【博多塩らあめん えん@博多区中洲】 中洲のシメに。塩ラーメン&つけ麺という選択肢

博多区中洲にある、「博多塩らあめん えん」 をご紹介します。

塩ラーメン・塩つけめん・しょうゆラーメンなどが味わえる、いわゆる非とんこつのお店です。

 

1 塩つけめん(2017年10月)

ガッツリハードでストロングな麺を、塩味がガツっと効いたスープで味わう一杯

現在の ”えん” になってからは初めてですが、初めて行ったのはかれこれ10年以上前のこと。

当時は ”まるきゅうらあめん” という店名でした。
僕の記憶が確かなら^^;

池袋にあった ”まるきゅう” の支店?暖簾分け?と聞いた気が・・・

いかんせん昔の話であるうえに、情報ソースが中洲のお姉さんだったのであやふやな感じです(笑)

食べたことが無いタイプの塩ラーメン&塩つけめんにシビれ、当時は随分とハマりました (^^ゞ

その後 ”えん舞” という店名になり、数年前に現在の ”えん” になったと思われます。

 

アクセス

中洲にある ゲイツ Gate’s の裏手あたり。
旨いお肉で有名な 「中洲ちんや」 の裏側の路地にお店があります。

川沿いの通り、1つめの路地を奥へ。
中ほどにお店があります。

 

店舗外観

シンプルで落ち着いた雰囲気のファサード。
その昔から、トーンは大きく変わっていないイメージです。

 

おしながき

食券制なので、まずは扉を入って右手の券売機へ。

麺メニューは4種類
塩ラーメン
塩つけめん
しょうゆラーメン
みそラーメン
があります。

塩と醤油はハーフサイズもあるようですね。

久しぶりなのでデフォの塩ラーメンにしようかと思いましたが・・・
ついついレアな ”塩つけめん” をポチっていました (^^ゞ

 

店舗内観

1Fには、ウッディなカウンター席が。
その昔は2Fもありましたが、今はどうなんでしょうか。

早い時間帯だったので、まだお客さんは入っていませんでした。
遅めの時間から本格化するものと思われます。

 

卓上調味料

卓上には柚子胡椒ニンニクなどなど、数多くのアイテムが並びます。

 

ガッツリとハード。ストロングスタイルのチョイ太ストレート麺

麺がちょい太めなので、少々待って登場。
こちらが、塩つけめんです。

麺はチャンポン麺よりやや太めのストレート麺

ちょっとそのまま食べてみると・・・おっと、想像以上にスパルタンな食感

硬めに茹で上げられ、しっかりと締まっているのでハードな口当たりです。

 

スッキリ&シャープ。キレのある味わいが飲みのシメにピッタリかも

ではではスープをザブっと潜らせてズズっと・・・ほうほう、シャープでキレのある味わい。

ダシ感は控えめですが、スッキリとした後味が飲みの〆に良さそうです。

スープの中には刻んだチャーシューネギなどが。
シンプルですが、物足りなさはありません^^

デフォで半熟玉子が付くのも嬉しいところです。


 

個人的には麺がもう少しソフトになって、塩味が抑えめだと嬉しいかも?

10年前に比べて、遥かに非とんこつへのスポットが集まる現代だけに。
注目と言えるかも知れませんね^^

ちなみに大野城市の人気店 「博多塩ラーメン 城」 は、まるきゅうから発生したお店なので、フレームワークとしては近しいタイプかも?

久しぶりに行きたくなったなぁ~♪

中洲でのシメに、塩ラーメン。
一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

 

 

良かったらいいね!お願いします♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

えん 中洲本店