ひと口目からガツンと♪イリコ&昆布&鰹節をメインにした旨ダシ系の一杯

麺処 極み 大名店 (1)

麺処 極み 大名店@中央区大名
特 煮干しらーめん & 煮干しつけ麺

 

清川から激戦区の大名に移転した、「麺処 極み

とんこつ王国福岡で、魚介醤油系ラーメン2種を看板メニューとする稀少なお店です。

先日ご紹介しました「焼きあごだしらーめん」に続く、2品目のメニューがこちらの ”煮干しらーめん” でございます。

公式サイトによると
瀬戸内海産いりこ北海道産の天然昆布、その他数種類の出汁素をふんだんに使ったスープ”とのこと。

なんせ「煮干し」というキーワードが大好物のめんむすび (^^ゞ

これまたなんとも気になるメニューです。

お店への行き方、雰囲気、実食メニューのレビューなどはこちらから

 

ひと口目からガツンと♪イリコ&昆布&鰹節をメインにした旨ダシ系の一杯

麺処 極み 大名店 (1)既に着丼の時点から、魚介の芳しい薫りがぶわっと立ち上ります^^

さっそくスープを頂きます・・・おおっ♪想像以上に魚介のダシ感がズバッと!

焼きあごだしらーめん」は、柔らかで穏やかな味わいが印象的で、飲み進めるほどに沁みるタイプでした。

逆にこちらはひと口目から、ガツッと力強い味わいが主張するタイプ。

旨いねぇ~♪ 僕はこちらがより好みです。

麺処 極み 大名店 (3)

ベタな表現ですが、焼きあごだしラーメンは”女性的”

こちらの煮干しらーめん”男性的”といったイメージ。
※イマドキは逆なのかも^^;?

こちらもまた、鶏や豚といった動物系のダシは使っていないとのこと。

ヘルシーなイメージですが、しっかり旨味が強いので物足りなさは全く感じませんでした。

 

一点だけ気になるのが「がっつりカツオ」なるアイテム。

既に投入した状態で供されるので、どんなものか分かりませんが「せたが屋」の”ガツン汁”みたいなものなのかな~?

こちらの”特”らーめん(特製系メニュー)のみ入っているようで、デフォとどれ位違うのかは分かりません^^;

 

口当たりが良いうえに、しっかりとしたヒキがある細麺

麺処 極み 大名店 (4)麺は細めのストレート
スルスルと啜り心地が良く、スープの持ち上げも上々です。

口当たりが良いうえに、しっかりとしたヒキがあるのも特長。

ダシにこだわるだけあって、麺の旨さも納得のクオリティでした^^

 

スープを活かしつつも、一杯の満足度を更に高めてくれる上質な具材

麺処 極み 大名店 (2)具材はロースのチャーシュー、半熟玉子、キクラゲなど。

チャーシューは薄めながら、しっかりと豚のコクを味わえる上質なもの。

薄味に仕上げており、スープの旨さを邪魔することなく楽しめます。

 

半熟玉子はまさにベストはカタさ♪

半熟感は保ちつつ、スープに流れ出ることのない完璧な仕上がりです^^

 

煮干しつけ麺

麺処極み (1)こちらは3品目のメニュー、煮干しつけ麺です。

麺処極み (3) 麺処極み (5)

魚介の旨味が詰まったつけダレに中細麺を潜らせて頂く、稀少な”アッサリ系つけ麺”

麺処極み (2)

青ねぎ、ゴマ、アオサなどがタップリと浮かんでおり、風味も味も良い感じ♪

思わずペロリとイケちゃいます (^^ゞ

ちょっと塩気がキツめだった点だけが残念でしたが、オリジナリティに溢れた一杯です。

飲んだ後はモチロン、夏場食欲の無い時にもピッタリだと思います。


 

焼きあごだしらーめんと、煮干しらーめん。そしてつけ麺

それぞれにベクトルが異なり、どれも非常に楽しめました。

ラーメンはそれこそ、食べ比べセットみたいなものがあると、面白いかも知れませんね♪

手っ取り早くシェアして楽しむ手もありますが^^;

しばらくしたら、またお邪魔しようと思います。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

お店への行き方、雰囲気、実食メニューのレビューなどはこちらから

 

実食メニュー

1.特 煮干しらーめん(2015/10/12)麺処極み大名店 (1)ホタテ入りがお薦め!キラキラと黄金色に輝く焼きあごダシのラーメン

 

店舗情報はこちらから

麺処極み 大名店

昼総合点★★★☆☆ 3.5