【暖暮 博多中洲店@博多区中洲】 味・サービス・価格のバランス良し!

博多区中洲にある、「暖暮 博多中洲店」 をご紹介します。

2000年の創業からわずか2年。2002年にはFBS 九州ラーメン総選挙で1位となったブランド。

筑紫野市に本店を構え、国内外に支店があります。

 

1 濃厚魚介ラーメン(2018年4月)

柚子胡椒と鰹節に翻弄される一杯。レアな魚介とんこつを暖暮で味わう

しばらく閉店していた中洲店が、昨年秋にリニューアルオープン。

「そう言えば暖暮には、未食の魚介とんこつラーメンがあったような・・・」
ふと思い出し、訪問してみました。

 

アクセス

モスバーガー側から中洲大通りを50メートルほど入ると、右手にお店があります。

 

店舗外観

一見するとラーメン店らしからぬ、黒×赤の外観。
店頭には、”九州ラーメン総選挙 第一位受賞” との文字がありました。

 

おしながき

食券制なのでまずは入って右手の券売機へ。

基本のとんこつラーメンに加え、辛いバージョン魚介とんこつもあります。

各種サイドメニューが付く、お得なセットメニューもアレコレと。

 

店舗内観

清潔感のあるシンプルな出で立ちの店内。
長いカウンターで構成されています。

前回本店に行った時も感じたのですが、暖暮のスタッフさんって感じが良いんですよね^^

嫌味の無いマニュアル感で、キチっとしているイメージです。
マニュアルっぽいとか、チェーンぽいってネガティブぽく聞こえますが、キモチの良い対応は素直にプラスだと思います♪

 

卓上調味料

卓上にはコショウ辛子高菜がスタンバイ。

 

スープ以上のインパクト!? 果たして柚子胡椒はアリ?ナシ?

スムーズに着丼、こちらが濃厚魚介ラーメンです。

熱々スープの上で、ゆらゆらと花カツオが踊りながら登場。
丼からは魚介の良い香りがふわ~っと立ち上っています^^

ではスープをズズっと・・・うん、こりゃ中々。
クセのない円やかなとんこつスープは旨味しっかり。

魚介だしの旨味が加わることで、より奥行きのある味わいに仕上がっています。

さて、ここで登場したるは、サーブ時に添えられた柚子胡椒
魚介とんこつ自体が福岡ではレアなメニューですが・・・

ちょっと尻込みしつつ、どうにもキニナルので早速投入。
おっ? いや、う~ん・・・、しかし?

これまでに無い組合せに目新しさを感じつつ、合うような合わないような^^;
でも、もしかしたらアリなのか・・・?

一言では言い表せない、摩訶不思議な味わいでございました(笑)

 

スムーズにスープと馴染む、しなやかなストレート麺

麺はストレートの中細タイプ。
しなやかでヒキのある仕上がりで、スープとの馴染みもイイ感じです。

むしろバランス良くまとまっていると思うのですが、逆にこのスープで超低加水の細麺を味わってみたい気も?

 

更なるコクと香りを与える鰹節は諸刃の剣?

チャーシューは、硬さは感じさせず、しっかり食感のバランスタイプ。
青ネギ海苔も入ります。

ここで悩ましいのが、鰹節の存在
風味良く、コクという意味では良い仕事をしているのですが・・

時間と共に思いっきりスープを吸った鰹節が、麺にガッツリ絡んでムムムな感じに^^;
諸刃の剣というイメージですね。


 

柚子胡椒と鰹節。
2つのアイテムに翻弄された、なかなか興味深い一杯でした。

決して 「合わない」 「無いほうが良い」 という事ではない点がポイント。
僕の中で 「アリ⇔ナシ」 が行き来する、なんとも悩ましい存在でしたね (^^ゞ

夜専門のラーメン店が多い中洲エリアにおいて、お昼から通し営業で立ち寄れる稀少な存在。

どちらかと言えばデフォがおススメですが、こちらも面白いですよ~

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

暖暮 博多中洲店