多くの方々の想いとチカラがここに。 名店 行徳家が再び、力強き一歩を踏み出す!

%e8%a1%8c%e5%be%b3%e5%ae%b6-11

行徳家@南区野間
塩レモンラーメン & 醤油ラーメン

 

最後に行徳さんにお会いしたのは、6月のある日。

お体の具合が思わしくないなかでも、なんとかお店を開けておられた日でした。

これまでに50種以上をいただいた限定メニュー。

その最後の一品 味噌カレーラーメンと、鶏白湯ラーメンを。

%e8%a1%8c%e5%be%b3%e5%ae%b6-12 %e8%a1%8c%e5%be%b3%e5%ae%b6-13

お店では寡黙だった行徳さん。

僕らもいつも、一言を交わすかどうかという位でした。

帰り際、扉の前で振り返ると、どちらからというでもなく、いつもの様に小さくお辞儀を。

今も、あのシーンが忘れられません。

まさか、あの時が最後になるとは。

 

あれから半年が過ぎ。

2016年12月18日、行徳家は復活を遂げました。

行徳さんの遺したレシピを受継がれた、弟さんの熱い想いのもとに。

あの白い暖簾が再び掲げられたのです。

 

店舗外観

%e8%a1%8c%e5%be%b3%e5%ae%b6-1老朽化された看板こそ、危険とのことで撤去された形ですが、その他はあの日のまま

行徳家の復活を祝う方々の想いで、店頭は色鮮やかに彩られています!

 

おしながき

%e8%a1%8c%e5%be%b3%e5%ae%b6-10まずは店頭の券売機へ。

ハイクオリティかつ多彩な味を楽しめる行徳家。

中でも中心となる看板メニュー、塩と醤油から復活を遂げました。

こだわりに満ちた行徳さんのレシピは、驚くほどの手間とコストが掛かったものばかりらしく。

熟練の職人さんでも大変なもののよう。

どうか無理をなさらず、一つずつできることからで十分ですよ~^^;

今回は僕が初めて行徳家で出会ったメニュー、塩レモンラーメン醤油ラーメンをいただきました。

 

爽やかなレモンの味をガップリ受け止めても余りある、極めて奥深い塩ラーメン!

%e8%a1%8c%e5%be%b3%e5%ae%b6-6いよいよ再会。

おおっ、これは紛れもなく行徳家塩レモンラーメン!

お馴染みの方は ”ニヤリ”

初めて見られた方は、「え~っ・・・(なにこれ)」

だと思います(笑)

僕もそうでした。 初めての時は (^^ゞ

「うわ~っ、普通に塩にすべきだったかなぁ・・・」って。

%e8%a1%8c%e5%be%b3%e5%ae%b6-8

まずはスープをズズっと・・・美味いっ♪

この豊かな味わいは紛れもなく、行徳家の塩スープ

レモンの輪切り5枚が入っても、支配されることなく旨さを発揮する非常に奥深い味わいです。

%e8%a1%8c%e5%be%b3%e5%ae%b6-9

続いて麺を。

おっと、意外にも現れたのはちょい太めの平打ち麺です。

ツルリと滑らか絶妙の弾力感を併せ持った麺が旨し!

行徳家と言えば、ちぢれ麺・太麺・細麺の3種から選ぶスタイルが長かったのですが、この平打ち麺も美味いですね~^^

%e8%a1%8c%e5%be%b3%e5%ae%b6-7

具材の下に隠れているチャーシュー

トロっとホロっとしっかり目の味付けが行徳家の味ですね♪

後半1/3位になったら、くし形のレモンをギュっと絞ってサッパリ感を加速

これだけレモンが入っても、軸がぶれないスープがスゴイよね~(^^ゞ

 

醤油は醤油らしく。 香り高く奥深いスープの味わいにココロオドル♪

%e8%a1%8c%e5%be%b3%e5%ae%b6-2こちらは醤油ラーメン

レギュラーで3種

これまでに限定メニューでは、数え切れないほどの醤油ラーメンが登場しました。

フワリと力強く立ち上る醤油ダレの香り。

%e8%a1%8c%e5%be%b3%e5%ae%b6-4熱々のスープを啜ると・・・うん、美味いっ (^o^)

行徳家の醤油ラーメンは、僕らの中で ”これが博多の醤油ラーメン!” という存在。

醤油は、より醤油らしく」 という言葉がピッタリの一杯。

%e8%a1%8c%e5%be%b3%e5%ae%b6-5

今日のチューニングは、極めてバランス良し

いつも行徳さんは 「濃かったら言ってくださいね~」 と言いながら丼を出してくれていました。

確かにいつも 「ちょい濃いめかも」 と思いつつ、「これが行徳さんのベストチューニングのはず!

そう思って、一度も 「薄めてください」 と言ったことがなかったなぁ~(笑)

いま考えると、そんなシーンがなんだか微笑ましいです^^

しっかりと醤油感を楽しませつつ、バランス感に秀でた味わいでした♪

%e8%a1%8c%e5%be%b3%e5%ae%b6-3

控えめの脂感、香ばしく食欲を掻き立てるネギの香り

平打ち麺との相性もバッチリです。


 

美味しかった~

行徳さんの姿は残念ながらありませんが、確かにそのイズムは何も変わらずここにありました!

二代目となった店主さんを始め、数多くの皆さんの想いと力のお陰で、この一杯と再会することができました。

厨房には、行徳さんを相棒として支え続けた、宮崎さんのお姿も。

みなさん本当にありがとうございます。

僕は生まれて初めて、ラーメンを食べて目頭が熱くなりました。

行徳家の一杯は、やっぱりどこか”ほんのり”しょっぱかったかな。

行徳さん、おかえりなさい。

 

これまでに”めんむすび”でご紹介したメニュー

21.もつラーメン(2016/1/14)行徳家 (1)

力強い旨味が魅力のもつラーメンには、ちゃんぽんライクな麺がベストマッチ♪

 

20.バルサミコ醤油ラーメン【限定】(2016/1/14)バルサミコ醤油ラーメン (1)

洋風?和風?マイルドな酸味がクセになるバルサミコ醤油ラーメン

 

19.酸辣湯麺 + チャーシューおにぎり(2015/11/6)行徳家 (1)単なる辛酸っぱいとは次元が異なる絶品酸辣湯麺は、底支えする出汁が決め手

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

店舗情報はこちらから

行徳家

昼総合点★★★★ 4.5

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA