創業60年近く続く伝統の”辛”タレ♪ お得に楽しめるランチがおススメ

長浜玄風館 (3)

長浜 玄風館@中央区長浜
焼肉ランチ(カルビ)

 

こちらもずっと行きたかったお店の1つで、千代にある有名な焼肉屋さんと言えば、間違いなく名前が挙がる「玄風館」です。

玄風館と言えば、”激辛”&”値段が分からない”という噂…。

私も幼い頃からそう聞いていたので、行ったことがなかったのですがやっと行くことが出来ました♪

 

今回、ご紹介するのはお得なランチを提供している長浜店です!

こちらでは手軽に玄風館の焼肉を楽しめるのが魅力(^_-)-☆

因みに福岡に何店舗か玄風館の名前を掲げるお店がありますが、香椎エリアに展開するのは創業者のお孫さんが独立して経営されているとか…

 

アクセス

元祖長浜屋元祖ラーメン長浜家(家1)などの長浜ラーメン屋さんが集まるエリア。

那の津通りの「長浜」と「浜の町公園前」交差点の間あたりにお店があります。

すぐ横には大きな駐車場「シーサーパーキング長浜」があるので、車でも来やすいです。

 

店舗外観

長浜玄風館 (1)エンジ色看板テントが目印。

 

店舗内観

長浜玄風館 (2)とっても庶民的な店内。

テーブル席が5~6個ほどあり、それぞれの席にはガス式の焼き台があります。

 

おしながき

長浜玄風館 (9)

※クリックすると拡大します。

こちらはランチタイムのメニュー。

焼肉ランチ」もしくは「チゲランチ」の2種。

焼肉は、カルビ・ホルモン・レバー・豚ロース・豚トロの5種があり、甘口・中辛・辛口の3種からタレを選びます。

玄風館の標準は「辛口」とのことですが、お好みに合わせ選びましょう。

中辛と辛口を一つずつオーダーし、シェアすることにしました。

 

創業60年近く続く伝統の”辛”タレ♪ お得に楽しめるランチがおススメ

長浜玄風館 (3)

こちらは辛口のランチセット

麦入りの白ごはんキュウリのキムチもやしナムル韓国海苔がセットになってます。

ごはんは大盛も可能です。

長浜玄風館 (5)

もちろん肉はカルビで♪

コチジャンなどがブレンドされた玄風館特製のモミダレは深い赤色で、肉が見えないほどタップリ漬け込まれています。

あまりの迫力にちょっと圧倒されつつ、頂きます。

長浜玄風館 (6)ガス式の焼き台は両サイドに火があるので、網の真ん中に置かずこのように火の真上(網の端っこ)で焼くのがポイントだそうです(*´▽`*)

かなりのモミダレの量なので、肉が焼けているのか?なかなか分かりづらいのですが、自分が良いタイミングで食べてみましょう(笑)

 

うんうん、なるほど~♪

日本式の焼肉はどちらかというと肉質自体を楽しむために、塩やあっさりしたタレで頂くことが多いかと思いますが、こちらは一言で言うなら「これぞ韓国式」というイメージです。

韓国で数度、焼き肉を頂いたことがありますが、それらを思い出しました(*^▽^*)

コチジャン韓国唐辛子などで作られた特製の辛口ダレは、単に辛いだけでなく甘さも結構あるのでそれほど辛さは感じないかも…

トッポッギなどの甘辛い味わいに似てるかな??

上手く説明できませんが、甘辛い味噌というイメージの味わいです。

長浜玄風館 (4)

こちらは中辛。

よほど辛いものが苦手という方は中辛くらいが良いかと思いますが、玄風館を楽しみたいならやはり「辛口」がおススメですね♪

長浜玄風館 (8)

中辛甘口と辛口のタレを半々でミックスされているそうです。

甘口ならお子さまでも楽しめそう。

好みに合わせて楽しめるのは良いですね!


 

肉の量自体はそれほど多くないので、複数名で行かれる際は追加肉をして楽しむのもアリかと思います。

それでも840円(税抜)で玄風館”らしさ”を楽しめるのは、嬉しい限り。

肉質というよりは雰囲気や韓国焼肉らしさを満喫したい時にオススメです。

私は結構この味わい好きだなぁ♡

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

長浜 玄風館

昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA