【辛麺 一矢@博多区中洲】 中洲の繁華街ド真ん中なのに隠れ家!?次なる展開は辛麺

博多区中洲にある、「辛麺 一矢」をご紹介します。

中洲の人気ラーメン店「麺屋一矢」のセカンドブランド

2017年4月にオープンしたばかりの新店です。

 

【1回目】 2017年5月 辛麺(中辛)


辛いもの好きなら大辛以上で♪ チーズ替え飯もマストなので、腹ペコで訪問を

この日は、夜活動のめんむすび。

ネオンが輝く煌びやかな中洲へ、くりだして参りました~♪

少し前にオープンした、辛麺一矢に(*´▽`*)

 

アクセス

中洲のド真ん中にある、第5ラインビルの1階

麺屋一矢がある同じビルの中(斜め向かい)にあります。

 

店舗外観

提灯一つ一つに文字が書かれた印象的な外観。

 

店舗内観

比較的コンパクトな店内。

カウンターテーブル席が機能的にレイアウトされています。

少し上を見上げると、唐辛子が保管&ディスプレイしてあります。

 

卓上調味料

卓上には「カレー粉」が。

何のために使うのかは明記してありませんでしたが、めんむすび大好きアイテムのひとつです。

 

おしながき

麺メニューは、「辛麺」一本

同料金辛なし→小辛→中辛→大辛の4段階から選べます。

特辛から、一気に200円アップ

そこから唐辛子スプーン一杯追加ごとに+50円ずつプラスされます。

麺は、ちぢれ麺こんにゃく麺の2種より。

〆には、替え飯 or チーズ替え飯もあるそうです。

初めてだったので、おすすめの辛さである「中辛」で頂くことにしました。

その他、おつまみ系メニューも。

こちらもおススメの「とり天南蛮」をオーダーしました。

 

今回のオーダー

 

まずは、メインの辛麺より。

鮮烈な赤いスープがインパクト抜群のビジュアルです。

鶏ガラベースのダシに、韓国唐辛子やニンニクなどを合わせたスープ。

中辛は、見た目ほど辛くない、ほどほどの辛さ

よっぽど辛い物が苦手でなければ、全然大丈夫かと思います。

辛いもの好きなら、大辛以上が良いかもですね。

スッキリとした辛さと鶏ダシの奥深い味わいが、良い感じにマッチ。

意外とゴクゴクイケちゃいそうです。

 

糖質OFFならこんにゃく麺を♪ やっぱり雰囲気を楽しみたいなら、デフォのちぢれを

麺はちぢれをチョイス。

しなやかでヒキのある麺は、スープに馴染むモッチリソフトな食感です。

スープが辛い分、小麦の風味が際立ちます。

ふわっととろっとかき玉子が、癒しの存在。

中央のお肉は、ホホ肉かな?テールかな?

ほろっと口の中で溶ける上質な仕上がりです。

 

チーズ替え飯

最後はチーズ替え飯

頃合いを見て、オーダーしましょう。

パルメザンチーズをご飯にかけ、炙って供されます。

豪快に残ったスープに投入して頂きます。

香ばしい風味が、最高ですね♪

とろけるチーズも良いですが、こちらの方がくどくなくてイイかも。

 

とり天南蛮

こちらは共にオーダーした「とり天南蛮

タレもタルタルもスッキリとした味わいなので、意外とアッサリ♪

大きめのものがゴロゴロと入ってましたが、ペロリといける逸品です。


 

うんうん、なかなかの旨さでしたね~♪

特にチーズ替え飯は気に入りました~。

おうち飯の時に参考にしてみようっと。

 

良かったらいいね!お願いします♪

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

辛麺 一矢

昼総合点★★★☆☆ 3.5