いきなりステーキは本当に安いのか? 競合を調べて&食べて検証してみた【2018最強版】

<目次>

いきなりステーキ店舗情報(アクセス、お店の様子、おしながきなど)

実食レビュー
CAB アンガス牛サーロインステーキ
リブロースステーキ(マイリブ)
ワイルドハンバーグ
トップリブステーキ
ワイルドステーキ

特別企画①:知っ得!5つのお役立ち情報

特別企画②:いきなりステーキは本当に安いのか?(競合ブランド比較&レビュー付)
フォルクス
ロイヤルホスト
ステーキガスト

特別企画③:これでもう迷わない!お店選びのフローチャート


 

文字通り「前菜などはナシで」「いきなりステーキ」を食べるというコンセプトで人気を博すこちらのお店。

初回に訪問した「イオンモール筑紫野店」に続き、「福岡和白店」「福岡天神店」など、複数回に渡って訪問してきましたので、統合版としてレポートさせていただきます。

今回のレビューでは、5種のメニュー紹介に加え

特別企画①:知っ得!5つのお役立ち情報

特別企画②:いきなりステーキは本当に安いのか?(競合ブランド比較&レビュー付)

特別企画③:これでもう迷わない!お店選びのフローチャート

といった3つの企画を文末にプラス!
是非ともご覧ください (^^ゞ

 

アクセス

天神西通りの舞鶴寄り、西鉄グランドホテルの向かいにお店があります。

 

店舗外観

これまでに訪れた「イオンモール筑紫野店」「福岡和白店」に比べるとコンパクトなサイズ。

しかし場所柄もあり、頻繁に行列ができています。

この日も到着時点は待ちが無かったものの、スグに結構な行列になりました。

 

店舗内観

筑紫野や和白は席に着いた後、カット場にオーダーしに行く形でしたが、天神店では店員さんがオーダーを取りに来ました。店によってちょっとルールが違うのかな?

ちなみに「立ち食い」がクローズアップされるこちらのお店ですが、ちゃんとテーブル席もあります。

比較的立ち食いスペースは空いていて、テーブルが埋まっているというのがこれまでのパターン。

天神店は両方埋まっていましたが、タイミングよくテーブルに案内されました。

面倒くさがりのめんむすびは、ネタより楽を優先して初回からテーブル席を待つというあるまじき行為(汗)

そして未だに一度も立ち食いしていないという・・・そこは立ち食いしとくべきやろ^^;

 

卓上調味料

卓上にはステーキソース(基本・甘口)山葵ニンニクドレッシングなどがアレコレとあります。

 

おしながき

こちらは2018年8月時点のお品書き。

まずは平日15:00までの、ランチメニュー
ワイルドステーキ&ワイルドハンバーグが主力メニューです。

ステーキは、300g=1,390円(税抜)ライス・サラダ・スープ付き。

部位はチャックアイロールと書いてあるので、肩ロースにあたります。

ランチセットB(ライス・サラダ・スープ)が400円とのことなので、ステーキ部分の仮想定価は990円!

1グラムあたりの単価は、3.3円!?
ちと強引な算出かも知れませんが、相当安いですね^^;

※サラダの量が異なるなど、厳密にはセットBとは異なるかも?

グランドメニューは部位によって価格が異なり、1グラム=約7~9円でオーダーできます。
(ランチタイムは3種の部位&定量カットのみ提供)

こちらはライスやサラダが別料金となります。

 

スープ

まずはサラダとスープが登場。
例の如くヌルいのが気になるスープ(汗)

端切れのお肉がちょこ~っと入っています。

サラダは2種のドレッシングで。まぁ、ごく普通です^^;

 

①CAB アンガス牛サーロインステーキ200g(8.2円/1g)=¥1,640

今回は文末で「いきなりステーキは本当に安いのか?(競合ブランド比較)」を行うため、お肉のランクを合わせるために、「部位=サーロイン相当 / サイズ=200g」と設定。

こちらのアンガス牛サーロインをベンチマークとして比較してみたいと思います。

300g~を推奨するいきなりステーキの中では小ぶりでしょうが、なかなかのボリューム感です。

ミディアムレアでオーダーしたところ、カットした断面はこんな感じ。

年をとると激レアはキツイので、これ位は火が入って欲しいかな(笑)

ポットに入ったソースをかけて・・・いただきます!
うん、ウマイ (^o^)

いわゆるファミレスクラスのお肉という感じ。

和牛の様な濃厚さや、とろける柔らかさはありませんが、しっかりステーキとしての醍醐味を楽しめます♪

脂控えめのアッサリとした味わいなので、200gでもペロリといけちゃいますね~

確かにライスすら付けず、大ぶりの赤身肉だけ食べていたら痩せそうな気はしてきます(笑)

お手頃とは言え結構なコストがかかるので、僕には無理ですが^^;

ちなみにステーキソースにはご注意を。

鉄板が熱々なので結構跳ねます。塩気も強めなので、少し控えめにかけた方が良いかも知れません。

 

②リブロースステーキ(マイリブ)300g(6.9円/1g)=¥2,070

続いてはリブロースを。
いきなりステーキではトップにリコメンドされる看板商品(だと思われる)部位。

1g=6.9円なのでサーロインより1.3円(300gなら390円ほど)お手頃な設定です。

さすがにサーロインに比べると噛み応えが増しますが、「まさにアメリカンなステーキ」という感じでなかなか^^

味と食べやすさ価格設定のバランスが強みですね♪

 

③ワイルドハンバーグ300g=¥1,100

続いてはお初のワイルドハンバーグ

こんがりと焼き上げたところに、特製のオニオンソースをかけていただきます。

良く言えば肉肉しさが、ぶっちゃければボソッと感があり、ちょっと好みがわかれるかも^^;

ただこのボリューム感プライス(ライス・サラダ・スープ付)を考えると、コスパはまずまずかな(笑)

でもソースとのマッチングはなかなか。ゴハンがモリモリ進みますよ~

 

④トップリブステーキ300g(7.3円/1g)=¥2,190

こちらは少し前に福岡和白店でいただいたトップリブ

いきなりステーキのリブは・・・
トップリブ=7.3円/1g
リブロース(マイリブ)=6.9円/1g ←上記②のメニュー
ミドルリブ=6.6円/1g(未食)

という3種があり、値付けもやや異なります。

食べた印象としては、「うん、確かにそれぞれ値段なりかな?」といった感もありますが、シャッフルしたら気づかないかも知れません (^^ゞ

 

⑤ワイルドステーキ 450g(※4.1円/1g)=¥1,850

こちらは筑紫野と福岡和白店でいただいたランチメニュー。

パッと見、硬そうに見えましたが・・・おおっ、思いのほか食べやすい感じ。

とは言えそこは、当然ながらお値段なりのお話。

柔らかいお肉を楽しむというより、ガッツリ&ガッシリと味わうイメージです。

しかしながらライス・サラダ・スープ付で、300g=1,390円450g=1,850円というプライスは魅力。

いきなりステーキにおける真骨頂のひとつと言えるかもしれません。

ちなみにこちらは和白店で食べた「ガーリックライス

ライス単品=200円、ガーリックライス=200円。

なぜか同額という不思議な設定。お味は・・・まずまず^^;

 

特別企画①:知っ得!5つのお役立ち情報

裏技などが色々と語られることも多いいきなりステーキですが、中でも有用と思える情報だけを5つ集めてみました^^

 

①お好みガーリックライス作り

鉄板の再加熱OK”というシステムを利用した有名な裏技

色々と作法があるようですが、めんむすび流はこちら

ライスをお好みの量残しておく(追加するという手も)

ステーキの端っこなど、ちょっと食べにくい部分を残しておき小さくカットする

③カットしたお肉、付け合わせのコーンなどを一旦ライスの上に避難する

④空の鉄板を「再加熱お願いしま~す!」と店員さんへ

⑤熱々の鉄板に、ステーキソース少々と卓上のニンニクを乗せ→ライス&具材を投入

⑥全体を、よ~くマゼマゼ→コショウなどで調味して完成!

ソースがしょっぱいので入れ過ぎにはご注意を。(ソースのはねにも)

付け合せをオニオンかコーンにしておくとベストかも知れませんね^^

 

②お得重視ならランチタイム狙いで

ランチメニューには「Bセット(ライス・サラダ・スープ)」が付くのでかなりおトク。

ランチタイムも定量カットでグランドメニューをオーダーできますが、セットは別料金となります^^;

数量限定「乱切りカットステーキ」は、
200g=1,100円、300g=1,650円”5.5円/1g” とリーズナブル!

いい部位が入っていることもあるとか♪
ただ売切れていることも多いです^^;

ちなみにランチは平日~15時まで
「土日祝日ランチ実施店舗」「ランチ延長店舗」は、現時点で福岡には無いようです(汗)

 

③ガルニのチェンジ

付け合わせはデフォで「コーン」が付きますが、ブロッコリージャガイモなどに変更することができます!
+100円で追加することも可能)

 

④立ち食い?座れる?(写真は和白店)

”立ち食いステーキ”として知られていますが、座って食べることが可能です。

福岡の3店舗(天神・和白・筑紫野)を周った限り、お店や時間帯によって異なるようですが・・・

おそらく意向に沿って案内してくれるパターンが多いと思われます。

(座りたいけど満席の場合=空くまで待つといった感じ)

一人でササっと食べるなら立ち食いがスムーズ。人と一緒ならテーブルがイイかも?

 

⑤肉マイレージカードはとりあえず作っとくべし

ドリンク無料誕生月にステーキプレゼントクーポン進呈などの特典が!

詳しくは公式情報をチェック

「次回行くかどうか?」迷っても作っておきましょう。
かく言う僕らは3回目にしてようやく作りました^^;

”使った金額ではなく、食べた肉の量で貯まる” 点がポイント!

肉質(単価)関係なし=ワイルドハンバーグが効率よく一番貯まるということになるようです。

※シミュレーション
ワイルドハンバーグ(1,100円・300g)×10回ゴールドカード

1.来店ごとに「ソフトドリンク1杯無料」=300円(×来店回数)
2.ランクアップ時に「1,000円クーポン」=1,000円
3.誕生月に「USリブロース300g」=2,070円

つまり11,000円→3,370円相当(30%以上)のリターンということに!?
※税抜かつ詳細は除いた概算額です

確かに効率は抜群ですが、ハンバーグだけ食べ続けるはキツイかも(笑)

 

その他

・ライス大盛は無料。おかわり無料は終了したとの噂。(店によって異なるとの説も)

・ちなみにランチメニューをライス抜きにすると100円引き

持ち帰り(テイクアウト・食べ残し)もできる

せっかくなら少しでもおトクに楽しみましょう^^

 

特別企画②:いきなりステーキは本当に安いのか?(競合ブランド比較&レビュー付)

さてさていよいよ本題の 「いきなりステーキは本当に安いのか?」 という点。

そこで福岡の主要なファミレスのお値段(税抜)を比較してみました。
こんな感じです!

※1:部位はサーロインとのこと
※2:部位の詳細不明
※3:部位は肩ロースとのこと
※4:200g~オーダー可
※5:300g~オーダー可
※6:チャックアイロール(肩ロース)/300g~オーダー可、ランチタイムは、ライス・サラダ・スープ付
※近しいクラスのメニューと量で比較しておりますので参考までに (^^ゞ

 

200gクラスのサーロインをファミレスで食べると、約2,500円程度は必要です。

概ね、1gあたりが10~12円程度のところ、いきなりステーキは ”8.2円” という設定!

20~30%程度安いという計算になります。

単純に考えて、他店ではグラム単価が1.3~1.5倍ほどになるため結構違いますね。

さらに部位を変えると、5.7~7.3円/1gと更にリーズナブル。

さて今回は価格のシミュレーションに留まらず、競合3店舗も食べ比べてきましたので合わせてレポートします♪(´ε` )

 

フォルクス
熟成サーロインステーキ200g(12.4円/1g)=¥2,480

肉系ファミレスと言えばやっぱりフォルクス!
オーストラリア・グレインフェッドビーフ」のステーキを味わえます。

ポイント①サラダバー/スープバーに加え、・焼きたてパン食べ放題のセットメニューも楽しめる。(別料金)

ポイント②ソースが旨い!オニオンソースに加え、3種から1種を選べる

ポイント③ファミレススタンダードな空間なのでゆったり食べられる。サービスもキッチリ。

※肉質:いきなりステーキ(アンガス牛サーロインステーキ)と概ね同等のイメージ(ロイホよりチョイ上かな?)

 

ロイヤルホスト
ロイヤルアンガスサーロインステーキ225g(11.0円/1g)=¥2,480

福岡では特に高い人気を誇るファミレスの王者!

CAB アンガスビーフ・チルド」を使用したステーキが楽しめます。

ポイント①雰囲気が良くゆったり食べられる。接客などのサービスもマル

ポイント②ソースが旨いドミグラスバターソースなど4種からソースが選べる

ポイント③同伴者がドリアやカレーを選択できるなど、メニューのバラエティーが豊か

※肉質:いきなりステーキ(アンガス牛サーロインステーキ)と概ね同等のイメージ

 

ステーキガスト
熟成赤身ログステーキ レギュラー225g(7.1円/1g)=¥1,599

ファミレス業界に価格破壊を起こした革命戦士ガスト。

こちらはステーキを専門に格安で楽しめるセカンドブランドです。

ポイント①部位がサーロインではなく肩ロースであり条件が異なるが、いきなりステーキクラスの格安価格帯。

ポイント②ステーキをオーダーすると、サラダ・ライス・パン・カレー・デザートなどが食べ放題になる。

ポイント③フォルクスやロイホに比べるとサービス品質は下がるが、席はいきなりステーキより広め。

※肉質:いきなりステーキ(ワイルドステーキ)に比較的近いイメージ(ワイルドがチョイ上かな?)

 

それぞれに異なる強みがありますね(^o^)

 

いきなりステーキの特徴は・・・

肉質の割に価格がリーズナブル。シンプルに「コストを抑えて、ガッツリ肉を食べる」感じ。

②好みや懐具合に合わせて多くの部位から選べる

③立ち食い又は狭いテーブル席なので、ゆっくり食べられない

という感じでしょうか?

 

特別企画③:これでもう迷わない!お店選びのフローチャート

で、結局どれがおススメなの?」という部分ですが・・・
ニーズによって異なる」というのが僕らのアンサー。

そこで、こんなものを作ってみました(^^ゞ

あなたにピッタリなのはどのお店でしたか?

味、価格、環境などが上手く好み利用シーンにかみ合うと、満足度が高くなるでしょうね^^

話題のいきなりステーキは、肉好きなら一度試しておきたいお店です。

誰かも言っていましたが 「日本人は分厚いステーキを食らうと、気分だけでも元気になるもんだ!」 というのは納得(笑)

「キツイな~」 「パワーつけたいな」 という時に、ガッツリいくのがおススメです♪( ´▽`)

 

予告

福岡でチカッパおトクに肉を食べる方法 厳選○店(仮)
coming soon…

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。