【麺屋ひとしお@博多区上川端町】 塩・醤油×ラーメン・つけ麺+限定麺=ひとしおの構成

博多区上川端町にある、「麺屋ひとしお」 をご紹介します。

中洲にある「串料理 頂き家」という居酒屋さんのセカンドブランドとして2017年3月にオープン。

塩・醤油のラーメン、つけ麺などが楽しめます。

2016~2017年は、いわゆる ”非とんこつ” のラーメン店が数多く登場しましたが・・・

ひとしおは中でも人気のお店だと思います!

 

7 醤油そば(2018年2月)

人気のひとしおが待望の復活! こういうお店が愛されるんだなぁ~と改めて実感。

人気・知名度共に伸びていた真っ只中に、突然の休業

つい先日も前を通って 「どうなるのかな・・・」 と思っていたら、2018年2月再開との情報が^^

復活を楽しみにしていた方が多かったので、本当に喜ばしい限り♪
僕も早速再訪して参りました~

詳しくはこちらをタップ
アクセス

お店の場所は、冷泉公園のスグ近く

明治通りにある、土井通り交差点から櫛田神社方面へ70メートル位入ると、右手にあります。

 

店舗外観

一見するとラーメン屋さんとは思えない、白を基調としたシックな雰囲気のファサード。

ちょっと奥まっているのですが、看板が目印になると思います。

再開当初の営業はこんな感じになるそうです。
無理をせず、頑張って欲しいですね (^o^)

 

おしながき

こちらは再開後、2018年2月時点のメニュー。

ラーメン=塩・醤油
つけそば=塩・醤油
それぞれ、小盛もあります。

汁無し担々麺はレギュラーになった模様。
いずれ限定麺も再始動するものと思われます (^^ゞ

ゴハンもの=チャーシュー丼・魯肉飯・かしわめしとバラエティー豊か。
なぜかチキン南蛮もあったりします。

 

店舗内観

コンクリート打ちっぱなし、シンプルで清潔感のあるコンパクトな店内。

左右にカウンター席があり、一部テーブル席も用意されています。

ひとしおは接客も丁寧
連れが一足遅れると聞くと、調理のタイミングをずらすことを提案してくれるなど、キメ細やかな心遣いを感じます^^

 

卓上調味料

卓上にはミルに入ったブラックペッパーと、柚子胡椒がスタンバイ。

メニューに合わせたシンプルな構成です。

 

なんとも素直で好感の持てる一杯。 この旨さに理屈は不要!

スムーズに着丼、こちらが醤油そばです。

琥珀色のスープから、ゆらりと立ち上る和の香り
「あ~こりゃ間違いないっ」 着丼時点で思わずニヤリ^^

ではではスープをズズっと・・・ほっほ~っ、旨いっ (о´∀`о)
ココロが踊るこの香り。

しっかりスムーズに舌へと沁みるこの旨味
ダシ感&醤油らしさをスパっと明快に楽しませてくれる、なんとも素直で好感の持てる一杯です♪

コショウもパラリといこうかな、掟破りの柚子胡椒チョコっとも・・・
なんて考えてから、何も入れないままにフィニッシュしてしまいました(笑)

 

醤油に中太麺もイイよ~♪ 風味豊かな麺とスープのハーモニーをじっくり堪能

麺は細麺中太麺から選ぶことができます。

更にランチタイムは、麺を無料で大盛にしてくれるサービスもあり〼。

今回は中太麺をチョイス。
ゴハンものをいただくので、大盛は自重しました^^;

ツルリと滑らかで、しっかりモチモチ弾力感のある麺がイイ感じ♪
かみしめる程に、スープとの一体感をじっくりと味わうことができます。

 

贅沢にド~~ンと広がる。 上質チャーシューがウマイっ!

中央にド~~ンと広がる低温調理のチャーシュー
適度な厚さにカットされており、赤身のコク・脂身の旨味を楽しめます。
スープとの馴染みもイイよねぇ~(^o^)

食感の良い柔らかなメンマ青ネギなどシンプルながら過不足のない構成。

玉ネギの食感が絶妙のアクセントになっています。

 

魯肉飯

こちらはお初となる、魯肉飯(ルーローハン)
いわゆる台湾風の角煮丼でございます。

これに滅法目が無くて (^^ゞ
トロリととろける豚バラしいたけは甘辛くコッテリとした味わい。
そして五香紛を思わせるスパイシーな香り♪

和風の豚角煮+オリエンタルな風味は、やみつきの味です!
辛子高菜半熟玉子も乗って、250円とお手頃なのも嬉しいところ。
僕は苦手なので遠慮しましたが、デフォでパクチーも乗ってます。


 

よくぞ復活してくださいました\(^o^)/

既に続々とファンの方々が押し寄せている様子。
まだオープンして1年も経たないのに、こんなに愛されているなんてスゴイですね!

丁寧で真摯な店主さんのスタイルが、味、接客にも表れているよう。
やっぱりそういうのって、ちゃんとお客さんに伝わるんですよね。

これからの展開も楽しみ♪
アクセスも良いので、「醤油ドコかいいトコないかな~」という方にまずはお薦めしたい良店です^^

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

6 茄子ときのこのカボスそば【限定】(2017年9月)

秋の訪れをシミジミ味わう一杯♪ ガブっとジュワっと茄子が旨い

 

春は 「濃厚鶏あさりそば
夏は 「汁無し担々麺
を味わい、

今回、秋は 「茄子ときのこのカボスそば」 が登場。

さらには裏メニューも!?
との情報を聞きつけやってきました。

 

秋の訪れをシミジミ味わう一杯♪ ガブっとジュワっと茄子が旨いっ

こちらは、茄子ときのこのカボスそば

中央にドカン!と乗った、大ぶりな茄子がインパクト抜群です。

まずはスープをズズっと・・・ふぅ~旨いっ^^

ゆったり穏やか心和む味わいが、ひとしおの魅力。

トータルバランスに秀でたタイプです。

合わせるのは、慶史謹製の中細平打ち麺
しっかりとコシがあり、存在感を存分に発揮するタイプです。

ちなみにランチタイムは、無料で大盛も選べます。

今回の一杯は、秋の食材をふんだんに用いたメニュー。

まずはデッカイ茄子をガブリ。
食感よく仕上がった茄子からは、和の旨味がジュワ~~っと♪

タップリとダシをたくわえており、結構この上ない旨さでございます (^^ゞ

香り食感、ダブルで旨さをアップするキノコ

一見すると地味な存在ですが、なくてはならない名脇役です!

清涼感とほろ苦さをプラスする、カボスが全体をギュっと・・・

まさにオトナが楽しむための一杯ですね~

 

5 かさね味(2017年9月)

塩か? 醤油か? 悩む方はこちらで。 裏メニューのかさね味

 

こちらは裏メニューの、かさね味。

塩と醤油、いいとこどりのスープ」とのことですが、さてさて・・・確かにメチャ旨です (^^ゞ

塩か? 醤油か? 悩む方はこちらで(笑)

それぞれの違いを楽しむのもオツですが、どれか一杯を選ぶならコチラかも!?

このバランス感がジャスト♪
という方も少なくないと思います。

 

チャーシュー丼 チキン南蛮(小)セット

こちらはサイドメニューの、チャーシュー丼 チキン南蛮(小)セット

フルサイズのチャーシュー丼=400円
小サイズ+チキン南蛮2個のセット=380円

やや小ぶりになるとは言え、グッとコスパは高いかも知れません^^


 

秋の訪れをシミジミ味わう一杯。
ひとしおらしさ=丁寧な仕事ぶりが感じられる、魅力的なメニューでした (^o^)

同時期にいくつか近しいタイプのお店が登場しましたが、
積極的な展開情報発信を含め、一歩抜きん出ているお店のひとつだと思います。

安定感とアグレッシブさを併せ持つお店は、やはりリピのスパンが短くなりますね。

これからの展開も非常に楽しみです!

 

 

4 汁無し担々麺【限定】(2017年7月)

評判の新店 ”麺屋ひとしお” が、コンスタントに限定メニューを公開中♪

初回は、塩つけそば限定麺の濃厚鶏あさりそば をいただきました。

まだ新しい店舗にも関わらず、早くも限定メニューを精力的に提供。

少し前には 「冷製梅しそそば」 が、続いて 「汁無し担々麺」 も登場しました。

今回もまた、グランドメニューと限定メニューを一つずつ楽しもうという目論見 (^^ゞ

山笠の熱気で賑わう、上川端町エリアへと向かいました。

モチモチの太麺&カリッとナッツが香ばしい♪ ゴロゴロチャーシューも食べ応えあり

まずは、汁無し担々麺 から。

おお~っ、これはテンションが上がるビジュアル♪

モッチリ太麺に、ゴロっと大ぶりなチャーシューが。

大好きなカシューナッツがあしらわれている点もポイント高いですね^^

ではではグリングリンと、全体をよ~くかき混ぜてズルズルと。

・・・うん、ウマいっ。

かなり濃厚に見えたソースは、食べてみると思いのほかスムーズ。

個人的にはもっとガツンと来て欲しかった気もしますが、むしろ重すぎず夏向きの仕上がりかも。

山椒とラー油を添えてくれるので、自分好みの 「辛=ラー油」 「シビ=山椒」 感で味わえるのも嬉しいですね~

モチモチと食べ応えある太麺カリッと香ばしいナッツなど食感も豊か。

ホロッとほぐれる、デッカイお肉もイイね~(^^ゞ

一気にペロッと完食です。

3 醤油つけそば(2017年7月)

醤油らしさをストレートに味わえる醤油つけそば。

続いては、醤油つけそばを。

前回の塩つけそばはバッチリのウマさでしたが果たして?

