【圭順@門司区黄金町】 小倉発祥!あの名店をリスペクトしたバリウマとんこつ

門司区黄金町にある、「圭順」 をご紹介します。

もはや伝説と言っても大げさではない、かの名店 「一竜軒@小倉→唐津(閉店)」 をリスペクトする人気店です。

一竜軒を語る際に唐津エリアでは、「一光軒@唐津市」 「竜里@唐津市」 が登場するように。

北九州エリアで一竜軒を語る際に、こちらの 圭順 と 「一真軒」 は不可避な存在であると申せましょう。

 

1 ラーメン(2018年4月)

豚骨らしさ&濃厚さ共に十二分! まるで昭和の銀幕スターを思わせるような一杯

行きたい、行きたいと思いながら。
最近は北九州に来る機会が減少しているうえに、ガッツリ門司エリアなので・・・
あと一歩、足が伸びないことも^^;

今回は 「絶対、圭順に行く!」 と心に決めてやってきました(笑)

 

アクセス

門司駅と小森江駅の中間あたり。
3号線から少し奥まった路地にお店があります。

 

店舗外観

なんともシブいこのファサード。
2004年オープンだそうですが、ゆうに30年は超えていそうな歴史ある佇まいです。

・・・アレ!?いつの間にかテントがキレイに・・・何故かピンクになっているではありませんか。
今、改めて写真を見るまで気づかなかった^^;

確か、白というか生成りというか、年季の入った感じだったハズ。

前回来たときはどうやったんかいな~?
ま、いいか(笑) にしても何でピンクなんだろ (^^ゞ

ちなみに向かって右手に専用の駐車スペースがあります。
この日は首尾よくサクっと停められました♪

 

店舗内観

いつもお客さんが多いので、一度も内観が撮れたことがありません。
今回もちょっと無理でした^^;

左手にカウンター席、右手にテーブル席あり。
ホッコリ懐かしい雰囲気です^^

 

卓上調味料

卓上には紅ショウガゴマなどがスタンバイ。

一竜軒リスペクトですが、一真軒・一光軒・竜里のように ”唐豆&紅ショウガ” が例のスタイルで出てくることはありません^^

 

おしながき

こちらがおしながき。
基本、ラーメン1本
後はおにぎり・ごはんとシンプルなメニュー構成です。

ちなみに札がいくつか裏返ってますが・・・
右から2番目はチャーシューメン(600円)
5番目はビール
右端は・・・謎です(笑)

 

豚骨らしさ&濃厚さ共に十二分! 昭和の銀幕スターを思わせる一杯

いよいよ着丼、こちらがデフォのラーメンです。

タップリ並々と注がれたスープからは、ワイルドで力強いトンコツフレーバーが。

では早速スープをズズっと・・・オホ~っ、メッチャ力強い旨さ♪(´ε` )

今日の一杯は、より一層頼もしく・猛々しい♪ そんなイメージです^^

ここを狙ってきたものの、前のスケジュールが押して結構遅めの時間帯。
い~い感じにこなれた感のある、豊かな香り味わいです!

豚骨らしさ濃厚さ。共に十二分といった感じ。
濃厚なスープにグッと明快に効いたタレの塩梅も素晴らしいですね。

その堂々たる佇まいは、例えるなら昭和の銀幕スター!
理屈抜きで人を引き付けるチカラがあります。

 

モチモチ食感がタマラナイ♪ 食べ応えあるモッチリ太めのストレート麺

合わせるのは、久留米系を思わせるモッチリ太めストレート麺
圭順ではいつも硬さはデフォでいただきます。

濃厚で打ち出しの強いスープに負けない、しっかりとした存在感
しなやかだけどしっかりとコシがあり、モチモチとした食感を楽しめます (^o^)

 

噛み応えある肉肉しいチャーシュー。ワイルドスープにベストマッチ

具材はチャーシュー、海苔、青ネギというシンプルな構成。

赤身中心のチャーシューは、噛み応えある肉肉しい食感
ワイルドなスープと良くあいます (^-^)v

このスープと海苔の風味のコンビネーションも中々オツなもの。
打ち出しの強いスープに、ややクセのある青ネギが実にマッチしますね♪


 

これまでで一番ストロングな味わい (^^ゞ
やっぱり圭順は旨いねぇ~♪

しかもこれで500円というお値打ち価格!!
素晴らしいですね。

よし、次は再び一真軒だ!
こちらを食べると、次はあちらが食べたくなる~(笑)
これからもゆる~く行き来していきます。

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

圭順