【中華そば 寿限無@中央区高砂】 受け継がれるイズム! 温故知新のバリウマ中華そば

中央区高砂にある、「中華そば 寿限無」 をご紹介します。

2017年8月にオープンした一幸舎出身の店主さんが営む中華そばのお店です。

 

2 味玉らーめん(2018年2月)

オープンから早半年。
多くの麺ファンが訪れている様子をSNSなどで拝見していると、リピしたくなり久しぶりに行って参りました。

詳しくはこちらをタップ
アクセス

高砂1丁目の路地の中。
FBSの斜向かいにあるセブンイレブンの横から入った少し先にお店があります。

最寄りには、
中華そば 鶴と亀や、行列カレー店 GARAMなどがあります。

 

店舗外観

シブい雰囲気のファサード。
何といっても目を引くのは、子どもの背丈より大きな提灯!

これはインパクトあります^^

 

おしながき

食券制なので、まずは入って右手の券売機へ。

メニューは基本、中華そば一本!

チャーシュー味玉トッピングはありますが、極めてシンプルな構成です。

太めの麺を使用しているので、替玉・硬さの指定は無し

オープン当初にはなかった「大盛」が登場しています。

バリエーションの幅が広くなった福岡のラーメンシーン。

お店を問わず 「カタメン」とか言っちゃうのは、避けたほうがよいでしょうね^^;

 

店舗内観

木目をふんだんにもちいた清潔感のある店内。

非常に立派なカウンター席のみでの展開となるようです。

何といっても驚きは店内BGM

落語好きな店主さんのようで、BGMに落語が流れる粋な雰囲気です。

 

卓上調味料

卓上にはシンプルにコショウのみ配置。

やっぱコショウはギャバンですな~♪

シャレた缶なので、海外のブランドだとばかり思い込んでいたら・・・

実は日本のメーカーと知って、むしろ愛着が湧きました (^^ゞ

 

誰もが楽しめるバランス感。ボリュームも美味しさのうちというくらい満足感の高い一杯♪

久しぶりのご対麺。
と言っても、間で1回訪問しているので3ヶ月ぶりくらいかな?!

キチッと盛り込まれたビジュアルが好印象です。

着丼時点から鼻をくすぐるスープの良い香り♪
一口目からガツンと言うよりは、飲み進めるほどに旨さが加速していくタイプです。

動物系と魚介系のダシは、優しくも力強い味わい。
オープン当初の方がより醤油ダレがクッキリ効いていたイメージです。

今はスッと身体に染み込むようなバランス感で組み立てられている、そんな感じかな!?

麺は結構太めのエッジが効いたストレート
モチモチとした食感が、噛むほどにスープの旨味と相まって旨さを加速させます。

結構ボリュームもあるので、デフォでもかなり満腹に。
これで大盛にしたら、お腹がエライことになっちゃいそうです(笑)

今回は味玉らーめんにしたので、玉子がプラス。
デフォでもチャーシュー、メンマ、ほうれん草、のり、ねぎ、なるとと充実した構成です。

玉子はマルっと1個入っており、割ると絶妙なトロリ感の黄身がお目見え。

半分はラーメンと、もう半分はご飯をオーダーしてごはんと一緒に食べても良さそうです。

チャーシューは結構厚めカットのものが2枚。
ホロリと肉感のバランスが絶妙です。

メンマやホウレン草なども、異なる食感や味わいが楽しめて一杯を通じて飽きませんね♪

スープが染みた白ネギがこれまた美味しいんですよね~。


 

今回も楽しめました。

ズバッと明快なタイプが好みですが、より誰もが楽しめるチューニングかと思います。

でもホント、福岡で色んな醤油ラーメンが楽しめるようになりましたね~(*^▽^*)

一口に「醤油ラーメン」と言っても、醤油が強いタイプ、ダシ感を打ち出したタイプ、バランスの良いタイプなどなど。

自分好みの一杯を探せるほど、福岡にはたくさんの醤油ラーメンを提供するお店が登場しています。

ぜひ貴方好みの一杯を探してみては如何ですか?(*´▽`*)

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 味玉らーめん(2017年8月)

素直で心和む味わいに思わず頰が緩む♪ 懐かしさとアグレッシブさを併せ持つ一杯

2017年8月にオープンしたばかりのニューカマー。

一幸舎出身のご主人が営む、中華そばのお店です。

8/15(火)いよいよオープンとの情報を聞きつけ、早速訪問してきました。

 

素直で心和む味わいに思わず頰が緩む♪ 温故知新の中華そば

太めの麺を使用しているので、少々茹で時間が必要です。

いよいよ登場。
おおっ! なんともステキなビジュアルですね~

ナルト、メンマ、海苔などが、グッと世界観へと引き込みます。

ではではスープをズズっと・・・うん、旨いっ♪

ゆったり穏やかな口あたりと、深く力強い旨味がバランス良く折り合った一杯。

思わず頰が緩んじゃいますね ( ´▽`)

どこか懐かしい雰囲気だけれど、古さは微塵もナシ

動物系&魚介系のダシ感がバランス良くまとまり、醤油ダレがズバッと輪郭を描きます。

 

これは思い切ったチョイス! ツル&モチ感を楽しめる太めの麺がイイ

麺は結構太めストレート
スクエアな形状で、非常に食べ応えある食感です。

ツルリと滑らかな口当たり、モッチリもちもち小麦感を楽しめる仕上がり。

なかなか思い切ったタイプですが、これは非常に面白いバランス感♪

個人的に好きなタイプです (^^ゞ

もちろん一幸舎グループ ”製麺屋 慶史” 謹製。

慶史のFacebookによると、麺量は160gもあるとのこと!

デフォが大盛サイズなので、お腹一杯になれます。

 

食べ応え抜群のリッチな味わい。 ロールチャーシューがこれまたバリウマ

ロールチャーシューは口の中でホロっと解ける柔らかさ

かなり厚手で、非常に食べ応えあるリッチな味わいです♪

筋やくさみなど感じさせない上質なメンマ

味玉の仕上がりも、まさにジャストでした^^

スープが染みた海苔がこれまた、たまらなくウマいねぇ~

 

ちゃーしゅーめん

こちらは僕のデフォである、ちゃーしゅーめん

厚手のチャーシューが実に6枚も乗った、ヘビー級のメニューです(笑)

ちゃーしゅーめんは1,050円と4桁プライス。

しかし、2枚=200円で追加することも可能みたいです。

ということは?
デフォ 750円+300円で全6枚に。

つまりは1枚分おトクということに♪

ゴハンとセットで味わうか?
味玉入りにして豚丼と味わうか?

悩ましいなぁ~(^^ゞ

1枚の満足度が高いので、余程の食いしん坊さんでなければ2枚プラスで十分かも(笑)

 

ミニ豚丼

という訳でウッカリ・・・こちらはミニ豚丼

どんだけ豚被りのオーダーやねん(汗)
さすがにやりすぎました^^;


 

好きやわぁ~♪
どこかノスタルジックかと思いきや、ガツンと打ち出しの強いものが登場。

予定調和に収まらないスタンスが実に僕好みです (^o^)

醤油ラーメン人気に火が付いた今だからこそ!

是非とも味わって欲しい意欲作ですね。

既にハイレベルな仕上がりですが、更なる進化まで期待できそうなお店。

追っていきたいと思います。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

中華そば寿限無