慶史謹製の麺をサラリとした醤油ダレに潜らせて、ズルズル・・・うん、流石のウマさ^^

鶏ダシ的なコクがベースをしっかり支えつつ、醤油の香りと旨味がグイっと明快に効いてます。

細かく刻まれた白ネギが、味&食感共に不可欠なアクセント

季節ごとに変化する具材。

今回はレンコンの肉詰めが乗るなど、趣向を凝らした仕上がりです。

シャクっとした食感がステキですね~♪

 

エビピラフ(小)チキン南蛮(小)セット

こちらは前回から気になっていた、エビピラフ(小)チキン南蛮(小)セット。

ラーメン屋さんに ”エビピラフ&チキン南蛮” ってかなりの個性派ですよね(笑)

しかしこれがナカナカ。

バターの香ばしい風味が印象的なピラフは、意外にも醤油スープにも合います^^

ジューシーなチキン南蛮もいい感じ。

チャーハンではなくピラフ。
唐揚げではなくチキン南蛮。

ひとしおのこだわりが感じられますね~


 

醤油・塩 × ラーメン・つけそば という構成。
精力的に登場する限定麺。

パフォーマンスではなく、どちらもしっかりとした作り込みが感じられるのが好感度高し♪

僕の周囲でも評判なのですが、それも頷けます。

次回はどんなメニューが登場するのかな~(^o^)

2 塩つけそば(2017年4月)

バランスの良い仕上がり。 博多ではまだまだレアな、塩つけ麺が味わえます♪
 

ビシッと決まったビジュアルに期待が高まります。

サーブの際に 「スープの温めなおし&スープ割ができます」 という説明を添えてくれるのも親切ですね。

ではでは麺からズルっと・・・うん旨い^^

しなやかでコシのある中細平打ち麺は、製麺屋 慶史の謹製。

硬さもジャストでヌメリなど無いキチっとした仕上がりです。

それではスープに潜らせてズルズルと・・・

鶏ベースをベースに、魚介の旨味をプラスしたと思しきスープが旨いね♪

エクストリームな仕上がりではないものの、きっちりと組み立てられた重層的な味わい。

麺とのバランスも上々です。

具材は低温調理した、しっとりと旨いチャーシューなど。

どのメニューにおいても一杯の魅力をグッと上げてくれる、上質な仕上がりのチャーシューです。

季節感のある野菜は、一部季節で変化するのかな?

1 濃厚鶏あさりそば【限定】(2017年4月)

季節感ある一杯。アサリの香りと旨味をギュっと楽しめるコク旨スープ

こちらは4月の限定麺、濃厚鶏あさりそば

鶏スープアサリの旨味をプラスしたという、この季節にピッタリの一杯です。

鶏ダシの旨味がベースとなり、ギュっとアサリの香りと旨味が効いた仕上がり。

”アサリ” を冠するのであれば、この一杯くらいの打ち出しがないと逆に寂しくなっちゃいますね^^;

イイ感じです♪

シュルっと啜り心地の良い細麺はモチロン旨い。

そして最近アクセントとして、よく見かけるようになったフライドオニオンが。

これってホント、おそろしいほど強力なアイテムですね (^^ゞ

素うどんを激変させ一気に押し出しを高める揚げ玉

それを超えるほどのパワーを秘めています。

頼りになるだけに、こちらの様にベースがキチンとしている一杯でなければ・・・

全体を支配してしまうかも?

 

チャーシュー丼

こちらはチャーシュー丼

ごはん→サラダ→チャーシューが3枚乗った、目にも鮮やかな一品です^^

チャーシューの旨さはモチロン、ドレッシングの味がイイ感じ♪

甘くてクドいものも少なくない、一般的なチャーシュー丼とはひと味もふた味も違います。

次回はブラックペッパーを振って食べてみようかな~


 

オープン時はなかなか縁が遠かったお店ですが(笑)

僕にとって、アツい存在となりました。

個人的にはあと一歩アグレッシブなチューニングがいいな~と思いますが、そうなると人を選んでしまうかもしれないので、現在の仕上がりがベストなのかも。

メニュー構成的にも攻めているお店なので、充分魅力的だと思います。

次回は醤油つけそばと、新しい限定麺を狙ってみようかな。

あ、チキン南蛮も (^^ゞ

 

お店を出て気になる案件のチェックへ。

少し前にラースタを卒業した、行橋の名店 ”金田家” が博多座の裏に、近く登場するらしいのですが・・・

少し前に来た時は見つからなかったものの・・・あ! 看板出てるじゃん\(^o^)/

とり田 博多本店のお隣に、4月末オープン予定とのことです。

ふくおか麺情報にも記載していますが・・・大ネタということで(笑)

今度はこの辺りのエリアがアツくなるのかな~

 

良かったらいいね!お願いします♪

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

麺屋ひとしお