【一鉄@中央区六本松】 味噌とんこつの決定版! 名物の餃子もマストで味わうべし

中央区六本松にある、「一鉄」 をご紹介します。

チャンポンのメッカである六本松エリアで人気を博すお店。

とんこつラーメンはもちろん、チャンポン味噌ラーメン餃子などを楽しめます。

 

2 みそチャーシューメン(2018年10月)

”和して同ぜず” スープ・麺・具材、各々の個性が丼の中で高め合う一杯!

甘いタイプ」 「塩っぱいタイプ」 「渋めのタイプ」 などなど。

醤油と並び、私たちにとって最も身近な存在である ”味噌” は

ある意味、醤油以上に好みが分かれるメニューだと思います。

冬になると恋しくなる味噌ラーメン。

「味噌ラーメンにも、醤油に負けない位のバラエティーが!?」

という訳で、今年はシーズンの間に ”お気に入りを一巡してみよう” との目論見 (^^ゞ

まずはお久しぶりの一鉄から行ってきました♪

 

アクセス

202 別府橋通り城南線が交差する、六本松の交差点からほど近く。

セブンイレブンからチョイと、大濠公園方面に入った路地の中にお店があります。

 

店舗外観

赤いテント?が目印。

看板、暖簾、額縁、提灯など、”一鉄” の文字がガッツリ打ち出されてます^^

駐車場は有りませんが、周辺には多くのコインパーキングがあります。

 

店舗内観

幅広い年代のお客さんで賑わう店内。

手前にはいくつものテーブル席が、左奥にはカウンター席があります。

アットホームでゆったり食べられる雰囲気です^^

 

卓上調味料

卓上には、コショウ、一味唐辛子、柚子胡椒などがあります。

 

おしながき

麺メニューは、とんこつ・味噌とんこつ・チャンポンの3本柱。

出ましたな、人気店3本柱の法則♪

名物の餃子をガッツリ楽しめる餃子定食や、麺とのセットメニューもあります。

 

質実剛健! この外連味のなさにホレボレする、力強く頼もしい味わい

結構混んでいたので少々待っての着丼。

よよっ♪ 待ってました^^
こちらが、みそチャーシューメン です。

山盛りモヤシの周囲に、数え切れないほどタップリのチャーシューが。

惜しみなく盛り込まれて、+230円というお値打ち設定!

「マジですか!?これでチャーシューメン!?」
というお店にも、見習って欲しいですな(笑)

まずは味噌の香りが食欲をかき立てるスープから・・・うん、旨いっ♪(´ε` )

ルーツである 「一楽ラーメン(どの一楽かは分かりませんが^^;)」 に通ずる、”ズバン!” と力強く頼もしい味わいがステキです。

ベクトルは共有しつつ、一楽よりグイっと強めの打ち出しというイメージ。

改めて僕の好みのタイプやわぁ~(^^ゞ

博多伝統の味噌という雰囲気を持ちながら、枯れた感じはなし。

かといってエクストリームな方向に走ることもなし。

質実剛健、しっかりと地に足がついた実直な味わいにホレます♪

 

慣れ合わず、高め合う。 パワフルスープ&麺のコラボレーション

合わせるのは、モチっとした弾力感力強いハリを楽しめるストレート麺

この麺の存在感がコレまた実に・・・僕好み♪( ´▽`)

安易にスープに迎合することなく、両方が存分に己の存在感を発揮!

和して同ぜず” ともに高め合うライバルのようでもあります(笑)

札幌味噌ラーメンのブリブリ太めのちぢれ麺とは、大きく異なる魅力が。

とんこつ+バリカタを食べて育った博多っ子にピタリとハマる組合せだと思います^^

 

スープ&麺の旨さを余さず引き出すモヤシと、惜しみなきチャーシュー♪

それぞれに存在感を放つ二人の仲を取り持つのが、シャキっと歯ごたえの良いモヤシ^^

力強いスープの味わいを適度に中和し、モチっと食べ応えある麺のアクセントに♪

このモヤシがクッションになることで、それぞれが良さを発揮できているといっても過言ではないでしょう。

しかも・・・そこに参戦するのは、小ぶりながらシットリ&ジューシーウマウマチャーシュー(о´∀`о)

ひと口ごとに1枚いってもいいほど、数えきれないほど惜しみなく盛られてます。

もはやカオス。

スープ&麺モヤシ&チャーシューのタッグマッチの様相(笑)

一方的にK.O.するのではなく、皆がそれぞれの力を尽くしたうえでの大団円!

ボリューミーな一杯を食べ終える時には、どこかカタルシスさえ感じます。

※自分で書いていて、ちょっと意味が分からないのでスルーしてください^^;

 

餃子

こちらは単品の餃子

あ~っ、これは見た目からして間違いないヤツ♪

ちょっとグラマラスで厚手の皮が艶っぽいですなぁ~

ガブっとイケば・・・ムハ~っ、こりゃウメエ♪(´ε` )

ラーメンと餃子、双方に通ずる一鉄のスピリッツ!

飾り気は全く無いけれど、まさに本物の旨さ。

薄皮の一口餃子だけが博多ではないのだ!

そう思わせる説得力が、この一皿にはあります^^

翻訳=一鉄に来たら、マストで餃子は食べとこう!


 

スイマセン・・・後半はウッカリわるいクセが(汗)

というか改めて、一鉄メッチャ旨いわ\(^o^)/
控えめに言って、バリバリ旨いわ~~

どっちかと言えば濃いめでパンチの効いたタイプですが、札幌の純すみタイプとも大きく異なる仕上がり。

一言でいうなら、「博多のコッテリ派にジャストフィットする味噌」 という感じかな~

ニンニク&ショウガ&ラードがゴリゴリ効いたタイプはちょっと苦手・・・

でも、甘くてサラリと和み系では物足りない・・・
そんなアナタに贈ります!

なんだかんだで毎回味噌なので、次回こそはチャンポンを。

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 みそ豚骨ラーメン(2015年10月)

一鉄 (1)

甘めでふっくら豊かな味わいの味噌豚骨。九州人なら誰もがほっこり♪

 

以前から気になっていた、一鉄@六本松

味噌とんこつラーメン、チャンポンが評判のお店です。

博多には味噌を売りにするお店が少なく、特に ”北海道” という色合いを持たない店舗となるとかなり限られます

一風堂 IPPUDO TAO FUKUOKA@天神

麺家一清@荒戸

麺場 彰膳@松島

あたりかな~?

福岡は「けごんらーめん」や、「味噌★マニアックス」といった、メチャウマな味噌の専門店でさえ、苦戦するという不可解な土地柄です (/_;)

それだけに味噌とんこつとは中々レアなジャンル。

タイミングが合ったので、ようやく訪問してきました~

 

店舗外観

一鉄 (5)

明るくモダンな印象的なファサードです^^

残念ながら専用駐車場はありませんが、お店の少し先にコインパーキングがあります。

 

店舗内観

一鉄 (7)店内ほそれほど広くないものの、カウンター席テーブル席があります。

庶民的な雰囲気で落ち着く感じ^^

 

おしながき

一鉄 (6)麺メニューは、とんこつ・味噌とんこつ・チャンポンの3本柱。

出ましたな、人気店3本柱の法則♪

どうやら餃子も名物のようで、餃子定食なるメニューも。
これも気になる~(^^ゞ

色々と気になるアイテムがありますが、この日は大人しくお目当ての「みそ豚骨ラーメン」でお願いしました。

 

甘めでふっくら豊かな味わいの味噌豚骨。九州人なら誰もがほっこり♪

一鉄 (1)スムーズに着丼。
モヤシをメインとした野菜がタップリと盛られたボリューミーなビジュアル^^

ではではスープから・・・うほっ♪結構甘めで何ともふくらみのある味わいです。

純すみ系のような、表層をアッツアツのラードで覆ったタイプとは異なる、ほっこり優しい味わいがなんとも九州らしくてイイですね~(^^ゞ

それでいて、味噌ラーメンに求める力強さもキッチリと。

ふっくら豊かな味わいは、老若男女誰にでも喜ばれそうなタイプですよ~

甘めの味噌スープだけに、一味唐辛子は滅法合います!

 

優しめ味噌スープ × ソフトな中太麺がバランス良し♪

一鉄 (3)麺はストレート中太麺
ソフトな口当たりで、チャンポン麺のようなイメージです。

スープが優しい系なので、食感が硬め or これ以上太かったらバランスが崩れそうですが、「優しめ×ソフトな太め」なので、バランス感もバッチリ♪

食べ応えも抜群です^^

 

タップリ野菜のボリューム感がステキ♪何気にチャーシューもウマいっ

一鉄 (2)シャッキリと炒められた、タップリモヤシ、玉ねぎ、ニンジン♪

かなりのボリューム感で、ある意味ちょっとした味噌二郎”ライクとも言える一杯です(笑)

チャーシューはガシッと肉肉しいタイプ2枚オン。

失礼な言い方ですが、コレが見た目よりグッとウマかったぁ~ (^^ゞ


 

期待を裏切らない満足感でした♪

決して派手なタイプでは無いものの、誰もが安心して食べられるホッコリ系の一杯です^^

こちらの店主さんは、名島にある「一楽ラーメン」で修行したという噂。

なるほど納得!一楽の味噌、ウマいですよね~

久しぶりに一楽にも行きたくなったな~(^^ゞ

次回の一鉄では、もう一つの気になるメニュー ”チャンポン” を頂きたいと思います。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

店舗情報はこちらから

一鉄