【元祖長浜屋 親不孝通り LABORATORY@中央区天神】 長浜屋”公認”の新店

中央区天神にある、「元祖長浜屋 親不孝通り LABORATORY」 をご紹介します。

なんと!ガンソの源流である 「元祖長浜屋@長浜」 から公認を受けたという新店舗。

2018年9月、親不孝通りに突如として登場しました。

 

ラーメン(2018年9月)

伝統の味はしっかりと守りつつ。スペアリブカレーやスパークリングワインをラインナップ!

まさかここまで拡大するとは、夢にも思いませんでした^^;

ここ1年ほどの福岡には、次世代ガンソ/ガンソインスパイア系が続々と登場。

>2017年8月
はかたやExpress@東区箱崎

>2017年9月
ザ・ナガハマラーメン@南区大橋

>2018年2月
元祖ラーメン 長浜男 東光店@博多区東光

>2018年3月
元祖ラーメン 元長屋@中央区今泉

>2018年5月
ザ・ナガハマラーメンⅡ@博多区神屋町

>2018年7月
元祖ラーメン 元長家@早良区昭代

>2018年9月
元祖長浜屋 親不孝通り LABORATORY@中央区天神 ←今ココ

なんと今回で7店舗目!
わずか1年チョイでここまで増加するとは・・・

気になったので、これら7店舗が登場した期間の 「福岡市内における新ラーメン店の傾向」 を調べてみました。

※めんむすび調べ(カウントの仕方等により変動する場合があります)

新店のうち60%が、いわゆる ”非とんこつ
醤油、つけ麺、まぜそば等々、従来の福岡には少なかったタイプです。

一方40%がとんこつ系を看板メニューとするお店なのですが・・・

実に全体の14%とんこつ系の35%を、次世代ガンソ/ガンソインスパイア系が占めている状況!

とんこつ3軒中、1軒以上がガンソ系という衝撃の結果が (^▽^;)
※あくまでめんむすび的にガンソを思わせるお店の数です(笑)

これはもはやブームではなく・・・フィーバーというべきかも ヾ(・ω・`)ノ

 

アクセス

親不孝通りの中ほど。
以前はビルとビルの間に、ポツンと一軒家があった場所にお店があります。

麺や おの」 が入っているビルの斜向かいあたりです。

 

店舗外観

メタリック調の外壁がどこかサイバーなファサード。

看板には 「元祖長浜屋 公認」 という文字が記されています。

 

おしながき

まずは店内入って右手の券売機へ。

な、なんと!?エースポジションである左上には 「豚骨カレー(スペアリブ付き)」 というボタンが (。゚ω゚)

下の方に目をやると・・・カフェ・ド・パリ(スパークリングワイン)というボタンも Σ(゜ロ゜ノ)ノ ヒィィィィ!

ガンソとスパークリングのマリアージュ・・・
夢にも思わない事態・・・はっ!?これが、イノベーション(爆)

0.5秒ほどの混乱を収拾しつつ、いつものようにラーメンをポチっと。

 

店舗内観

真新しくキレイな店内。
アイランド型のテーブル、そしてカウンター席もあります。

もちろんテーブルカラーは、赤となっております(笑)

まばらにお客さんが座っていたので、残念ながら写真は割愛です。

 

卓上調味料

卓上にはタレ用のヤカンをはじめ、お馴染みの・・・アレ?おなじみのスタイルじゃない^^;

フタ付きの紅ショウガ、セルフのすりゴマ器お冷やのサーバー・・・

ぬぬ~っ、見事なスカシっぷり ( ̄ー ̄)
「むしろソコで勝負してないよ♪」という、公認ならではの余裕さえ感じられます。

となるとモチロン、”アブナイもございません

「そこは有るんだ(笑)」と突っ込ませて欲しかった気も(笑)

 

丼と共に受け継ぐ王者の貫禄。 それすらも楽しませるのがガンソだからこそ

スムーズに着丼、こちらがデフォのラーメンです。

”屋” の文字が神々しい、本家仕様の丼
スープのビジュアルも、”らしい”感じです。

では早速スープから・・・
うん、アッサリ・・・というか結構薄い仕上がり^^;

どこか気まぐれなトーンさえ魅力に昇華してしまう、ガンソらしさを感じさせる味わいです。

むしろスタンダード。ブレない、媚びない、流されない。
王者の貫禄を受継いだ一杯です。

ここでダシ感キレッキレ!な一杯が登場したら、それこそ 「どうなってるの?」 と言われかねません (^^ゞ

今日は結構おとなしめに感じましたが、きっと 「キタコレ♪」 な日もあると思われます。

 

口当たりの良いソフトな食感は、仕様か?紛れか?

現在のラウンドではベタナマを封印し、麺の硬さだけナマで訪問中。

てなわけでカタメのやつとズズっと・・・あれ?思いのほか柔らかい^^;

ヤワヤワではないものの、口当たりスムーズな食べやすい仕上がり。

一瞬、麺が違うのかと思いましたが、噂によると本店から仕入れている模様

ソフトタッチの揚げだったということのようです。

かの匠が仰せの 「麺はちゃんと茹でた方が旨いと!」 という言葉を思い出しました (^^ゞ

 

替肉好きににはちょっとサミシイこの設定。お値段↑量は↓

チャーシュー、もとい ”肉” は、これぞガンソな薄めの小さめ

ショッパめのテイストもウンウン♪でございます^^

奥ゆかしいチューニングの一杯に・・・まずは替肉をプラス!

ん?150円という設定はともかく、この量は・・・サミシイね(汗)

凹みつつ、タレ・ゴマ・コショウ・紅ショウガをプラスして自分好みにおめかし。

ぐわ~っと啜ってゴチソウサマでした~


 

なんせ ”公認” というこれまでに無い武器をもった大型新人。

スペアリブカレーや、スパークリングワインとのマリアージュという斜め上のラインナップを携えて・・・

きっとこれから話題になっていくだろうと思います。

次はどんな仕掛けが飛び出すのか?
ラボラトリー(研究所・実験室)だけに、きっと自由なスタイルで新たな世界を提案してくれるハズです^^

レジェンドゆえに、格式と伝統に縛られざるをえなかった面もあるガンソ。

もっともっと新たな輝きを放ち、全国へと広まって欲しいものです。

めんむすびが知る限り、イマ福岡市周辺にあるガンソ系のお店/メニューが楽しめるお店”13店舗”
(本家の元祖長浜屋、家1、家2を含む)

公認までが登場したなか、今後も増加していくのか?
見守りたいと思います (^^ゞ

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。