【博多一双 中洲店@博多区中洲】 あの人気店の味を中洲のど真ん中で楽しめる!

博多区中洲にある、「博多一双 中洲店」 をご紹介します。

豚骨カプチーノ” と呼ばれる濃厚なとんこつスープが特徴。

博多駅東の本店には、旅行者&地元客を含め長蛇の列ができる人気店です。

 

2018年9月 チャーシューメン

安定感高し&入店スムーズ♪ 僕と好相性な中洲店で今夜もチャーシューメン

現在はこちら中洲店、本店祇園店3店舗を展開しています。

今回はお久しぶりに中洲店を訪問。

早い時間帯の中洲店はサクっと入れるから立ち寄りやすいんですよね~^^

 

アクセス

お店の場所は、中洲のど真ん中!

中洲1丁目の交差点から、中洲中央通りを進むと、1つめの交差点そばにお店があります。

近隣には、ルーツである 「博多一幸舎 中洲店」や、同じく一幸舎をルーツとする 「麺屋 はし本 中洲店」 など、数多くのラーメン店があります。

 

店舗外観

本店と同じく、重厚な木目の看板がシブいですね^^

外から見通しが良いので入りやすいのも良いと思います。

 

おしながき

こちらは2018年9月時点のラインナップ。

食券制なので、入って右手の券売機へ。

ラーメンはとんこつ1本
チャーシューメンワンタンメンなどトッピングのバリエーションはありますが、シンプルな構成です。

前回、祇園店で食べたまかない丼” は中洲にもあるようです^^

博多一双 中洲店 (3)

 

店舗内観

厨房前と壁面、それぞれにカウンター席があります。

シンプルですっきりとした内観です。

 

卓上調味料

卓上には、ゴマタレニンニクなどフルラインナップがスタンバイ。

辛子高菜、白いショウガもあります。

辛口の高菜はおススメなので、後半または替玉時に是非ともお試しあれ^^

 

上質な濃厚カプチーノとんこつに魚介の旨味をプラス♪ 王道と進化を両立した一杯

スムーズに着丼。

うんうん、ブクブク感が表層を覆うとんこつカプチーノ状態です。

とんこつの力強い香りが立ち上るスープをズズっと・・・うん、旨いっ^^

ビジュアルから凄まじいまでの”ド豚骨”をイメージしますが・・・

パンチはしっかり有りつつ、意外に後口は重くない秀逸なバランス感。

飲みの〆でもスムーズに頂けそうな味わい。

とは言えもちろん、カテゴリ的にはきっちり濃厚に位置するタイプです。

コクマロなとんこつスープを、魚介の旨味が効いたタレで仕上げた実にバランスに長けた一杯。

王道の味わいながら、しっかり進化形の華やかさを持ち合わせているあたりがニクイですね♪

 

定番の一歩先へ。しなやかさと滑らかさが印象的な多加水の平打ち麺を使用!

一双の麺は、細めの平打ち

低加水が定番の博多とんこつにあって珍しい、ツルリと多加水タイプの仕上がりが面白いっ。

一双のルーツである、一幸舎が営む ”製麺屋 慶史” 謹製の特注麺です。

小麦の風味と、しなやかで滑らかなコシを存分に楽しめるチューニング♪

僕はカタメンでオーダーしますが、単にサクサクのシンプルな麺とはひと味もふた味も違います^^

啜り心地のど越し共にバツグンです。

 

素材の良さが際立つ、スープと良く馴染むバラチャーシューが旨いっ

具材はチャーシュー、海苔、キクラゲ、青ネギとシンプル。

赤身と脂身のバランス感が実に見事なバラチャーシューにも表れている通り、素材の良さもポイント。

過度に厚すぎず、スープと良く馴染むこのチャーシューが旨いんだなぁ~(^^ゞ


 

やっぱり中洲店とは相性が良いみたいで(笑)

今回も安定して、一双の魅力をきちっと感じさせてくれる一杯でした。

もちろん一番多く訪れているのは間違いなく本店なのですが・・・
最近は行列が気になって(汗)

その点、早い時間の中洲店はサクっとスムーズに入れるのが嬉しいですね。

大行列は苦手・・・でも、一双を濃厚とんこつを楽しみたい!
という方には、中洲店がおススメです。

流石に昼の営業はありませんのでご注意を(笑)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

博多一双 中洲店