【雷餃子@中央区渡辺通】 お手頃価格でサクッと楽しむ。 どれもがウマイ人気店

中央区渡辺通にある、「雷餃子」 をご紹介します。

その名の通り”餃子”を看板メニューとする居酒屋であり、ラーメン店ではないものの・・・

〆メニューとして見逃せない、焼ラーメンを提供しています。
しかもレアな”カレーバージョン”まで♪

 

1 ピリ辛焼カレーラーメン(2017年9月)

お手頃価格で楽しめる、人気メニューをイッキにアレコレと

博多名物のひとつ、焼ラーメンアレコレの開拓」は、めんむすびが数十掲げるテーマのひとつ(笑)

前回の 「博多元気一番 箱崎店」 に続き、ゆるゆるとお送りして参ります (^^ゞ

 

アクセス

地下鉄七隈線 天神南駅の近く。
国体道路 三光橋から清川方面へ少し入った路地の中にお店があります。

近隣には 「らーめん屋 鳳凛@春吉」 や 「中華そば郷家 天神店@渡辺通」 といったラーメン店が。

 

店舗外観

居酒屋さんらしい打ち出し強めのファサード。
年季を感じさせる大きな暖簾も印象的です。

 

店舗内観

オープンから間もない時間にもかかわらず、既に店内は一杯。

一瞬のタイミングでとりあえず一枚パチっといただきました。

店内にはこんなこだわりが掲示されています。

 

卓上調味料

卓上には餃子用のタレラー油などがあります。

 

おしながき

名物の餃子を始め、なかなか豊富なラインナップ

しかも全てのメニューが非常にリーズナブルなんですよね♪

〆の焼ラーメンは、デフォカレー味が。
それぞれ辛さが3段階から選べます。

人気メニューのランキング(帰れま10風)を参考に、餃子を始めアレコレ色々と。

主題である麺は、ピリ辛焼カレーラーメンをいただきました^^

 

ロースト豚

一品目は、ロースト豚から。

しっとりと柔らかな肉質で、いくらでも食べられそうな旨さ♪

タマネギ醤油のソースが食欲をかき立てます。

オードブルにピッタリのメニューですね~^^

 

キャベツとブタの野菜炒め

続いては、キャベツとブタの野菜炒めを。

細切れの豚肉キャベツを歯ごたえ良く炒め上げた一皿。

パリパリとした食感が楽しく、キレの良いネギ醤油風のタレが旨いなぁ♪

 

水餃子

水餃子(2人前)が登場です。
ちょい厚めの皮トゥルンと滑らか。

噛むと餡の旨味がジュワーっと溢れてきます♪
ビールがススムこと間違いなし(笑)

 

雷餃子

続いて雷餃子(4人前)が登場。

表面がカリッと香ばしく焼き上げられており、タマラナイ旨さですね~(^o^)

こちらの餃子は全部を包まず、横が開いているのが特徴的。

「旨味が逃げちゃうのでは?」なんて思いますが、なんの!むしろ旨味しっかり

大根おろしを添えていただくと、よりサッパリと味わえます♪

 

若鶏のサックリ揚げ

こちらは若鶏のサックリ揚げ

オーダーしたことを忘れていたら、終盤にドカンときてアワアワに^^;

一般的な唐揚げと違い、表面の衣がカリッカリとクリスピーに仕上がっています。

これがウマイ(^-^)

藻塩?カレー塩、お好みの味付けでいただきます。

 

塩きゅう

ここらで小休止。
こちらの塩きゅうは、塩・ゴマ油・ゴマというシンプルな味付けのサッパリメニュー。

こういうメニューは食べだすと止まらないんだよね~^^

 

ピリ辛焼カレーラーメン

いよいよメインディッシュの(笑)
ピリ辛焼カレーラーメンをご紹介します。

博多ラーメンらしい食感が特徴の細麺を、具材と共に炒め上げカレーテイストで仕上げた一皿。

しっとり・トロリとした、焼ラーメンらしい仕上がりです。

ピリ辛とありますが辛さは控えめ

辛いモノが苦手じゃなければ、ワンランク辛さをアップしたこちらがおススメです。

シャキシャキ感を楽しめる、ジャガイモが入るのも面白いですね~(^^ゞ

 

特製チャーハン

勢いあまって特製チャーハンまでオーダー(汗)

醤油テイスト強めしっとりとした仕上がりが家庭的。

和み系の味わいですよ^^


 

お客さんが多かったので、45分くらいでイッキに完食(汗)

慌ただしさはあったものの、リーズナブルでウマイ点がおススメです。

回転率を重視している雰囲気ですが、その分サーブが早いといった利点も。

じっくり腰を据えて・・・というより、お手軽にササっと飲むイメージかな~。

めんむすび的、焼ラーメン探訪。
次回はどこに行こうかな~

 

良かったらいいね!お願いします♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

雷餃子