【風来軒@宮崎市清武町】多くの名店を生み出した!宮崎ラーメンを代表するブランド

宮崎市清武町にある、「風来軒」 をご紹介します。

創業は1989年。既に約30年もの歴史を持つ、宮崎を代表するラーメンブランドのひとつです。

・熊本の超人気ブランドである、火の国文龍 「総本店」 「菊陽バイパス店
・同じく宮崎の人気No.1 「ラーメンマン(拉麺男)
・関西を中心に東京でも人気を博す全国ブランド 「無鉄砲

そうそうたるブランドのルーツが風来軒にあると聞きます。

 

2 とんこつ+チャーシュー(2018年8月)

シンプルな出で立ちに秘められた、魂を揺さぶるピュアなとんこつ♪

福岡ラーメンショー2014」「全国ラー麺フェス in 長崎」 といったイベントでいただいてきましたが・・・

今回は念願叶って、ようやく本店を初訪問♪
あの、極旨スープをガッツリと堪能してきました (^o^)

 

アクセス

宮崎駅から2駅、日豊本線 加納駅から1キロほどの場所にお店があります。

宮崎の中心街から、車で15~20分といったところです。

 

店舗外観

通りから少々路地へ入った場所にあるので・・・夜遅くなると周囲は真っ暗。

しかし駐車場には多くの車が停まっており、次々にお客さんが入っていきます。

 

店舗内観

お客さんが多かったので、写真は無しで。

一人客から家族連れまで、幅広い層のお客さんで賑わっていました。

お客さんの数もさることながら、店員さんの多さにもビックリ (^^ゞ

 

卓上調味料

卓上にはコショウゴマに加え、にんにくしょうゆがスタンバイ。
後で確実に楽しまなきゃ^^

 

おしながき

なんとなく 「とんこつ以外はありません!」 といった頑固系のイメージもありながら・・・

実にバラエティー豊かなラインアップ (^^ゞ

とんこつはデフォに加え、あっさり寄りのプレハブ(すごいネーミング^^;)
しょうゆ、みそ、しお、担々麺といったメニューを展開。

もちろんチャーハン餃子などの定番サイドメニューもあります。

日頃は・・・

「イマドキの人気店は3種くらいのメニューを持っていることが多い。」

「種類が多い=イケてないお店というのは昔の話。」

などと、のたまっている僕ですが・・・

ぶっちゃけ申しますと、流石に予備知識が無ければ、ちょっと「あらら・・・」ってなるかも(笑)

とんこつをメインに、醤油・味噌・塩が揃い踏み。
しかもトッピングにはコーンまで^^;

しかしココはあの誉れ高き風来軒。
何の心配もありますまい (^-^)v

念願叶っての初訪問。
いつもは右上(お品書き)、左上(券売機)に捉われず、自由奔放にメニューを選ぶタイプですが・・・

流石に今回は、デフォのとんこつをチョイスしました。
もちろんチャーシューはプラスで。

 

シンプルな出で立ちに秘められた、魂を揺さぶるピュアなとんこつ♪

こちらがデフォの とんこつ
チャーシューを追加トッピングしております。

まさに風来軒!」 といった雰囲気が漂う、重厚な褐色のスープが印象的。
早速スープをひと口・・・お~っ、旨いっ\(^o^)/

福岡の人間である僕から見ても、かな~り重そうに見えるスープですが・・・

見た目より遥かに食べやすい味わい♪

豚骨の旨味は ”ギュイ~ン!”と濃縮させつつ、雑味・くさみ・脂のくどさといったネガティブ3要素はナシ!

高濃度な豚骨スープの旨味が際立つ味わいですが、タレの輪郭もピシャリと。

散漫になるようなことは全くありません♪( ´▽`)

なんとコチラのスープは、”豚骨と水だけ” で生み出されていると聞きます。

鶏はモチロン、香味野菜さえ入らないというストイックさ。

それでいて? いやだからこそ? 実にピュアで、奥深い味わい!

言うなれば・・・魂に訴えかけるような旨さです (о´∀`о)

 

プリプリ&モチモチ♪ 濃密スープとガップリ組み合う自家製麺

合わせるのは、プリプリ&モチモチ♪
心地良い弾力感のある太めの麺。

濃密なスープの味わいに負けない、食べ応えある麺です^^

僕らが馴染んだ麺に比べ加水率は高め

同じとんこつラーメンといっても、その味わい・マッチングは大きく異なります。
実に新鮮な旨さです (^o^)

 

ブラックペッパー&にんにくしょうゆで濃密スープの変化を楽しむ!

