天然醸造醤油&鶏ダシの旨さが沁みる♪ゆったり奥深い本格醤油ラーメン

中華そば かなで

中華そば かなで@博多区東比恵
中華そば + ローストトマト丼セット

 

無化調とんこつの雄である、「かなで食堂@春日市」が、いよいよセカンドブランドをオープン!

それも非豚骨のお店、中華そばが看板メニューということで期待値大です(^^ゞ

少し前までは、とんこつラーメンばかりでしたが、最近オープン&リニューアルするお店は驚くことに「とんこつラーメン以外」を看板とするお店が続々と。

まさに ”とんこつ王国に異変アリ!

福岡のラーメン界は最近、大きな変化の時にあると言えます。

 

アクセス


 

都市高速 博多駅東からほど近く。

3号線 東比恵1丁目の交差点から、30メートルほど半道橋方面へ進むと、左手の少し奥まった所にお店があります。

マンションの1階部分にお店があります。

 

店舗外観

中華そば かなで (7)

真新しい看板提灯などがステキですね^^

中華そば かなで (8)

マンションの前に専用の駐車スペースがあります。

2番3番がこちらのお店の専用です。

 

店舗内観

中華そば かなで (9) 中華そば かなで (16)店内は白と明るい木目を基調とした、清潔感のある印象。

見た目以上に奥行きがあり、数組のテーブル席と厨房前にカウンター席があります。

 

卓上調味料

中華そば かなで (12)

卓上にはブラックペッパー、ごはん用のふりかけ、そしてかなで食堂と同じく、濃縮のプーアル茶が。

お冷にプラスすると、プーアル茶の効能である”脂肪分解作用”が得られるかと^^

中華そば かなで (11)

低温調理のチャーシューに関する説明が。

今では結構広まってきましたが、確かに初めて見た方は心配するかも知れませんね^^;

 

おしながき 

中華そば かなで (15)麺メニューは、中華そば、塩そば、汁なし担々麺3種

醤油、塩ときて、汁なし担々麺というのが面白いですね~

サイドメニューには、ローストトマト丼という気になるメニューが。

カレーライス玉子かけごはんもあります。(おトクなランチセットも)

麺&サイドメニュー共に充実しており、何度通っても飽きずに楽しめそうです。

中華そば かなで (10)

ちなみに麺の硬さ指定はできません

博多だけに、中華そばでも「カタメン」とか言われる方がいらっしゃるのでしょうね^^;

まずはメインメニューの中華そばを。

気になるローストトマト丼のセットで頂くことにしました。

 

天然醸造醤油&鶏ダシの旨さが沁みる♪ゆったり奥深い本格醤油ラーメン

中華そば かなで (1)結構混んでいましたが、手際良くあっという間に着丼。

お~っ、来ましたね♪
まだまだ福岡ではお目にかかれない、東京ナイズドされたスマートなタイプです。

ちょっと「69’N’ROLL ONE」思い出させるビジュアルかも (^^ゞ

また味わいは異なりますが、らぁめんシフク@榎田の「醤油らぁめん」も、どちらかと言えばこちらのタイプです。

中華そば かなで (5)

それではスープから頂きます・・・旨いっ♪

ひと口目から醤油の旨さダシの旨味しっかりと来るタイプ。

とんこつがデフォの福岡人も楽しみやすい、出し惜しみの無いタイプです(笑)

清湯スープのベースは鶏ガラとのこと。

クセが無く、ゆったりと奥深い味わいがステキです。

中華そば かなで (13)中華そば かなで (18)

しっかりと感じられるダシ感はモチロン醤油の旨さがこれまた特筆モノ!

こちらの中華そばに使用されているのは「井上古式じょうゆ」という天然醸造の醤油らしいのですが、これが素晴らしい旨さです(^o^)

少し前に「旧 ラーメン元次@薬院」で味わった、”醤油そば”も糸島の天然醸造 生醤油を使用した驚愕の旨さでしたが、こちらもスゴイです。

 

ツルツル&プリプリとした滑らかな食感♪風味豊かな全粒粉入りストレート麺

中華そば かなで (6)麺は自家製の中細ストレート

加水率の高いツルツル&プリプリとした滑らかな食感がイイ感じです^^

全粒粉を練り込んであり、風味豊かな仕上がり。

中華そば かなで (14)

スープとの相性も抜群ですね~

スープの旨さとしっかりかみ合う、確かな存在感があります。

 

スープ&麺とのバランスが良い、シンプルな具材

中華そば かなで (3)具材はチャーシュー、メンマ、海苔、青ネギ

チャーシューは薄味で、肉の食感を楽しませる仕上がり。

スープの味わいを邪魔する事なく、より高い満足感を与えてくれます。

メンマ食感をハッキリと残したタイプ。

ややスジっぽい感があるかな~

海苔で麺をクルリと巻いて食べるのが、これまた旨いんですよね~(^^ゞ

 

ローストトマト丼

中華そば かなで (17)

本店である、かなで食堂@春日市の名物メニューとまとんこつ”然り、「トマト」は一つのキーワード

トマトをフィーチャーした丼とは面白いですね^^

ごはんの上に大ぶり&上質なチャーシューがドン!

そして、ローストされたトマト半熟玉子が乗ります。

下にはレタスが敷かれており、オリジナルのソースがこれまた旨いっ。

これで+180円(ランチ時)とは、コスパも上々です。

毎回食べたいかも (^^ゞ


 

納得の旨さでした♪

既にかなで食堂で実績と経験を確立している強みを、存分に発揮されている印象です^^

味&接客を含め、一朝一夕では実現できないものばかり。

当面は、11:00〜16:00(15:30 OS)の営業時間で、火曜定休+不定休が有りそうとのこと。

いずれは夜の営業もあるかも知れませんね。

 

まだまだ稀少な本格醤油ラーメン

是非ともお試しください。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

店舗情報はこちらから

中華そば かなで

昼総合点★★★★ 4.0