【久山 龍の羽@糟屋郡久山町】 福岡で一番?メニュー&トッピングの構成が多彩なお店

糟屋郡久山町にある、「久山 龍の羽」 をご紹介します。

雑餉隈にある 「らーめん 龍の羽」 の2号店として、2017年3月にオープン。

魚介とんこつの ”” と、鶏白湯の ”” をローテーションで提供するという面白い仕掛けのお店です。

 

【1回目】 2017年3月 羽らーめん 覇


ストレートにクリーミーな鶏の旨味を楽しむ、羽らーめんのデラックスバージョン

現時点での食べログ登録数を見ると、福岡には ”1,850軒” ものラーメン店が。

その中でも、指折りの個性派のメニュー&構成だと思います。

今日はどんなラーメンがあるのか?

行ってきました。

 

アクセス

お店の場所は、トリアス久山のスグそば

35号線 下山田南交差点の近くにお店があります。

 

店舗外観

創作らーめん” の文字が掲げられた赤い看板。

店頭には専用の駐車スペースが用意されています。

 

店舗内観

なかなかユニークな雰囲気の店内。

厨房に沿ってカウンター席があり、左手には小上がり、右手にはいくつかのテーブル席もあります。

 

卓上調味料

卓上にはニンニク紅ショウガ、コショウなどが。

ここは福岡のラーメン屋さんらしいラインナップですね。

 

おしながき

先述の通り、こちらのメニューは非常に複雑でして^^

今週のらーめん=羽(鶏白湯+魚介)

今週の油そば=辛油そば

とのこと。

ラーメンは週替わり 龍(魚介とんこつ)が登場するものと思われます。

その他にも、トンコツ・黒マー油・辛みそ・味噌などなど、数多くのメニューが。

トッピングも物凄い種類があります。

ゴハンものも釜熱飯などイロイロ。

福岡のラーメン屋さんで、生桜エビ生シラスの丼とは本当に珍しいですね~

今回は、羽らーめん 覇チャーハン丼をいただきました。

 

鶏白湯らしいクリーミーな味わい。 高濃度&魚介抜きの鶏白湯ラーメン

登場した、羽らーめん 覇。

ビジュアル的には、適度な濃度の鶏白湯スープという感じですね^^

メインメニューである ”羽らーめん” との違い

より高濃度の仕上がり
魚介ダシは無し

という2点のようです。

ではではズズっと・・・うんうん、鶏特有のくさみもなくバランスの良い濃度に仕上がっているイメージです。

ねじ伏せるようなパワフルさではないものの、鶏白湯らしいクリーミーなウマさを楽しめます。

後半、魚介ダシをチョイとプラスできたら、一度で二度楽しいかも知れませんね♪

 

こだわりの4種の麺をメニューに合わせて提供するスタイル

麺は中太のプリっとしたタイプ。

店内の暖簾には、4種の麺(極細・ちぢれ・喜多方・極太)を4か所から仕入れていると記載されていました。

一幸舎直営の ”製麺屋 慶史” の麺もあるようですが、極細麺なのかな?

メニューの種類や、グランド or 限定麺 で2か所から仕入れる」 というパターンは時々お聞きしますが、4か所というのはスゴイですね。

特に喜多方の麺が気になるかも (^^ゞ

 

アレコレと賑やかな具材。後半は柚子胡椒を溶かして味変を

具材はチャーシュー、薄手で大きめのメンマ味玉など。

アレコレと賑やかな構成です。

柚子胡椒が添えられているのが嬉しいですね。

 

チャーシュー丼

こちらはチャーシュー丼

豚バラ、豚ロース、鶏ムネのチャーシューが乗っています。

かな~り甘めのタレが、僕の好みとは違ったかな^^;

ここはやはり、名物的な ”釜熱飯” で〆るべきだったかも?

最後までスープを楽しめるかも知れません。


 

メニューやトッピング、麺の種類などなど、覚えきれないほどのバリエーション。

きっと店主さんは貪欲で、サービス精神旺盛な方なのだろうと思います^^

これからも頑張って欲しいですね!

 

 

良かったらいいね!お願いします♪

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

久山 龍の羽

昼総合点★★★☆☆ 3.2