【長浜屋台 一心亭 本店@中央区長浜】 博多で広く・長く愛されてきた普段着の魅力

中央区長浜にある、「長浜屋台 一心亭 本店」 をご紹介します。

こちら長浜の本店を始め、博多区那珂、早良区小田部、城南区干隈、糟屋郡志免町など、幅広く展開しているブランド。

支店・FC・のれん分けなど、その詳細は不明ですが、博多でも名が通った存在だと思います。

 

【1回目】 2017年1月 ラーメン


トンコツ感をキッチリ楽しめすスープ。 軽やかだけど中々コクのある味わいが魅力

個人的には、「一九ラーメン」 「しばらく」 「長浜御殿」 「福一ラーメン」 と共に、飾らない・普段着の博多のとんこつラーメンとして、広く・長く愛され続けてきた存在というイメージ。

人それぞれに馴染みと贔屓があるのではないかと思います (^^ゞ

今回は長浜屋台 一心亭 本店へ行ってきました。

 

アクセス

お店の場所は、長浜鮮魚市場の近く

那の津通り沿い 舞鶴小学校前交差点のそばにあります。

もう少し西公園寄りに行くと、「元祖 長浜屋」 「長浜将軍 長浜本店」 「元祖ラーメン長浜家」 「長浜ナンバーワン」 といった長浜系のメッカが。

那の津通りを挟むと、「長浜屋台やまちゃん 天神店」 や 「呉朝明」 といった、これまた有名店があります。

 

店舗外観

大きな赤いテントに、大きな白文字が目立つファサード。

お店の前が専用の駐車スペースになっています。

 

店舗内観

結構広い店内。

長いカウンター席テーブル席があり、中央にはおでんコーナーもあったりします。

 

卓上調味料

卓上にはコショウゴマ、紅ショウガ等々、定番のセットがズラリと並びます。

 

おしながき

ラーメンは基本、とんこつ1本!

月見もやしラーメンといった、イニシエ系のお店でなければなかなか見られなくなったレアメニューもありますよ^^

ギョーザやおにぎりが付くちょっとお得なセットもあり。

今回はシンプルにラーメンをいただきました。

 

トンコツ感をキッチリ楽しめすスープ。 軽やかだけど中々コクのある味わい

あっという間に着丼。

この早さが嬉しいですね~

ではでは早速スープをズズっと・・・うんうん、なかなかコクのある味わいです。

やや優しめの塩梅だったので、少しだけタレを足してみると、ビシッと僕好みに♪

さらりと軽やかでありながら、薄い・シャバいとは無縁のキッチリした仕上がりです。

とんこつらしさもプンとしつつ、変にくさくないので食べやすいタイプだと思います。

 

独特の風味がクセに? 気になる? 定番の細麺ストレートをカタメンで

麺は定番の細麺ストレート

カタメンでお願いしたところ、スルリとしなやかでいい感じの仕上がりでした。

ちょっと独特の麺の風味が気になるかな?

ここは好みが分かれるところかも知れません。

 

昔ながらのシンプルなチャーシュー。 これはこれで、なんとも味わい深いかも

チャーシューはややギシッとした昔ながらのタイプ

逆に昔ながらの王道スープには、合うとも言えますね~

後は青ネギのみとこの上なくシンプル。

お好みでゴマや紅ショウガなどをプラスしつつ、楽しむのもおススメです。


 

エクストリームな一杯にはない、ゆったりとした世界観が魅力。

とは言え、「薄い」 「シャバい」 とは無縁、キッチリとトンコツ感を楽しませてくれる安定感があると思います。

やや褐色がかったスープ、歯切れだけに大きく寄らない麺の仕上がり。

長浜屋台という名を冠したお店ですが、個人的なイメージは長浜と博多のイイとこ取りといった感じかな (^^ゞ

長く愛され続けてきた、普段着の味わい。

ファンならずとも、一度お試しいただきたいですね。

 

良かったらいいね!お願いします♪

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

長浜屋台 一心亭 本店

昼総合点★★★☆☆ 3.3