チャーシューを追加すると、”これでもかっ!” というほど表層を覆いつくす状態に(笑)

しっとり&トロリと旨い、バラロールチャーシューを存分に堪能できます (^^ゞ

チャーシューの下には、ネギメンマがかくれんぼ。

不思議とこの濃密なとんこつスープに、海苔が合うんですよね~

ある程度食べたら、ブラックペッパーをパラパラと。
スープの旨味が更にクッキリと楽しめる感じ♪(´ε` )

残り半分~1/3になったら、伝家の宝刀 ”にんにくしょうゆ” をチョチョイと。
ブーストUPしてみるのもお薦めです。

 

ミニチャーハン

こちらはどうしても気になってオーダーした、ミニチャーハン
しっかりめの味付けで打ち出しの強い一皿。

強いモン同士でありながら、スープとの相性の良さにも思わずニンマリ。

ミニサイズでもなかなか食べ応えアリでした^^


 

流石は宮崎を代表する名店!
念願の一杯は、その期待に違わぬ旨さでした。

レビューを書くにあたって、創業年を調べようと公式サイトを見ていると・・・

風来軒ストーリー」 というページを発見。
・・・イイなぁ~♪ 凄く良い╰(*´︶`*)╯♡

その味の素晴らしさはココから生まれたのですね!

なかなか簡単には来れませんが・・・必ずやまた!
この素晴らしい一杯を味わいに、再訪したいと思います。

実は少し前に福岡に、風来店から生まれた名店 「無鉄砲」 をリスペクトする 「あなたの心を鷲掴み@八女市」 という新店舗がオープン。

「風来軒は気になるけど、なかなか宮崎に行く機会が・・・」 という貴方。

同じではありませんが確実に通ずるものがあるので、足を運んでみてくださいね^^

そして宮崎を訪れる機会が来たら、是非とも風来軒 加納本店へ!

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 とんこつラーメン チューシュー&味玉入@福岡ラーメンショー2014

風来軒 (1)[3]

この旨さは読み切れず…想定を遥かに上回る濃厚とんこつ!

 

「レビューは読むんじゃない…感じるんだ!」

と言ったのはブルースリーではなく、僕の寝言です(^^ゞ

僕は事前情報をブログや食べログで頂く際に、ふわ~っとインプットします。

お店やメニューの存在を知ることに加え、「旨そう?」「好みかな?」「どんな特徴が?」というイメージを得ることが目的です。

そしてそれ以上の詳しい情報をアレコレとググることなく、訪問することがほとんど。

情報が無いと、数多くの旨い一杯には巡り会えない

しかし単に情報を裏付けるような食べ方はモッタイナイ^^;

だから訪問後に色々と情報を得ると、驚くことも少なくありません。

今回の「風来軒@宮崎」は、まさにその典型でした!

熊本や大分、佐賀などをチョコットと。

同じ九州と言えども、福岡以外のエリアには詳しくありません(汗)

宮崎については、

拉麺男(ラーメンマン)という、超コッテリとんこつが有名らしい。
・関西を中心に展開する全国区の人気店、無鉄砲のルーツは宮崎らしい。
・辛旨ラーメンが人気の辛麺屋 桝元@中洲は宮崎発祥。
・ちゃが商店@西新は、宮崎に本店がある。

これ位しか情報を持っておりませんでした(汗)

なので今回も「初めてのお店だな~食べてみよう」というモチベーションでした^^;

ところが…

 

イベント店舗外観

風来軒 (4)

 

この旨さは読み切れず(汗)想定を遥かに上回る濃厚とんこつ

風来軒 (1)

見るからに高濃度なスープ

ここまでのコッテリ感になると独特のにおいも…と思いきや、いわゆるくさみは全くと言って良いほど感じさせず

会場には一切レンゲが無いので、丼からズズッと・・・うぉ~~っスゴイこってり感!!

てっきり豚骨と共に、鶏も炊き込んであるかと思ったほどのマッタリ感が印象的です。

それでいて僕が苦手なザラ感などはナシ!

元ダレは前面に押し出さず、とにかくスープを際立たせた味わいです。

今までそれなりに数多くのとんこつラーメンを食べてきましたが、この味は初めてかも!?

しかも帰ってから公式HPを見てさらにビックリ!

何とこのスープ「豚骨と水だけが材料」らしいのです。

…う~む。スゴイですね!これは(^^ゞ

最近は、想定と結果が一致することが圧倒的でしたが、これは良い意味で読み違えました(汗)

本当に旨い!

 

ドッシと超濃厚なスープに良く合う、プリプリとした中細麺

風来軒 (3)

麺がこれまた面白い。

博多に比べ加水率の高い中細麺は、プリプリ感があって旨いです♪

ドッシリと超濃厚なとんこつスープをしっかりと受け止め、しっかりと存在感があります。

久留米ともひと味違う、このバランス感は新鮮です^^

 

シンプルイズベスト!胡椒はパラリといきたいタイプ

風来軒 (2)

具材はシンプルにバラチャーシューとネギなど。

このスープにはシンプルな具材がイイね!

正直、味玉さえも無くて良かったかも^^;

胡椒などの調味料を、ラーメン受取り時/食べる前にかけざるを得ないのがツラいところですが、パラリとふった粗挽き胡椒はバツグンの相性でした♪

こういうことがあるから面白い!

失礼ながら、侮っておりましたm(__)m

ちなみに冒頭ご紹介した数少ない、僕の宮崎ラーメン情報にありました「拉麺男」「無鉄砲」は、何とこちらのお店がルーツとのこと!?

御見それしました^^;

いやはや後になってみればそれも納得と言える、素晴らしい一杯でした♪

 

店舗情報はこちらから

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。