トータルバランスに秀でた一杯! 秘伝の辛子味噌がスープの旨さを存分に引き出す

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e6%9a%96%e6%9a%ae-%e6%9c%ac%e5%ba%97-9

ラーメン暖暮 本店@筑紫野市二日市中央
チャーシューメン

 

二日市に本店を構え、福岡・鹿児島・沖縄・大分・関東エリアなどに、合計20店舗以上を展開する 「ラーメン暖暮」

2002年九州ラーメン総選挙で1位となったお店です。

支店では頂いたことがあるのですが、本店は初訪問だったりします^^;

 

アクセス

お店の場所は、JR 二日市駅の近く

福岡銀行 二日市支店の少し先にあります。

同じ112号線沿いではありますが、元々本店があった場所から150メートル強、福岡市寄りに移動(移転)されたようです。

どうやら駐車場は無さそうですが、お隣にコインパーキングがあります。

 

店舗外観

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e6%9a%96%e6%9a%ae-%e6%9c%ac%e5%ba%97-1

コンクリ木目を生かしたファサード。

所々に暖暮のイメージカラーである、が施されています。

 

おしながき

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e6%9a%96%e6%9a%ae-%e6%9c%ac%e5%ba%97-3食券制なので、まずは店内右手の券売機へ。

とんこつラーメンは5つのトッピングパターンが。

その他に濃厚魚介ラーメンまぜそば(この日は売切れ)がありました。

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e6%9a%96%e6%9a%ae-%e6%9c%ac%e5%ba%97-2%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e6%9a%96%e6%9a%ae-%e6%9c%ac%e5%ba%97-4

チャーハン餃子などのサイドメニュー、それらが付いたセットメニューもあります。

久しぶり且つ、本店巡礼ということで、チャーシューメンを頂くことにしました。

 

店舗内観 

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e6%9a%96%e6%9a%ae-%e6%9c%ac%e5%ba%97-8 %e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e6%9a%96%e6%9a%ae-%e6%9c%ac%e5%ba%97-5新しくキレイな店内。

明るく清潔感があり、女性にも喜ばれそうです^^

左手には厨房に沿って、L字型のカウンター席が。

右手には家族連れに嬉しい、小上がり席があります。

 

卓上調味料

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e6%9a%96%e6%9a%ae-%e6%9c%ac%e5%ba%97-7

卓上には辛子高菜を始め、各種調味料が並びます。

 

トンコツらしさを生かしつつバランス良くまとまったスープ。辛子味噌で奥行ググッと

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e6%9a%96%e6%9a%ae-%e6%9c%ac%e5%ba%97-9スムーズに着丼。

折り重なったチャーシュー、中央に乗った辛子味噌が印象的です。

辛子味噌はオーダー時に、有無と量を確認してくれます。

今回は有り&基本量でお願いしました。

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e6%9a%96%e6%9a%ae-%e6%9c%ac%e5%ba%97-11

まずはスープをズズっと・・・うん、ウマい^^

サラリとしたスープはトンコツらしさをしっかりと感じさせつつ、えぐみやくさみを感じさせません。

強いとんこつフレーバーが苦手な方も、生粋のトンコツ好きもバランス良く納得させるチューニングではないでしょうか。

スープの味わいを生かしつつも、元ダレのキメはきちっと

塩梅良く輪郭を描きます。

ある程度食べたら徐々に辛子味噌を溶かし込むと、深みが増します。

説明書きにある通り、どこか中国・漢方を思わせる風味がありますが、過度に主張する訳ではなく奥行を与えているイメージです。

 

スープに良く馴染む♪ しなやかで口当たりの良い細麺がイイ感じ

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e6%9a%96%e6%9a%ae-%e6%9c%ac%e5%ba%97-12麺は細めのストレート・・・かと思いきや、ゆるやかなウェーブがかかっているようにも見えます。

低加水のパキッ&ザクッとしたタイプではなく、適度なプリプリ感を楽しめる仕上がり。

カタメンで頂きましたが、粉っぽさがなくスープと馴染むイメージです^^

 

厚さ、火の通し方、味付け、全てが最善のバランスで仕上げられたチャーシュー

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e6%9a%96%e6%9a%ae-%e6%9c%ac%e5%ba%97-10チャーシューはデフォで2枚

チャーシューメンでは6枚と、タップリ楽しめます (^^ゞ

厚すぎず、薄すぎず、肉感を感じさせるちょうど良い厚さにスライス。

バラ肉ならではのコッテリ感を楽しませつつ、必要以上にくどくないバランス感が見事です。

肉の食べごたえを保ちつつ、ラーメンに馴染む柔らかさを併せ持っています。

決して派手ではないのですが、キッチリとした仕事ぶりが好印象です♪


 

決してド派手なタイプではないのですが、要所要所までしっかり丁寧に作られた一杯というイメージです。

バランス感に長けていながら、単にこじんまりとまとまっていないチューニングが見事!

しっかりと個性が立った一杯です。

辛子味噌のもたらす効果は大きいですね。

そのままでも旨いスープですが、辛子味噌が溶け込むことで何とも言えない奥行がプラス

特に福岡でも筑後寄りのエリアでは、登場することが多い辛子味噌ですが、その使い方が秀でていると思います。

今回は久しぶりなんで見送りましたが、濃厚魚介ラーメンも気になる存在 (^^ゞ

是非とも頂いてみたいです。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

暖暮 本店

昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA