間違いない旨さ!とみ田ブランドが手掛ける激ウマな二郎インスパイア

雷本店 (1)

雷本店@千葉県松戸市
雷そば

 

ラーメン店が数多く軒を連ねる福岡に於いて、稀少なジャンルと言えば…

ニボニボ中華そば

超本格派のつけ麺

二郎系

この3つではないかと。

 

そう、僕にとって宅麺の重要な役割のひとつは、これらのメニューを補完すること。

この数年で鶏白湯などは広がり&定着してきましたが、これらはまだまだ数少ないジャンル。

 

ということで今回はその一つ、二郎系を啜りたく♪

オーダーしましたのは千葉の超名店「中華蕎麦 とみ田@千葉県松戸市」が手掛ける、二郎インスパイア系の人気店「雷 本店@千葉県松戸市」です!

今回は看板メニューである、雷そばを頂きます。

 

商品構成

雷本店 (5)

商品の構成は「説明書」「具入りのスープ」「」の3点

もっともシンプルな構成パターンです^^

 

作り方説明書

雷本店 (6)

まずはスープを大なべで15分湯煎します。

は、5分強ほど茹でました。
温めた丼にスープを注ぎ、麺を合わせ具材を盛込みます。

 

トッピングには、茹でモヤシ&茹でキャベツ、そして刻みニンニクタップリと用意(笑)

 

宅麺はどれも、追加アイテム自分で用意した方が、ググッと楽しめますが、二郎系の時は不可欠といってよいレベル!

ヤサイ&ニンニク抜きでは、魅力は半分以下になってしまうかと ^^;

 

間違いない旨さ!とみ田ブランドが手掛ける激ウマな二郎インスパイア

雷本店 (1)どか~んと、インパクトあるこのビジュアル!

いやがうえにも食欲を刺激しますね~(^^ゞ

 

では早速・・・うん、さすが♪

ダシ感がなく、ショッパイばかりのタイプとは違い、しっかりと旨味を感じられるスープです。

豚骨鶏ガラもみじ(鶏の足)野菜などからとった、バランスの良い味わいです。

 

正直、当たり外れの大きい二郎インスパイア系において、この味わいは感動モノ^^

さすがは”とみ田”ブランド一角を担う存在であると申せましょう!

ニンニクの風味がバツグンに合う、ガッツリ満足度の高い一杯です。

 

食べ応えバツグンの極太平打ち麺は、ヤサイと一体化すると旨さ倍増!

雷本店 (4)麺はモチロン、ワシワシとした食感が魅力の極太平打ち麺!

平打ちなので極太の割に食べやすく、それでいて”らしさ”もしっかりと感じられます^^

プリプリどころではない、ブリンブリンとした豪快な麺の食感は、ヤサイの存在感と一体になることで更なる旨さを生み出します♪

 

具材が旨いとヤサイも旨い♪モヤシ&キャベツはタップリ用意しよう

雷本店 (2) 雷本店 (3)ものすご~くデッカイ、このロールチャーシュー♪

なんでしょうか?この素晴らしい出で立ちは(^^ゞ

二郎系の定番である、ガシガシと硬い腕肉などのチャーシューが好みでは無い僕にとって、シットリと柔らかく&ホロリとほどけるこのチャーシューは、まさに理想の存在!

 

スープ、麺、具材、全てに抜かりナシ!!

結構乗せたつもりでしたが、ヤサイはもっと多くても良かったかも?

脂の旨さもあいまって、ガンガン箸が進みます。

 

スープや具材が旨いと、ヤサイまで旨いのね(笑)

正直言って昔は”なんであんなに野菜乗っけて食べてんだろう?”って思ってました ^^;

今ならその旨さが分かります!


 

大満足!!

まさに期待した通り、焦がれていた”極ウマ系二郎”でしたっ\(^o^)/

僕はジロリアンではないので、旨ければ何でもOK!

むしろインスパイア系の方が好みかも(笑)

 

毎度のことながら、この味を福岡に居ながら楽しめるなんて本当にありがたい~

そうそう関東まで食べに行くこともできないし…送料だって、近場に遠征するガソリン代高速代駐車場代に比べると、全然高くないですから。

 

これからも色んな二郎系を、宅麺で食べて行きたいと思います♪

まだまだ気になるお店の、気になるメニューがイロイロあるなぁ~ (^^ゞ

 

今回のメニューはコチラ

雷本店 雷そば


「とろとろチャーシューの正統派インスパイア系」
インスパイア系の中でも屈指の人気を誇る「雷本店」。バランスのよい豚骨醤油スープと自家製極太麺、巨大チャーシューに、もやしとキャベツ、にんにくを加えたコンビネーションは最強!一度食べたらリピーターになること間違い無しだ。
~公式ページコメントより