【博多だるま 総本店@中央区渡辺通】 理屈は不要。この味こそ、博多のスタンダード!

中央区渡辺通にある、「博多だるま 総本店」 をご紹介します。

東区箱崎の名店と言われた 「だるまラーメン(1963年~2000年)」 の味を受け継ぎ、現在の渡辺通に2000年にオープン。

博多とんこつラーメンでも指折りの人気ブランドです。

今でこそ結構な杯数を、あちらこちらで啜り続ける僕ですが・・・
その昔は 「ラーメンは結構好き♪」 という、一般的なファンでした。

その頃から通っていたのが、こちらの ”博多だるま” と ”一風堂

当時の僕にとって、ラーメン=今日はどちらに行こうか? という二択。

つまりは僕の原点のひとつと言えるブランドです (^^ゞ

姉妹店である、博多だるま秀ちゃんラーメン@警固

元々は ”ガッツリだるま派”だったのですが・・・
2014年暮れ 原点回帰としてリニューアルした秀ちゃんの味がズバッとツボで♪

以来、この数年は秀ちゃんを訪れることが多い状況でした。
が・・・2017年11月下旬、だるまの本店がリニューアル

この味が素晴らしく!!
再びだるまにガッツリと惚れ直しました (^^ゞ

 

7 チャーシューラーメン(2018年8月)

とんこつ感も、脂も、タレも! 三拍子がバシッと揃った頼もしい一杯。

なんでしょうね・・・福岡在住のラーメンマニアなんですが・・・

お盆のど真ん中にだるまに行ったり。
暮れも押し詰まって一蘭に行ったり。

県外から、海外からのお客さんと一緒に行列へ(笑)

自分でもよく分かりませんが、不可解な行動をするところがございます^^;

生粋のだるま好きな御方と共に、突撃してきました~

 

アクセス

地下鉄七隈線 渡辺通駅から、徒歩3分の好アクセス。
春吉公園の前にお店があります。

 

店舗外観

リニューアルにより、暖簾と提灯が新しく
日の丸を配したシンプルで力強いデザインです。

7月から、営業時間が変更に。

昼:11:30~15:30(15:15ラストオーダー)
夜:18:30~24:00(23:45ラストオーダー)
※スープ切れによる終了もあり

以前の様に通し営業ではないものの、営業時間は拡大してきているようです^^

 

おしながき

食券制になったので、まずは入って右手の券売機へ。

こちらは2018年8月時点のラインナップです。

メニューもジワリ拡大中。
ラーメンはモチロン、とんこつ一本!

炙りトロ肉のチャーシューメンなど、トッピングバリエーションもいくつかあります。

 

店舗内観

入ると同時にバタバタとお客さんが増えたので、写真はコレだけで^^;

全体的にスッキリした印象ですが、基本のレイアウトは以前と同様。

長いカウンター席に加え、いくつものテーブル席があります。

 

卓上調味料

卓上には白ショウガコショウなどがあります。

 

とんこつ感も、脂も、タレも、全てがバシッと力強い。実に頼もしい旨さ!

今日は替玉する気マンマンなので、チャーシューメンを。

うむ!この武骨なビジュアル、立ち上る力強い香り、今日も間違いなさそうだ。

ではではズズっと・・・うん、バチッと旨し (о´∀`о)

単に 「旨いか旨くないか?」 という領域ではなく・・・
これぞ、だるま” という味わいに膝を叩きます♪

とんこつ感も、も、タレも、全てがバシッ!と力強く、実に頼もしい旨さです!

極細ストレート麺は、もちろん ”バリカタ” でオーダー。

理屈は要らない。だるまではコリッとザクッとやっぱりバリカタ

10年経とうが、15年経とうが変わりません。
コレだよね~♪(´ε` )

チャーシューはシットリ&トロやわ♪
ネギも結構多め

ホントはネギ増しガツンも良いなぁ~と思うけど・・・温度が下がりそうなんで悩みつつも断念^^;
次回こそやろうかな~

バリジュワな一口餃子も実にゴキゲン (^-^)v

久しぶりに食べたけど、「こんなにウマかったかなぁ~」という感じ。
次回もマストやね。

ちなみにこちらはデフォのラーメン
チャーシューは2枚、実にバランスの良い一杯です。

でもってコレは前回。

コレは前々回。

だるま好きなら見て納得!?
毎回外さない安定感にホレボレします (^^ゞ


 

とりあえずひとつだけ言えるのは・・・
「だるまは観光客向け」とか言うのはモッタイナイ限り。

もちろん好みは人それぞれでしょうが・・・僕は胸を張って薦めます。

だるまは間違いなく、博多のスタンダードやけん!

コッテリ好きは、「秀ちゃんラーメン@警固」 とのハシゴも視野にどうぞ(笑)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

6 ラーメン(2017年11月)

博多だるま大復活!! この一杯こそ紛れもなく、博多のおもてなし。

 

あっという間に着丼。
うほほ~!登場した時点から立ち上る、豪快なとんこつエア(笑)

ちょいと尻込みしつつもひと口啜れば、ドカン!!とシビれる美味さ♪(´ε` )
こんなに力強いのに雑味もくさみもナシ。

バツグンに美味いじゃないですか!!!

スープ、タレ、脂のバランス感も素晴らしく・・・過去最高の味といっても過言ではないほど。

いや~参った。流石というほかない仕上がりに、ただただ感服です (^^ゞ

 

シャッキリとした粋な口当たり、スムーズな啜り心地、軽快な歯切れ♪

麺は定番の極細ストレート
バリカタでいただきました。

シャッキリとした粋な口当たり、スムーズな啜り心地軽快な歯切れ

単にガサッとブツブツ硬いだけでなく、バランスの良いしなやかさがステキです^^

麺量は適度なので飲みの〆にもピッタリ。
ガッツリ食事として楽しむなら、替玉必須だと思います。

 

具材の構成はシンプルながら、物足りなさは微塵もナシ!

具材はシンプルに、チャーシュー&青ネギ
そう言えば今回、キクラゲはあったかな~?
以前はデフォでも結構タップリと乗っていましたが、無かったような気がします。

でもこの一杯には、チャーシュー&ネギで充分!
スープと麺が旨いので、全く物足りなさは感じませんね (о´∀`о)

ちなみに僕はコショウをパラパラやって味わうのが好みです。


 

正直なところ。
この3回位は少し違和感を感じていたのも事実(汗)
しかしこれはまさに大復活!!!

ひと口、もうひと口と食べ進めるにつれ、箸とレンゲが止まらず。
本当にチカッパ美味かったです♪( ´▽`)

だるま本来の凄みに圧倒される一杯。
この味こそ、博多ラーメンのスタンダードと申せましょう。

「だるまは観光客に人気のお店?」
いやいや、これを食べればきっとそんな事は言えなくなりますよ~

ビビッときた方。是非ともお早めに!!
僕も絶対、年内にリピしよ~っと。

 

5 麻辣素麺【限定】(2017年7月)

軽やかでノド越しの良い麺+心地良い麻辣味が真夏にピッタリ♪

今回は、夏の限定メニューとして登場した ”麻辣素麺” をお目当てに訪問。

限定を啜りつつ、シェアしてトンコツも味わおうという目論見です^^

今回は夏の限定メニュー、麻辣素麺をいただきます。

 

軽やかでノド越しの良い麺+心地良い麻辣味が真夏にピッタリ♪

あっという間に登場。
こちらが夏季限定メニュー、麻辣素麺 です。

お手頃価格の500円
麺は3玉まで据え置きというのも嬉しいですね^^

クリアな氷が冷水に浮かぶ、目にも涼やかな丼。

今回は2玉でいただきました。

それでは、ツユに潜らせてズズっと・・・ふ~っ、ヒンヤリとウマいね♪

しっかり濃いめ、コクのある和風ツユに ”麻辣味(マーラーウェイ)” をプラス。

ゴマの香ばしさも手伝って、サッパリ感+食欲を刺激する味わいです (^o^)

軽やかでノド越しの良い、素麺ならではの食感。

暑くて食欲のない日のランチにもピッタリですね~

 

チャーシュー麺

こちらは僕の定番、チャーシュー麺

今日の仕上がりは、トンコツフレーバー&脂共に非常にハード

極めてワイルドで暴れん坊な味わいでした(笑)


 

お店を出ると、こんなお知らせが。

プレミアムフライデーの15時以降は、なんとラーメンが半額の350円に!

太っ腹なキャンペーンですね^^

ちなみに何と、以前ご紹介した 「キミのちゃんぽん」 が引き続き提供中!

これは予想外。嬉しい誤算です (^^ゞ

パンチの効いたトンコツ仕立てのちゃんぽん。

次回はこれをリピしようかなぁ~♪

4 炙りとろ肉チャーシュー麺(2016/3/21)

博多だるま (7)

豪華な4ケタメニュー ”炙りとろ肉チャーシューメン” を地元民も食べてみた

 

3 黒ごま台湾まぜそば【限定】(2015/7/13)

博多だるま (1)[1]香ばしい黒ゴマの薫りとコクで、誰もが食べやすい台湾まぜそば♪

 

2 チャーシュー麺(2015/7/13)

博多だるま (1)[1]温故知新の一杯!これぞ博多とんこつの王道というべき味わい

 

1 チャーシューメン(2014/6/19)

博多だるま (1)この味が博多のスタンダード。イニシエと進化の博多豚骨!

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

博多だるま