【ギャラリー蔵@福津市津屋崎】 絶品の鯛茶漬けと、魚介ダシのラーメンが楽しめる隠れ家

福津市津屋崎にある「ギャラリー蔵」をご紹介します。

天然真鯛を楽しめる鯛茶漬けや、魚介ダシを使ったラーメンなどが食べられるお店です。

店主さん自ら漁にも出られるそうで、一般的なラーメン屋さんとは一味違ったアプローチで楽しませてくれます。

 

6 水出し昆布 醤油ラーメン(2018年10月)

昆布だし100%のスープ!? 激増する醤油ラーメンの新機軸になるかも♪

1か月、毎日通っても食べきれない! 今、福岡の醤油ラーメン&中華そばがアツいっ♪」 でもご紹介しましたが・・・

この2年ほどで福岡市近郊には、数多くの醤油ラーメン&中華そばが登場しました。

着実にその認知が高まる一方で、トレードオフとして認められるのは ”そのお店のオリジナリティ

「まぁ、こんな感じだよね」 で終わらせず、「おっ、なんて個性的♪」 というイメージを与えられるかがひとつのポイントであると思われます。

そんななか、ギャラリー蔵に登場した 「水出し昆布 醤油ラーメン

和を象徴する素材のひとつ ”昆布” をフィーチャーした新メニューです^^

 

アクセス

「光の道」で有名な宮地嶽神社から4キロほど。

津屋崎漁港のほど近くで、「まちおこしセンター津屋崎千軒なごみ」から入ったところにあります。

 

店舗外観

なんとも趣のあるファサード。

店頭には ”製麺屋 慶史特注麺使用という札が掲げられています^^

 

店舗内観

温かみのある店内。
ゆったりとしたテーブルがいくつもあり、のんびりと食事を楽しむことができます。

入口そばにはセルフコーナーが。
お漬物コーヒーなどが自由に楽しめます。

スペースの一部では、小物や洋服などの販売コーナーも。
女性に喜ばれそうな佇まいです (^o^)

 

おしながき

こちらは2018年10月現在のおしながき。

看板メニューは「鯛茶漬け
豪華絢爛な特製を始め、様々なトッピングも楽しめます。

鯛マシ」「マシマシ」といったリッチなメニューも♪

麺メニューは現在3+1種。
魚介豚骨ラーメン
辛魚介豚骨ラーメン
水出し昆布 醤油ラーメン ←New!

三女神のぶっかけ麺 天然真鯛のせ ←SNS限定メニュー(詳しくは後ほど)

それぞれミニ鯛茶漬けも付けられるセットもあります。

 

昆布だし100%のスープ!? 激増する醤油ラーメンの新機軸になるかも♪

登場しました、水出し昆布 醤油ラーメン
製麺屋 慶史の丼で登場です。

チャーシューは太っ腹に3枚もオン。

どこかノスタルジックな固ゆでの玉子、海苔が乗っています。

うおっ!着丼時点で和の芳しい香りがフワリと。

慌てて写真を撮り、スープをズズっと・・・うん、旨いねっ♪(´ε` )

「鶏や豚骨などの動物系スープを使わない、昆布だし100%のスープ」

と聞いていたので、

「上品だけど、大人しい・盛り下がる感じにならないかな・・・」と少々不安もありました^^;

が、全然そんな事はナシ!

「嘘っ!?」というほと大量の昆布から水出しするというスープは実に重厚な旨味が。

そこに チャーシューの煮汁&鶏油が加わることで、昆布の風味をしっかり活かしつつ、しっかりラーメンとして確立されていました!

あえてギュっと明快に効かせた醤油ダレも面白い♪

ツルモチ感がたまらない、慶史特注平打ち麺の旨さも非常に大きなポイントです。

いや~これは想像を上回る旨さ (о´∀`о)
実に面白い試みですね~

もちろんミニ鯛茶付のセットを。

旨いタレとダシで甘みのある、天然真鯛を堪能しました^^

 

5 三女神のぶっかけ麺 天然真鯛のせ【限定】(2018年10月) 

こちらはSNSフォロワー限定のメニュー、三女神のぶっかけ麺 天然真鯛のせ

こちらで販売されているお土産ラーメン 三女神のぶっかけ麺 に天然真鯛などの具材をあしらった一杯です。

聞くところによると元々宗像地方には、煮魚の汁に素麺を絡めて味わうというマナーがあるらしく。

そこからインスパイアされたメニューとのことでした。

なるほど!

魚の旨味と醤油の甘辛感が詰まったタレ+麺の組合せは、いわば油そば・まぜめんそのもの (^^ゞ

心地良い歯切れの細麺甘辛いタレと卵黄が絡まって、想像以上にパンチのある味わい♪

美しく+おいしい真鯛の刺身、薬味のネギ・海苔と共に味わいます。

6~7割食べ進めたら、添えられたスープをプラス。

やっぱりスープオフメニューも、終盤こういう味変ができるのはウレシイですね (^o^)


 

水出し昆布 醤油ラーメンは、ある意味全くゴマカシがきかないメニューだけに、最初はチューニングに苦労されたそうで・・・

改良を重ねて現在の仕上がりに落ち着いたそうです^^

醤油ラーメン好きの方には、ぜひとも一度味わってみて欲しい一杯。

「こういうアプローチも面白いねぇ~♪」 と思っていただけるハズです。

醤油もひとしきり出そろった感もあり、「少~し停滞し始めたかな~」というこのタイミングで。

こんな新たなメニューが♪( ´▽`)

これからも福岡に、どんな醤油ラーメン&中華そばが現れるかホントに楽しみです!

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

4 天然真鯛のダシと豚骨のトリプルスープつけ麺【限定】(2018年1月)

その味わいは万華鏡の如し。食べ進めるほどに新たな魅力を放つ♪

豊前や糸島など、牡蠣は今や冬の風物詩に!
そんな人気の牡蠣の養殖が、福津市でもスタートしたそうです。

その名も 「津屋崎千軒かき」 の登場を受け、2018/1/20(土)~3/4(日)までイベントが開催中^^

前回は、炙り天然真鯛 まぜそばを味わった 「ギャラリー蔵」 に、新作メニューが登場したそうです♪

 

おしながき

こちらは2018年1月現在のおしながき。
看板メニューはもちろん「鯛茶漬け

豪華絢爛な特製を始め、様々なトッピングも楽しめます。
鯛マシ」「マシマシ」といったリッチなメニューも♪

更にはトマトリゾット風の鯛茶漬けもあります。

ちなみにこちらの鯛茶漬けは、昨年行われた 「お茶漬けグランプリ」 で優勝を飾ったそうです!

麺メニューは現在2種。
魚介豚骨ラーメン
辛魚介豚骨ラーメン

それぞれミニ鯛茶漬けも付けられるセットもあります。

そして今回のお目当てがこちら。

津屋崎千軒かき巡り」のスペシャルメニューとして登場した、
天然真鯛のダシと豚骨のトリプルスープつけ麺” です^^

天然真鯛だけでも豪華なのに、牡蠣まで加わるなんて♪
楽しみだねぇ~

 

その味わいは万華鏡の如し。食べ進めるほどに新たな魅力を放つ♪

いよいよ登場!
こちらが、天然真鯛のダシと豚骨のトリプルスープつけ麺 です。

ふぁ~、今回もキレイな盛りつけですね~(^^ゞ

手前にはプリプリの牡蠣が。
左側には、天然真鯛が。

右側にあしらわれた、削りかまぼこトッピング ”花盛” もキュートですね~

まずは麺から。
慶史謹製の平打ち麺・・・流石です!

滑らかな口当たり、こんなに薄いのにモチモチ感はしっかりと。
とっても風味が良く、自然な甘みを楽しめます。

ではスープに潜らせて・・・ほ~っ、こりゃ旨いっ♪

牡蠣×天然真鯛×豚骨のトリプルスープを、キリッと塩ダレで仕上げたスープ。

魚介の香りと旨味を存分に味わわせてくれます (о´∀`о)

この風味は・・・バター!?
豊かな香りとコクがなんとも面白いっ。

牡蠣は大きさこそ適度ですが、味はバツグン!
噛むと海のエキスがドバ~ッと溢れ出してきます。

しかも・・・なんと麺の上だけでなく、スープの中にも入っているではありませんか^^

蔵の代名詞、天然真鯛は厚切りプリっぷり♪( ´▽`)

スープの熱でしゃぶしゃぶ状態になり、口の中でホロリと解けていきます。

麺に卵黄が絡まってくると、釜玉ライクなねっとりとコクのある味わいへと変化。

万華鏡のごとく、食べ進めるほどに様々なおいしさを映し出すメニューです!

