海老薫る&魚介が沁みる絶品スープ×プリップリの自家製麺

麺劇場 玄瑛 (1)

麺劇場 玄瑛@中央区薬院
海老薫醤油ラーメン

 

福岡イチの個性派とさえ言える玄瑛。

この最近は行ったときに、ちょうど長蛇の列が…とタイミングが合わず、久しぶりの実食です(汗)

 

超個性的なとんこつラーメンもメッチャ旨いのですが、実は醤油系がこれまた…(^^ゞ

潮薫醤油ラーメンと、海老薫醤油ラーメンの2種があるのですが、これがどちらも滅法美味い!!

思い出すと無性に食べたくなり、今日は並んででも!との決意で訪問

 

すると、ちょうどTVの撮影が入っているうえに、ラストオーダーまで10分という時間(汗)

「今日もまさか…」と思いきや、食べることができました\(^o^)/

 

目論見通り、海老薫醤油ラーメンを頂きます。

…あ!ごはんものが復活してる♪

しかも白米になってる♪

前回来たときは、休止中。

その前食べた時は十穀米?だったので…^^;

というわけで、チャーシューごはんも頂くことに。

 

海老の薫り&魚介の多層的な旨味が沁み渡るスープが絶品♪

麺劇場 玄瑛 (1)

着丼と同時に、豊かな海老の薫りがフワ~ッと漂います♪

和出汁の薫りと相まって、イッキに食欲中枢が刺激される~^^

 

ひとくち啜れば…魚介の旨味が口いっぱいに広がります。

何とも多層的!

旨味成分が複雑に絡み合い、言葉にならない美味さです!!

 

玄瑛の象徴とも言える秘伝の醤油ダレ

メニューの解説によると、羅臼昆布・カツオ・ウルメ・サバ・干し海老・干し貝柱・干しアワビの旨味を熟成した、特製の醤油ダレとのことです。

日本人のツボをグイグイと突いた、魚介の旨味タップリのスープです(^^ゞ

 

素材の良さ&熟成&手もみが生み出す、プリップリの自家製麺!

麺劇場 玄瑛 (4)

こんなに個性的で、メッチャ美味いスープを提供する玄瑛。

もちろん麺も只事ではありません^^

 

細めのちぢれ麺は、もちろん自家製!

加水率はかなり高め

長時間熟成させ、茹でる前にしっかりと手もみした麺は、こんなに細いのにプリップリの食感なんです♪

これまたちょっと、お目にかからないスゴイ逸品!

 

スープを引き立て&更なる旨さを織りなす具材もカンペキ

麺劇場 玄瑛 (2)

具材はチャーシュー、白髪ネギ、糸唐辛子、三つ葉など。

味わいも然ることながら、ビジュアルからしてステキ♪

 

肉の旨味をしっかりと楽しめる上質なチャーシュー

麺と絡まり、味や食感にアクセントを与えるネギと糸唐辛子がこれまた。

和の旨味がタップリのスープには、三つ葉の優しい風味も良く合います^^

 

チャーシューごはん&スープ茶漬け

麺劇場 玄瑛 (3)麺劇場 玄瑛 (5)

サイドメニューのチャーシューごはん。

何と言っても米そのものが旨い♪

チャーシューやタップリの白髪ねぎと共に、まずは半分そのままで頂きます。

もちろんこれで充分旨い訳ですが…

 

半分になったら、丼のスープを入れてスープ茶漬けに♪

和の旨味が溢れるスープ。

米の旨さと合わされば、まずかろうハズも無く!

スープと米の旨味を、一滴&一粒まで美味しく頂きました(^^ゞ

 

玄瑛流担々麺 +3辛

麺劇場 玄瑛 (13)

こちらは同僚が食べた「玄瑛流担々麺 +3辛」

 

洗練されたとんこつラーメンをベースとし、自家製のラー油をお好みで1~10辛まで(+1辛50円)足せる一杯

3辛でもなかなかの辛さヽ(*´∀`)ノ

とは言え、とんこつの旨みやゴマペースト?の甘味が効いているので、単に辛いだけでなく「からうま~」な感じ♪

途中で温泉卵を崩して、食べれば辛味もマイルドになり、またまた美味しさに磨きが…

 

玄瑛オリジナルの細麺との相性もバッチリヽ(´▽`)/

箸が止まることなく、一気に食べ干しちゃいました!

 

 

とんこつ王国の住人としては、もちろん「玄瑛流ラーメン」もおススメです。

でも、玄瑛でイチバンお薦めしたいのは、醤油ラーメンだったりします^^

 

海老は苦手、ダイレクトに魚介の旨味だけを味わいたいという方が、潮薫醤油ラーメンがお薦めです。

ちなみに僕は基本、海老が苦手なのに海老薫~の方が更に好きだったりします♪

次回は久々に坦々麺を頂こうかな~(^^ゞ

 

過去記事はこちらから

店舗と拉麺に三度驚く!孤高の天才が生み出す唯一無二の味

 

店舗情報はこちらから

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。