上げられ、再び降りてくるまで・・・
その間、およそ5分ほど。
見ているだけでワクワクします (о´∀`о)

 

この一杯に様々な旨みがギュっと凝縮! 飲み干さずにはいられない極旨スープ

いよいよ登場。
うはぁ~たまらなくイイ香りだぁ~♪

ではでは早速スープからズズっと・・・むふ~っ、こりゃ美味いっ\(^o^)/
極めて多層的でありながら、濁りや雑味など感じさせない仕上がり。

ひと言で表現するなら、「ハイクオリティな和風ラーメン」 ということになりますが・・・
そんな表現では全く伝えきれない味わい深さがここにあります!

平戸のあご(トビウオ)羅臼昆布をベースに」
鰹節真鯖節鰯節といったメジャーどころに加え」
更には 「牛節・豚節・鶏節・河豚節といった素材を用いている」とのこと。

鶏節までは何度かいただいたことがありますが、牛節・ 豚節・ 河豚節はこちらで味わったのが初めて (^^ゞ
素材も技法も独創的です!

改めて・・・その味わいに心酔しました。

 

スープと麺が互いの魅力を引き立てあう。そんな表現を象徴するような一杯

麺は福岡生まれのラーメン専用小麦 ”ラー麦を100%使用” しているそうです。

モッチリとした中太麺。一口啜ると踊るような弾力感が♪

プリプリ&モチモチと心地良い食感で、噛むほどに麺とスープの旨さが増幅します (^o^)

驚くほどの存在感
しかし一切スープを邪魔するようなことはなく、しかし単なる添え物になることなく・・・

スープと麺が互いをこの上なく引き立てあう組み合わせ

前回はどうしてもスープに意識がいきましたが、改めて味わうとこの麺がまた素晴らしい!

食感だけでなく、香りや甘みも特筆すべきポイント。
この麺だからこそ、スープの美味さが際立つのだと思います。

 

食べて美味い♪ スープにチカラを! 極上焼豚は重要なキーアイテム

具材も非常に豪華!
香ばしさがステキな焼豚は、「鹿児島産 茶美豚を48時間塩麹に漬けた」もの。

肉肉しい噛み応えと、ドバッと溢れ出すほどの旨味が♪
シビれるほど美味いチャーシューですな (^o^)

香りと脂のコクがスープにも力を与える、極めて重要な存在です。
特製の柚子胡椒を添えると悶絶するような美味さです(汗)

大分産 蘭王の煮玉子」も非常にコクのある味わい。
ねっとりと絶妙の火加減で仕上げられています。


 

今回もモチロンスープを完飲
ガッツリ飲み干したくなる、それでいて罪悪感も感じない、素晴らしいスープです^^

もちろん、食後の嫌なノドの渇きなんて一切ナシ(笑)

食べ終えると思わず言葉を失うような・・・そんな美味さです。

改めて、その凄みに圧倒されました。
今回は、お薦め度をチカッパとさせていただきます。

「グランプリを獲ったから?」 そう思われてしまうかも?
そんな妙な不安もありました。

しかし自問自答する中、「ではこの一杯に足りないものは何か?」 と問いかけると・・・
即答で 「無い!」 と答えます。

そう、足りなかったのは、僕の決意。
前回も同じように感動したのに 「数多くのラーメン専門店がある中、チカッパと薦めて本当に良いのか・・・?」

それが気がかりで躊躇してしまったのだと。

専門店か? 広いジャンルからの発信か?
もはや今の流れの中で、そんなことは無意味かも知れない。
自分達の所感なのだから、もっとシンプルかつストレートで良いのではないか?

福岡のラーメン界は現在、ラーメン職人ではなく、料理人として腕を磨いてきた方々が、お店を出す&メニューを出すカタチがトレンドとなっています。

思いもしなかった場所で、新たな一杯が続々と。
これはもはや、一過性のトレンドではないと思います。

今後はどんな一杯が登場するのか本当に楽しみ♪( ´▽`)
まずは是非とも大重食堂からお試しください!

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

1 無添加ラーメン(2017年7月)

料理人のアプローチで生み出される極上の一杯。 これは紛れもなく絶品!

味わえるのは、なんとコーヒーサイフォンを用いて仕上げる独創的な一杯!

見逃せない名作が登場しましたよっ^^

 

この一杯に様々な旨みがギュっと凝縮! 飲み干さずにはいられない極旨スープ

いよいよ登場。
うはぁ~イイ香りだぁ~♪

ではでは早速スープからズズっと・・・むふ~っ、こりゃ美味いっ\(^o^)/

極めて多層的でありながら、濁りや雑味など感じさせない仕上がり。

ひと言で表現するなら、「ハイクオリティな和風ラーメン」 ということになりますが・・・

そんな代名詞では伝えきれない味わい深さがここにあります♪

平戸のあご(トビウオ)羅臼昆布をベースに」

鰹節、真鯖節、鰯節といったメジャーどころに加え」

更には 「牛節? 豚節? 河豚節? といった素材を用いている」とのこと。

鶏節までは何度かいただいたことがありますが、牛節・ 豚節・ 河豚節はおそらく初めて (^^ゞ

素材も技法も独創的ですね~

 

はじめはプリプリとした存在感を。次第に一体感を。2段構えの旨い麺♪

麺は福岡生まれのラーメン専用小麦 ”ラー麦を100%使用” しているそうです。

やや細めのゆる縮れ麺をズズっと。

おっと、思った以上に存在感のある弾力感に驚き。

チュルチュルと啜れば、序盤はプリプリ感を楽しませつつ、次第にスープとの一体感が増すイメージ。

2段構えの仕掛けの様で、とても楽しめました (^^ゞ

小麦の風味もしっかりと。

スープがその甘味と香りを際立たせてくれます。

 

食べて美味い♪ スープにチカラを! 極上焼豚は重要なキーアイテム

具材も非常に豪華!

香ばしさがステキな焼豚は、「鹿児島産 茶美豚を48時間塩麹に漬けた」もの。

肉肉しい噛み応えと、ドバッと溢れ出すほどの旨味が♪

シビれるほど美味いチャーシューですな (^o^)

香りと脂のコクがスープにも力を与える、極めて重要な存在です。

大分産 蘭王の煮玉子」も非常にコクのある味わい。

ねっとりと絶妙の火加減で仕上げられています。


 

久しぶりにスープを完飲

ガッツリ飲み干したくなる、それでいて罪悪感も感じない、素晴らしいスープです^^

もちろん、食後の嫌なノドの渇きなんてございません(笑)

願わくば絶品スープを、ゴハン割にして楽しめれば・・・更に嬉しいですね~

いや~、こんなにもハイクオリティな一杯が登場するとは!

期待の更に上をいく美味さでした♪

麺食堂 歩ごころ@長浜
麺屋ひとしお@上川端町
らぁめん 高砂家@笹丘
つけ麺Tetsuji@平尾
旬和食 博多水炊き いち@高砂 
などなど

福岡のラーメン界は現在、ラーメン職人ではなく、料理人として腕を磨いてきた方々が、お店を出す&メニューを出す形がトレンドとなっています。

思いもしなかったカタチで、新たな一杯が続々と。

今後はどんな一杯が登場するのか楽しみです^^

まずは大重食堂。 マストな美味さですよっ!!

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

ビッグヘビーキッチン