【一楽ラーメン 志免店@糟屋郡志免町】 王道とんこつ&個性派の唐揚げを楽しむべし

糟屋郡志免町にある、「一楽ラーメン 志免店」 をご紹介します。

東区~糟屋郡のイーストエリアに展開する、昭和45年創業の人気ブランド。

あの ”NARUTO” にモデルとして登場した今は無き 「九産大前店」 「松島店」 「名島店」 などなど、いくつもの店舗が展開しています。

 

1 ラーメン&唐揚げ定食(2018年7月)

旨くてお手頃な王道のとんこつラーメン vs ハードインパクトな唐揚げ定食

某人気ラーメン店に勤める御方から 「志免の一楽が好きで♪」 とのお話を聞いて・・・

そう言えば志免店は未掲載だったことを思い出し (^^ゞ

最近チョイチョイ、とんこつ系をスルーしようとする、ふくめん2号を連れて訪問して参りました(笑)

 

アクセス

福岡空港 国内線ターミナルならほど近く。
68号線と551号線が交差する、五斗蔵交差点のチョイ先です。

周辺には 「来来亭 福岡空港東店」 「らーめん二男坊 福岡空港店」 「島系本店 志免本店」 といったラーメン店があります。

 

店舗外観

歴史を感じさせるファサード^^
路地に入ると専用の駐車スペースが結構あります。

 

店舗内観

なかなか和める雰囲気。
これぞラーメン店というカウンター席に加え、小上がりの席もあります。

 

卓上調味料

卓上にはソースなどの食堂系アイテムに加え、お漬物もあります。

 

おしながき

一楽ラーメンといえば、「松島店」 然り、「名島店」 然り、僕の中で ”味噌ラーメン” のイメージが強いのですが・・・

こちらの志免店、そして今は無き ”九産大前店” は、”とんこつラーメン” というイメージがあります。

そして志免店には知る人ぞ知る、唐揚げ定食 という名物メニューも。
シェアして楽しむことにします^^

ちなみに店内のアチラコチラにこんな貼り紙が。

この時点(2018年7月)は、ラーメンと唐揚げ定食のみの提供となっておりました。

 

ピシャリと仕上がった王道の一杯。キッチリ旨くて450円というお値打ち価格!

こちらがデフォの ラーメン。
掠れてきた丼の雷紋柄が、なんとも風情ある一杯です。

早速スープをズズっと・・・うん、旨い♪(´ε` )

とんこつらしい力強さを感じさせつつ、適度に丸みを帯びた実にバランスの良い味わい。

過不足の無いタレの決まり具合も実にイイですね~

麺はカタメンでオーダー。
シュルっとバシっと♪啜り心地の良い細めのストレート麺も良い塩梅です。

具材は多めのネギ&チャーシューとシンプルな構成。

450円というお値打ちプライスで、これだけの満足感が得られるなら言うことナシですね!

単に安いのではなく、キッチリとウマイ一杯を楽しめる。
しかもリーズナブルという感じです (^o^)

 

唐揚げ定食

こちらは志免店名物の 唐揚げ定食

香ばしく揚がった唐揚げが6個も乗った、ボリューミーなメニューです。

そして圧倒的に目を引くのが・・・大量のマヨネーズ^^;

アップにしてみると・・・この量。どんなマヨラーも納得の量でしょう(笑)

唐揚げをガブリ。
ハードなクリスピー仕様の衣は、ガリガリ系でかなりインパクト強めです。

しっかりと下味が付いた濃いめの味+マヨをチョイチョイ。
そりゃ~ゴハンが進んじゃいます^^

実に大胆にして個性的なメニュー。

是非ともラーメンとシェアして、一度は味わってみてくださいな~


 

ビシッと王道ど真ん中の とんこつラーメン と、溢るる個性が止まらない唐揚げ定食。

志免店にきたなら、両方をチェックしてみて欲しいですね (^^ゞ

ただし一人で食べるにはかなりハードです。

2品でシェア。もしくはそれぞれにラーメン、唐揚げ定食をシェアが正解かも?

マヨは完食しなくて大丈夫ですよ(笑)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

一楽ラーメン 志免店