【博多辛味噌タンメン笑盛 天神南店@中央区渡辺通】 いよいよレベル9 赤海へ挑戦!

中央区渡辺通にある、「博多辛味噌タンメン笑盛 天神南店」 をご紹介します。

2017年6月、大名にオープンした 「博多辛味噌タンメン 笑盛」 の2号店
9月にこちらの天神南店がオープンしました。

オープン前後の情報を集約しシンプルに表現するなら、かの人気ブランド 「蒙古タンメン中本」 のインスパイアという解釈かと思われます。

独創的なブランドだけに、色々と表現が難しい面もあるかと思いますが・・・

いちラーメンファンとしていうなら、「新しいタイプのラーメンが福岡でも食べられるよ♪」 という解釈でOKかと (^^ゞ

 

1 とろタマ赤海タンメン(2017年9月)

覚悟の量と準備が不足すればKO必至!? いよいよレッドゾーンへと突入

つい先日、本店をリピしてきたばかりですが・・・
オープンしたとなればモチロン 「いかいでか!」 ということで。

この時の為に温存していた、
「赤海タンメン攻略」 をお目当てに訪問してきました^^

 

アクセス

大丸 福岡天神、国体道路を挟んで向かい側。
東カン福岡第一ビルというビルの地下1階にお店があります。

近隣には 「中華そば郷家 天神店」 や 「中華そば つけ麺 永福」 といったラーメン店があります。

 

店舗外観

薬局横の階段をザッザッザッと地下へ。
降りて右手に進むとお店が見えます。

何というか・・・地下のお店独特のファサードです^^;

 

おしながき

まずは扉の左手にある券売機へ。
メニュー構成は、大名店と同じようですね。

メニューは2種。
タンメンつけ麺があり、辛さのバリエーションも豊富です。

レベル 0:ふぁ~タンメン
レベル 3:味噌タンメン
レベル 5:笑盛タンメン・笑盛丼
レベル 6:五目笑盛タンメン
レベル 7:つけ麺五目味噌タンメン
レベル 8.5:とろタマ赤海タンメン
レベル 9:赤海タンメン
レベル 10:つけ麺激辛味噌

大名店には二度訪問。
レベル 6:五目笑盛タンメン と レベル 7:つけ麺五目味噌タンメンを味わいました。

今回はワンランク上の ”とろタマ赤海タンメン
そして辛さゼロの ”ふぁ~タンメン” をいただきました。

 

店舗内観

大名店に比べるとコンパクトな店内。
テーブル席が主体の構成です。

この日は厨房の熱がガッツリ席まで・・・
激辛を楽しむお店だけに、暑い時期のコレは中々厳しいですね (;´Д`)

 

いよいよセミファイナル! ここから先は覚悟を見誤ると・・・?

いよいよ登場した、とろタマ赤海タンメン

本来の辛さレベルは ”9” ですが、”とろタマ入り” にしたので ”8.5” とのこと(笑)

赤海=中本でいうところの ”北極” 相当かと思われます^^;

重厚感溢れる真っ赤なスープに、玉子の黄色が映えますなぁ~

ではでは覚悟を決めてズズっと・・・辛~~い!!
・・・でもウマイ (^^ゞ

激辛であることは間違いないのですが、
旨味もキッチリ効いているので、辛いだけの一杯とは違います。

スイスイ食べられるほどの辛さ耐性は持ち合わせていませんが、
辛さが苦痛にならず、ちゃんと楽しめる仕上がりです^^

 

存在感アリ! モチモチとした太麺を使用・・・アレ?

麺はモチモチとした太麺を使用。

・・・アレ?
大名店で食べたときは、2回とも太めの平打ち麺だったのですが・・・
何でだろ (´・ω・`)?

後で店員さんに聞いたところ、
大名店と天神南店では麺が違う」との回答でした。

これは珍しいパターンですね~

どっちが好みかと言われれば・・・むしろこちらの太麺かな?

スープが強烈なだけに、存在感あるコチラのほうがより合うイメージですね~

 

タップリ豚肉でコクをプラス。 サポート役+アクセントとして”とろタマ”が活躍♪

五目笑盛タンメンに比べ、具材はシンプルな構成。

タップリの豚肉旨味をしっかり発揮しており、これがイイ感じ♪

でもって助っ人の ”とろタマ” がこれまた (^o^)

玉子の優しい甘みと食感が、辛さを円やかにしてくれつつ、
コントラストとなって、辛さも際立つ印象です(笑)

サポート役+アクセントとして、両面で活躍!
おススメのトッピングだと思います。

 

2 ふぁ〜タンメン(2017年9月)

こちらは、ふぁ〜タンメン
辛さレベル0なので、誰もが楽しめるメニューです。

シャキシャキに炒めた野菜がタップリ。

塩ベースのスープは、サッパリながらコクがあり物足りなさは皆無です。

デフォで入っている、とろタマもイイ仕事してます^^

福岡ではレアなメニューであるタンメン。
辛いモノ好きじゃなくても、笑盛に足を運んで欲しいですね。


 

大名店でのレビューでもお伝えしましたが
一般的な感覚でイイ感じの辛さを楽しめるのが、レベル6=五目笑盛タンメンまで。

レベル 7=つけ麺五目味噌タンメンからは、明らかにハードモードに突入(汗)

今回は気合を入れて挑みましたが、スープをグイグイと飲み過ぎない限り、楽しめる領域でした。

スープ(つけダレ)の濃さを感じる分、レベル 7=つけ麺五目味噌タンメンの方が辛いような・・・

熱さが加わる分、今回の赤海の方が辛いような・・・
なかなか微妙な所です。

次回は当然ながら・・・レベル 10=つけ麺激辛味噌!
いよいよラスボスに挑みます^^;

「辛いモノは興味あるけど、辛さ耐性が心配・・・」という、僕みたいなアナタ(笑)

僕が知っている、志波さん直伝の攻略法を共有します!

30分くらい前に、濃いめのヨーグルトドリンクをグイっと。
これは劇的に効果があると思います。(体感済)

数時間後、ボディからの緊急コール発生を抑止してくれるハズです (`・ω・´)ゞ

我々も次回は、Before&After分のヨーグルトドリンクを用意して挑む所存であります!

 

良かったらいいね!お願いします♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

タンメン笑盛 天神南店