【豚そば 月や@博多区中洲】 支那そばの雄が贈る。中洲ラーメン新時代を告げる一杯!

博多区中洲にある、「豚そば 月や」 をご紹介します。

福岡において、醤油ラーメン人気が本格化する前から、高い人気を誇ってきた 「支那そば 月や@店屋町」 のセカンドブランド

一時、本店の夜営業でも清湯系とんこつを提供していた時期があるのですが・・・

2018年9月、中洲のど真ん中に新ブランドとして登場しました♪

 

1 豚豚そば(2018年9月)

出で立ちと味わいのダブルインパクト! 中洲ラーメン新時代を告げる一杯。

博多駅南にあった頃から、大好きな月や。

こんなにやみつき度の高い醤油には滅多にお目にかかれない!

初めて食べた時から惚れぬいて、幾度となくリピートしてきました (^^ゞ

今回登場するメニューは、いわゆる ”清湯系とんこつ

福岡でも 「来来@飯塚市」 「来々軒@宮若市」 など、限られたお店でしか味わえない極めてレアなメニュー。

もちろん以前登場した ”豚そば” も会心の出来映えであっただけに・・・
いやがうえにも期待は高まります♪

 

アクセス

国体道路 中洲1丁目の交差点から、中洲中央通りを昭和通り方面へ。

2つ目の角 ”錦小路” を左の路地へ入り、少し進むと右手にお店があります。

やまちゃん 中洲店」 のほぼ対面。
少し先には 「辛麺屋 桝元 中洲本店」 があります。

 

店舗外観

清湯系豚骨” の文字が掲げられたシックな暖簾。

趣あるシンプルな看板は、新店にも関わらずどこか老舗の風格さえ感じさせます^^

 

おしながき

こちらは2018年9月時点のお品書き。

ラーメンはシンプルに ”豚そば” 一本のみ!

支那そば 月やには無い ”替玉” があり、なんと ”追いスープ” まで (^o^)

おつまみメニューもチョチョイとあります。

 

店舗内観

スッキリとシンプルで清潔感のある店内。
結構お客さんが多かったので、写真はまたの機会に^^;

 

卓上調味料

卓上にはコショウなどがスタンバイ。
タレ?や辛子はシューマイ用かな~

 

出で立ちと味わいのダブルインパクト! 中洲ラーメン新時代を告げる一杯。

こちらは豚豚そば。いわゆるチャーシューメンです。

極めて透明度の高いスープからは、いわゆる ”とんこつ臭” とは全く異なる芳しい香りが。

アサツキ(かな?)の小口切りは、別皿で添えられています。

パッと見のビジュアルは、本店で食べた豚そばからレッドオニオン&ミツバを外し更にシンプルにした感じ。

チャーシューひと口サイズにカットされています。

この上なくシンプルな出で立ちにドキドキ&ウキウキしつつ、スープをズズっと・・・お~っ、こりゃ美味いっ (о´∀`о)

見た目からは想像できないほど、力強く深いコクを楽しめます♪

キレキレの淡麗系かと思わせて・・・むしろ角が無くふっくらと頼もしい味わい

初めて食べた人はこのギャップに相当驚くかも^^

もちろん濃厚とんこつのソレとは全く違なる美味さ!

博多では馴染みのないビジュアルだけに、「あっさり塩ラーメンかな・・・」とイメージして啜ったら、インパクト2倍でしょうね♪( ´▽`)

 

ほぼスープと麺だけ!というシンプルな組み立てがみなぎる個性を放つ

麺はモッチリ&しなやかな食感を楽しめる、中細ストレート

摩擦ゼロ” というほどスムーズに、心地良くお腹の中へと収まっていきます♪(´ε` )

滋味溢れるスープと実に良く馴染み、小麦の香りと甘みを感じさせる上質な麺。

ほぼスープと麺だけ!というシンプルな組み立てゆえに、それぞれの良さを余すことなく堪能できるのかも知れません。

 

個性派にして素直な味わい。 この一杯はきっと多くの人をトリコにするハズ♪

赤身脂身がバランス良く入ったチャーシュー。

あえてチャーシューの個性を消して単にアッサリで留めるのではなく、トータルの満足感を生み出しているイメージです (^^ゞ

研ぎ澄ましすぎて食べ手を置き去りにしない、妙に難解でとっつきにくくしない。

個性派でありながら、嫌味の無い素直な味わいに好感が持てます♪

後半はアサツキをプラスするとグッと趣に変化が。

別皿は ”ネギ嫌いの方への配慮という訳ではない” ということが分かるハズ(笑)

アサツキ一つでここまで変化するラーメンは他に思いつきませんね~


 

高度な業を尽くしたようで、実は心尽くしの一杯というイメージです。

きっと多くの方にとって初めての味であると思いますが、突き放すような素振りは微塵もナシ!

素直に、自然体で 「こんなとんこつラーメンがあったんだ♪」 と思える。
そんな一杯だと思います。

それでいて・・・
→中洲のお姉さんにもメッチャ喜ばれそうな味わい♪

→話題になって、女子の間に広まる&お客さんにも教える

→おじさん素直に行ってみる、見た目にムム・・・、食べてみて美味さに驚く!

中洲のトレンドを左右する女性のハートも、飲みの〆にコッテリとんこつがキツくなってきたおっちゃんのハートも掴む!

そんなストーリーがイメージできる、おそるべしダブルインパクトな一杯。

年末に向けて、確実に浸透していくことでしょう (^^ゞ

最近では 「博多屋台一幸舎 博多一番街店」 にも登場した清湯系とんこつ。

福岡では今 ”清湯系とんこつ” が静かなブーム?
ジワっときとります♪( ´▽`)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

豚そば 月や