まさにド迫力!二郎系の名店で啜る、多層的&重厚な油そば

大仙 (1)

めん屋 大仙@熊本県上益城郡御船町
特製油そば

 
熊本遠征ラスト
5軒目の「めん屋 大仙」に来ております。

大仙ラーメンと、こちらの特製油そばをふくめん2号とシェアして両方味わっております(^^ゞ

福岡で油そばと言えば「麺や 兼虎@赤坂」か「入船食堂@住吉」がイチオシ

ラーメンの旨さは僕のなかで、二郎系No.1!となった大仙。
果たして油そばはいかに^^

お店への行き方、雰囲気、メニューなどの詳細はこちらから

 

まさにド迫力!二郎系の名店で啜る、多層的&重厚な油そば

大仙 (2)大仙 (3)

どひゃ~既にビジュアルの時点で、タダモノではないオーラを出しまくり♪

特製には、チャーシュー増量パルミジャーノ・レッジャーノをプラス。

それでは、まぜそばの流儀に倣って思いっきりマゼマゼして頂きます♪
極太麺なんで混ぜていくにつれ、若干手がダルくなるかも知れませんが、そこま気合で(笑)

 

ヨシ!
それではズズッと・・・ウヒョ~っこりゃ旨いっ\(^o^)/

浅草開花楼極太麺の旨さを、ラーメンよりダイレクトに堪能できます!
底に沈んだやや多めスープ&タレが絡みまくりで、めっぽう旨いねぇ~♪

 

パルミジャーノ卵黄の濃厚なコクが更に奥深い味わいをつくり出します。
粗挽きのブラックペッパーをパラパラと振れば、ちょっとしたカルボナーラ状態(^^ゞ

時折現れるモヤシ&キャベツシャキシャキ感がこれまた。
濃厚な味わいのなかに清涼感を与え、食べ飽きることもありません。

 

ニンニクのフレーバーが絶妙のアクセント
ガッツリと前面には出てくる訳ではありませんが、魚粉の旨味も大きいでしょうね~。

ちなみにニンニクの有無と、背脂の量選ぶことができます^^

 

カレー粉

大仙 (4)

入れるべきかどうか悩み、券売機では一旦スル―した禁断のアイテムカレー粉

やはりその興味には抗えず追加でポチリと(^^ゞ

半分ちょい食べ進んだところで、やや控えめに投入!

 

・・・旨いに決まっているさ(汗)

全てを正面から受け止める、めちゃ旨な極太麺
タレ&スープの奥行、そして卵黄チーズのコク…。

そこへ、チーズ、マヨ、キムチと共に”調味料界のオールマイティー四天王”その筆頭であるカレー粉を!

全てと共存し優しく融合するチーズ&マヨと違い、キムチ&カレー粉支配的
ゆえに投下量のバランスが命

※回想&妄想シーンはここまで^^;

 

無くても最後まで十二分に楽しめますが、いっちゃうのも自由だ~\(^o^)/
投入量だけは気を付けてね(笑)


 

僕のなかで過去No.1の油そばと言えば「カドヤ食堂@大阪の黒豚旨みそば」でございます(^o^)

さすがにその上とは言えませんが、「麺や 兼虎@赤坂」か「入船食堂@住吉」に並ぶ旨さでした!

ラーメンもそうですが、こんなにも旨いメニューが食べられる熊本の方々が本当に羨ましい(汗)
味&ボリューム共に抜群でしたっ!

 

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

めん屋 大仙のメニュー

大仙 (1)[1]大仙ラーメン(2015/5/9)
素材にこだわり&洗練を極めた二郎系!!まさに理想の一杯

 

 

店舗情報はこちらから

大仙

昼総合点★★★★ 4.5

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA