【麺屋 我ガ@小郡市横隈】 世界規模で人気を博す、小郡系ラーメン縁の地へ

小郡市横隈にある、「麺屋 我ガ」 をご紹介します。

今やグローバルブランドとなった 「一蘭」 や、福岡市を中心に展開する 「鳳凛」 と共に、小郡系と呼ばれるブランド。

そのルーツを辿ると早良区百道にたどり着くそうですが・・・

一蘭の名が誕生したのは、ここ小郡市だそうです。

 

2017年6月 チャーシューめん+味玉

唐辛子ベースの赤いたれを浮かべたとんこつラーメン。 そのルーツは小郡にあり?

一蘭、鳳凛、我ガの背景については詳しくないので割愛するとして ^^;

聞くところによるとその味は・・・

我ガの店頭に掲げられている暖簾にお名前が記された、ご夫婦によって生み出されたそうです。

上質なトンコツスープに浮かぶ、唐辛子ベース赤いたれ

久しぶりにあの一杯が食べたくなり、訪問してきました。

 

アクセス

基山から東へ4キロほど。
86号線沿いにお店があります。

 

店舗外観

ダークブラウンとホワイトを基調としたシックな雰囲気。

一見すると、とてもラーメン店には見えないスタイリッシュな建物です^^

運良く開いた駐車スペースに車を滑り込ませ店内へ。

非常にお客さんが多かったので、内観の撮影は難しい状況でした(^^ゞ

 

おしながき

ラーメンはトンコツ1本!

玉子トッピングが、味玉・温玉・月見と3種もあるのが面白いですね~

焼餃子、水餃子をオーダーする方も多いようです。

今回は、チャーシューめん+味玉トッピング

合わせて、おにぎりを1つお願いしました。

 

動と静を併せ持ったバランス感が見事! ガツンと明快ながら玄妙な旨さ

スムーズに着丼。

こちらでは食べやすいようにと、”お食事台” なる木製の台の上にサーブされます。

では早速スープからズズっと・・・うん、旨い♪

ダシ感しっかり厚みのあるトンコツスープに、ギュっと力強く元ダレが輪郭を描く一杯。

青ネギの下に隠れた辛味ダレを、徐々に溶かし込みながら食べ進めます^^

キッチリとストレートに伝わる明快な旨さと、じっくり味わうほどに感じる玄妙な味わい

動と静を併せ持つ、このバランス感が見事です。

甘味のある醤油ダレと、辛味ダレのマッチングが極めて秀逸ですね。

 

シュルっと小気味良い啜り心地と、しなやかなコシがたまらないストレート麺

麺は細めのストレート

スープの乗りも良く、しなやかでコシのある仕上がりがステキです (^o^)

打ち出しの強いスープに飲み込まれることなく、しっかりと存在感の高さを発揮。

この完成度で替玉100円・半替玉50円お手頃です。

コスパ高いなぁ~♪

 

具材も一切の抜かりなし! 三位一体のバランス感を楽しめる

チャーシューは箸で簡単にほぐれるほど、と~っても柔らかな仕上がり。

ホロッと解けたチャーシューは、スープ&麺との一体感が素晴らしいですね (^^ゞ

絶妙の火加減で仕上げられた味玉は、黄身の濃厚な旨さを存分に。

たっぷりめのシャキシャキ葱もまた、この一杯に不可欠な存在です。

 

おにぎり

我ガに来たら毎回いただいている、こちらの ”おにぎり

白おにぎりを青高菜の葉で巻いてあります。

小ぶりのサイズで食べやすく、爽やかな味わいが濃厚なスープにピッタリ♪

「替玉とどっちがお薦め?」 と聞かれたら、悩みつつもコチラを推すかも?

一度お試しいただきたい、名脇役ですよ~^^


 

・名だたるグローバルブランドへと発展した ”一蘭

グッと身近でその旨さを堪能できる ”鳳凛

・そして今回の ”麺屋 我ガ

何と言っても我ガの嬉しい所は、そのお値段!
※2017年7月時点(一蘭は総本店の価格)

・らーめん:我ガ590円) 鳳凛650円) 一蘭890円

チャーシューめん:我ガ720円) 鳳凛800円) 一蘭1,140円

クオリティはキッチリと担保しつつ、普段使いできるお手頃価格です^^

もちろん立地などを含め、一概に比較できない面もありますが・・・

改めて比較するとその差にビックリ(笑)

 

しかし台湾にオープンした一蘭は、240時間待ち!? というニュースも。

凄まじ過ぎて言葉も出ません(;”∀”)

久しぶりに訪問しましたが、キッチリクオリティにニッコリ^^

小郡系のメッカで、楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

良かったらいいね!お願いします♪

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

我ガ