 

鯛茶漬け 花盛

こちらは、鯛茶漬け 花盛
土鍋にゴハンや鯛が入っており、そこに特製のダシを注いで火にかけます。

グツグツと温まってきたら食べごろ。
立ち上るダシの香りにふわ~(о´∀`о)

天然真鯛はふっくらと火が入り、ホロリと優しい口当たりに♪

旨味を存分に吸ったお米の旨さもまた、タマリマセンね~

そのまま楽しむもよし。
豊富なアイテムで変化を楽しむもよし。
自分好みに味わえます^^


 

津屋崎の海の幸を贅沢に楽しめる、リッチな味わいのつけ麺でした。

キリッと塩ベースというのもイイですねぇ~♪(´ε` )

一般的なラーメン店ではまず味わえない、産地ならではのレアなメニュー。
津屋崎千軒かき巡りは、~3/4(日)まで開催されています。

市内からドライブがてら訪れるにも丁度良い距離感。
この機会に贅沢な一杯を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ちなみにギャラリー蔵は、日曜日が定休日
お昼のみの営業なのでお間違えなく~

[/toggle] [/toggles]

 

3 炙り天然真鯛 まぜそば(2017年10月)

そのままでも、つけ麺スタイルでも♪ 天然真鯛が贅沢にあしらわれた目でも楽しめるまぜそば

つい先日まで提供されていた「煮干しラーメン
行こう行こうと思ってたら、タイミングを逃してしまいました( ゚Д゚)

残念だなぁって思っていると、新メニュー登場のお知らせが。
炙った天然真鯛を贅沢に乗せたまぜそばですって~~^-^

ビジュアル的にもめちゃめちゃ気になるということで、今度こそスケジュールを調整して行って参りました。

 

そのままでも、つけ麺スタイルでも♪ 天然真鯛が贅沢にあしらわれた目でも楽しめるまぜそば

この日は一人だったので、お目当ての「炙り天然真鯛 まぜそば」を頂きました。

バシッと決まったビジュアル。
削りかまぼこ(花盛)のピンク色が、めちゃめちゃ華やかです。

まずは、黄身をまぜる前に、麺だけをピロロ~ンと頂きます。
製麺屋慶史謹製のピロピロの平打ち麺

煮干しオイルが絡んだ麺は、煮干しの良いとこだけをふわっと纏ってイイ感じ。

ガツンと強すぎることもなく、非常に良いバランス感です。

モチモチ&ピロピロ感の麺がストレートに楽しめ、これだけで十分最後までイケちゃいそう

続いて、黄身を混ぜ合わせて。
まったりとコクが増した味わいに変化します。

ねっとり感が、口の中で旨みを持続させてくれるイメージ。

炙った天然真鯛ともすんなり馴染んでおり、香ばしさと鯛の甘みが一気にリッチな味わいへと導きます。

大きめにカットされた青ネギシャクシャクとした食感を、きくらげはコリコリ感を楽しませてくれます。

削りかまぼこは、ほのかな魚の旨味をプラスしてくれるステキな存在。

最後は、つけダレに浸して。
魚介の旨味がガツンと効いた「魚介豚骨スープ」です。

タレが優しめなので、つけて食べるというより飲みながら頂くのがオススメ♪
さらに深い味わいを楽しませてくれます。


 

いやぁ~来て良かった~(*”▽”)
以前にも増して、非常に洗練されたイメージです。

この充実感で800円は、結構コスパが高いのではないかと。

市内からは少し距離がありますが、ぜひ食べてほしいですね。

特に女性に好まれそうな味わいですが、男性にもおススメ!!

 

 

2 ちらしまぜそば

ちらし寿司風まぜソバと斬新なアプローチが面白い♪ キラキラの宝石と共に。

 

1 魚介ラーメン & 辛魚介ラーメン

ギャラリー蔵 (1)

玄界灘の旨味を凝縮した魚介ラーメンと鯛茶漬けを、セットで存分に♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

昼総合点★★★☆☆ 3.5