カレーの鬼×ちゅるるちゅーらがコラボしたカレーラーメン

ちゅるるちゅーら (5)[1]

ちゅるるちゅーら 小倉南区長行本店@小倉南区長行東
鬼カレーラーメン

 

豚骨の名店を挙げれば枚挙に暇がないほどの北九州。

しかし魚介豚骨の旨い店となると…超稀少

 

個人的に筆頭は小倉北区末広の「らーめん泰玄」かと。

そしてコチラのちゅるるでしょう。

 

主軸が魚介豚骨の泰玄に対して、ちゅるるちゅーらはラインナップの豊富さが特長。

今日は家族連れだったので、異なる味をシェアして味わいにやってきました。

 

九州道 小倉南インターを降りて322号線を徳力方面へ

1.5キロほど進むと左手に、お店があります。

長行の信号を越えて150mほど。

 

店舗外観

ちゅるるちゅーら (2)

コンテナのような建物オレンジの幟が目印です。

ちなみにこのコンテナハウスは、以前にお店があった八幡西区の三ヶ森にあったものをそのまま持ってきたらしいです^^;

お店の専用の駐車スペースがあります。

 

コンテナを改装した店内は洒落た雰囲気

テーブル席とカウンターがあります。

味も然ることながら、ビジュアル的にも女性人気が高いお店です。

今日は家族連れなんで、日が差し込む・明るいテーブル席へ。

 

卓上調味料

ちゅるるちゅーら (4)

卓上調味料がメッチャ豊富なのも「ちゅるる」の特長。

にんにくの醤油漬けにんにく揚げネギラー油紅生姜ご飯味噌(ピリ辛)といった、色んな薬味が卓上にあります。

 

メニュー

ちゅるるちゅーら (3)

基本は以下の4本柱

 

豚骨男味(豚骨100%)

豚骨女味(豚骨80%?:魚介20%?)

魚介豚骨赤マー油(豚骨60%?:魚介40%?+赤マー油)

魚介豚骨(豚骨30%?:魚介70%?) 

※配合はイメージ

 

これらからスープを選びお好みでトッピングを追加します。

僕のおススメは何と言っても、炙りチャーシュー

デッカイ1枚もののチャーシューを香ばしく炙って乗っけます♪

 

加えて、創作麺(魚介とろろ~ん麺、夜のラーメン、まぜそば、つけ麺など)も豊富です。

その他に餃子やご飯ものも。

 

僕は久々に鬼カレーラーメンをチョイス。

こちらのカレーは「カレーの鬼(カレーの龍の暖簾分け)」という専門店のカレーを使ったもの

以前に食べて気に入ったのでリピートです。

 

 カレー&炙りチャーシューの香ばしい風味が食欲をソソル♪

カレーの薫りだけでもハラ減りにはたまらないのに、トッピングした炙りチャーシューの香ばしさまで加わると…。

とんでもない破壊力です^^;

 

まずはスープを…コクのあるカレーの味わい濃度&コクともに良い塩梅にスープで調整されている感じ。

変に酸味が際立つタイプではないので、スープのコクとスパイスの風味だけをしっかりと味わえます♪

 

 中細平打ち麺は、カレーとの絡みもバッチリ

ちゅるるちゅーら (7)

麺はやや太目の平打ち麺

滑らかな食感が特長で、カレーとの絡み具合みも上々♪

合間にカレーのなかから現れる、トロトロのお肉が麺に絡んで旨いなぁ~^^

 

 

ラーメン店は無数にある、カレーが食べられるお店もたくさんある。

なのにカレーラーメンを食べられるお店はビックリするくらい少ないです(汗)

たま~に見つけても、お察しください…というものがほとんど><;

 

そのなかでこちらは旨さが伴った数少ない一軒です。

以前は、同じくカレーの鬼のカレーを使ったカレーラーメンを、らーめん泰玄でも出していたけど今もあるのかな~?

同じお店のカレーを使っても、それぞれ違う味わいで旨かったので、あればもう一度頂きたいです^^

 

店舗情報はこちらから

ちゅるるちゅーら 小倉南区長行本店

夜総合点★★★★☆ 4.0

昼総合点★★★★☆ 4.0

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。