【らーめん屋 鳳凛 春吉店@中央区春吉】 元祖 小郡系ラーメン 創業時の味を復活!

中央区春吉にある、「らーめん屋 鳳凛 春吉店」 をご紹介します。

小郡市で生まれた ”唐辛子入り” のとんこつラーメン

あの ”一蘭” の味を生み出した創業者の方と共に、当時の味を復活させたのがこちらの ”鳳凛” だそうです。

2005年にこちらの春吉店がオープン。
現在は、今泉店筑紫野店那珂川店長丘店5店舗を展開しています。

 

2 チャーシューめん(2018年1月)

旨味が詰まったスープ、しっかり元ダレ、玄妙な辛味ダレが三位一体。

10数年前に登場した際は、「こっちが本家らしい!」 「いや、一蘭が!」 とか、様々な情報が飛び交いましたね~

僕も 「知っとお? 一蘭の元祖は鳳凛なんよ!」 とか、聞きかじりの知識でドヤったものです^^;
※当時は全くと言ってよいほどラーメンに詳しくありませんでした(笑)

今ではそれぞれのブランドとしてすっかり認知が広まりましたが、価格の設定・店舗のつくり・営業スタイルの違いなどにより、それぞれに根強いファンを持つイメージです。

 

アクセス

福岡市役所前にある天神中央公園からほど近く。
国体道路 三光橋交差点のそばにお店があります。

 

店舗外観

ラーメン屋さんらしからぬオリジナリティ溢れるファサード。
4本の幟がはためいています。

駐車場はありませんが、すぐお隣にはコインパーキングがあります。

 

店舗内観

木目と青を基調としたスタイル。
中央には大きなテーブル席が、厨房前と壁面にはカウンター席があります。

 

卓上調味料

卓上にあるのは替玉用のタレのみ
小郡系のお店の多くは、卓上調味料を置いていないのがお約束です。

 

おしながき

こちらが2018年1月時点のおしながき。

ラーメンはとんこつ1本
チャーシューや味玉入りに加え、月見らーめんミニらーめんなどもあります。

サイドメニューは、餃子・ごはんとシンプルです。

ランチタイム(平日11:30~14:00)は、替玉が30円

ディナータイム(平日17:00~21:00)は、生中が300円

と、それぞれお得なサービスがあります。

 

旨味が詰まったスープ、しっかり元ダレ、玄妙な辛味ダレが三位一体

少々待っての着丼。こちらはチャーシューめんです。

ネギの下には辛味ダレが隠れているので、まずは混ぜずに味わいます。

ズズっと・・・うん、ウマい^^
サラリとしたスムーズな飲み口のスープは、くさみなど全くナシ。

ほど良いダシ感ギュっと効いたタレ脂は結構しっかりめです。

特製辛味ダレを溶かし込んでからがいよいよ本番。
単なる辛さだけではない、複雑な辛味がとんこつスープの味わいを更に際立たせます。

スープ側なのか、タレによるものか、この日はやや酸味が印象的だったかな?

 

啜り心地・コシ・のど越しバッチリ。平日ランチは替玉30円とお値打ち!

麺は細めのストレート
スープの絡みが良く、しなやかなコシとハリを持ったウマイ麺です^^

啜り心地のスムーズさもあって、あっという間に完食。

この日は控えましたが、30円とお値打ちの替玉は是非とも楽しんでおきたいですね~

 

シンプルな具材構成が、スープと麺の味わいを際立たせる

いつもの如くチャーシューめんをチョイスしたので、チャーシューがワッショイ (^^ゞ

ほど良い厚さにカットされたチャーシューは、口の中でホロリとスムーズに解けていきます。

ネギはデフォでも結構タップリめ

アレコレ入らないシンプルな具材構成が、スープと麺の味わいを際立たせるイメージです。


 

以前に比べると値上がりしましたが、それでもチャーシューめんが820円

一蘭は790円(一部お店は890円)なので、こちらの方がお手頃です。

少し人よりサイズが大きめの僕は、味集中カウンターも苦手なので^^;
ゆったり食べられる点も、鳳凛のポイントです。

一方でオーダー時に、麺の硬さ以外(タレの濃さ・油の量・ネギの種類など)を選べるシステムは一蘭のみ

自分のパターンやその時の気分で楽しめるのは嬉しいですね。

これからも両方を行き来しながら楽しみたいと思います(^^ゞ

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

1 チャーシューめん(2015年8月)

らーめん屋 鳳凛 (1)[1]

元ダレの甘みと唐辛子ペーストの対比が印象的!洗練された小郡系とんこつ

久しぶりに春吉の「鳳凛」へ。

鳳凛と言えば必ずと言って良いほど話題上がるのが、一蘭との関係です^^;

いわゆる”小郡系”と呼ばれる、とんこつスープ+唐辛子ダレの元祖はどこか?というお話。

なんとな~く伝え聞いていたものの、再度ググってみました。

要約するとこんな感じかな?

 

・小郡で花開いた ”唐辛子入りラーメン

創業者はその味を後継者に譲った →これが現在の一蘭の始まりと思われる

・その後、創業者と共に再びスタートしたのが鳳凛

細かな事情は分かりませんが、そのルーツは同じといって差し支えないと思われます (^^ゞ

まぁ、”元祖”問題はイロイロとありますので^^;

味についてはレビューにて (^^ゞ

 

 

元ダレの甘みと唐辛子ペーストの対比が印象的!洗練された小郡系とんこつ

らーめん屋 鳳凛 (1)サーブタイムは非常に早く、あっという間に着丼。

鳳凛に来るのは夜が多く、場所柄もあり飲みの〆のお客さんで混んでいることが多いのですが、大体いつも迅速です^^

 

ではではスープを・・・うん、旨いっ♪

くさみは全く感じられず、脂の量も適度だから、誰もが食べやすい仕上がりだと思います。

とんこつの旨味がギュッと詰まっており、充実感が高いのに後味が重くないのも特長です。

印象的なのが元ダレの味わい。

やや甘味がハッキリとしたタイプで、この甘味が唐辛子ペーストと絶妙のコントラストを生み出しているように感じます。

変わらず旨いねぇ~(^o^)

 

元ダレはデフォでキッチリ効いています。

辛いものが苦手な方は、少なめでお願いしましょう。

抜きもできますが、やっぱりコレがあってこそ完成する一杯。

もちろんアリがおススメです!

 

シャッキリ旨い細めのストレート麺♪コシと歯切れのバランスが秀逸

らーめん屋 鳳凛 (4)麺は細めのストレート
シャッキリハリがあり、適度な弾力感を合わせ持っています。

プツンとした歯切れ小麦の風味啜り心地の良さもステキです^^

一杯目はバリカタで頂きましたが、スープとの馴染みも上々♪

替玉はカタまでにした方が良さそうです。

 

シンプル具材で充分な満足感。多めの青ネギが嬉しい一杯

らーめん屋 鳳凛 (3)具材はチャーシューと、多めの青ネギ

スープと麺の充実度が高いので、具材はシンプルでいいと思います^^

チャーシューは脂身少なめの肩ロースを使用しています。

ややパサつきを感じますが、脂や濃い味でスープの良さを壊すようなことはありません。

若干渇いていたのが残念ですが、タップリの青ネギは嬉しいです。

 

月見らーめん

らーめん屋 鳳凛 (2)こちらはふくめん2号が頂いた、月見らーめん

生卵刻んだチャーシューが入ったメニューです。

黄身だけとかにできれば僕も食べてみたいかも (^^ゞ


 

変わらぬ旨さに満足です^^

さて、蛇足かも知れませんが、一蘭との違いはどうなのか?という点。

端的に言うなら、ルーツを同じくするだけあり、近しい味わいだと思います。

 

その上で僕の個人的なイメージとしては、

鳳凛の方が、スープの濃度がやや厚めややポッテリ感のある味わい。

一蘭の方が、よりキレのある仕上がり。輪郭がややクッキリとしたシャープな味わい。

そんな感じかな?

鳳凛の方がリーズナブルという点は、ひとつのポイントですね。

でも味としてはどちらも旨く、あとは好みによる差ではないかと思います (^^ゞ

食べ比べてみるのも面白いと思いますよ~♪

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

店舗情報はこちらから

鳳凛