【気仙沼 かもめ食堂@ラーメンスタジアム】 気仙沼復興のシンボルが、ラースタに登場!

ラーメンスタジアムにある、「気仙沼 かもめ食堂」 をご紹介します。

先日ご紹介しました 「新福菜館」 と時を同じくして、2017年3月にオープンしたお店です。

 

【1回目】 2017年3月 かもめラーメン潮 味玉のせ


潮味もバツグンに旨いっ♪ ゆったりと奥行のある味わいが魅力、心安らぐ一杯

かもめ食堂は、”気仙沼のシンボル”と言われたお店。

あの東日本大震災で全壊してしまったものの・・・

多くの方々の力が結集し、新横浜ラーメン博物館への出店を経て、2015年11月ついに地元である気仙沼市に復活しました!

その復活プロジェクトを牽引してきたのが、「ちばき屋」「㐂蔵(きぞう)」 の店主である千葉さん

ラーメン協会の先代会長であり、ラーメン界のレジェンドです。

※新横浜ラーメン博物館の公式HPには、復活プロジェクトの詳細が記されています。

 

そして今回、福岡のラーメンスタジアムへ。

仙台牛タンねぎ塩ラーメン 㐂蔵の卒業に伴い、ブランドスイッチして登場しました。

 

アクセス

キャナルシティ博多 5Fにあるラーメンスタジアムの一角。

㐂蔵として展開していたスペースに登場しました。

 

店舗外観

新しくなったファサード。

まずは店頭の券売機へと向かいます。

 

券売機

ラーメンは、大きく分けて 醤油味 潮味(塩味) の2種をラインナップ。

実は3カ月ほど前の、ラーメンスタジアム15周年 周年祭にて、限定メニューとして ”気仙沼かもめラーメン” が登場していました^^

やや具材は異なるものの、ベースは共通かと思われたので、今回は未食の ”潮味” をいただいてみました。

ちなみにラーメン以外に、カレーメンチカツも提供。

今日はお腹の兼ね合いで行き着きませんでしたが、次回是非とも食べてみたいと思います♪

 

店舗内観

うっかり内観を撮り忘れたので、ひとまず㐂蔵時代の写真で(汗)

次回は忘れずに撮ってこなければ^^;

 

卓上調味料

卓上調味料はシンプル。

粗挽きのブラックペッパーと、細かいホワイトペッパーの2種があります。

 

旨さシミジミ、思わず笑みが♪ 気仙沼の海を感じる滋味系スープ

スムーズに着丼。

こちらが、かもめラーメン潮 味玉のせです。

フワ~っと立ち上る、芳しい香り♪

早速スープをズズっと・・・ふい~っ、こりゃ沁みるねぇ~(^^ゞ

鶏&豚骨といった動物系素材に、煮干や昆布を合わせた清湯スープ。

そこに、気仙沼産サンマを用いた香味油をプラスして仕上げているそうです。

前回の醤油が非常にツボでしたが、こちらもまた秀逸な一杯!

塩だれベースである分、よりストレートにダシ感を味わえるイメージです。

ベタな表現ではありますが、瞼の裏に気仙沼の風景を感じるよう (^^ゞ

啜ればホッコリ♪

シミジミとした旨さに心癒され、思わず笑みがこぼれます。

 

チュル&プリな食感がステキな細めの縮れ麺。ボリュームもタップリと

麺はかなり細めの縮れ麺

カネジン食品謹製かと思われます。

チュルチュル&プリプリと口当たりが楽しく、スープの旨味をしっかりと絡め取ってくれます^^

麺量は、かな~りタップリと。

しっかりとお腹にたまる満足感も魅力のひとつです♪

 

色&味わい共にバランスの良い仕上がり。 半熟煮玉子はマストな具材!

具材はアッサリとした肩ロースのチャーシュー。

肉のコクを楽しませつつ、スープや麺を置き去りにしない控えめな仕上がりです。

実は、こちらの源流である ”ちばき屋” は、半熟煮玉子を最初に乗せたラーメン店なのだとか!

それを知って以来、毎回玉子入りでいただいています (^^ゞ

メンマも丁寧な仕上げ。海苔の風味もスープにピッタリです。


 

醤油と同じくらい、潮も旨かったです♪

まずもって博多では滅多に味わえないチューニングだと思います。

㐂蔵が無くなったのは寂しいですが、かもめ食堂も激アツですね!

登場してくれて良かったぁ~

次回は再び醤油を。

カレーやメンチカツも食べてみたいと思います (^^ゞ

 

 

良かったらいいね!お願いします♪

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

気仙沼 かもめ食堂 キャナルシティ博多ラーメンスタジアム店

昼総合点★★★★ 4.2