焼きアゴまで自作するこだわりの一杯!啜れば分かる絶品中華そば

琴平荘 (1)

琴平荘(こんぴらそう)@山形県鶴岡市
中華そば(あっさり)

 

宅麺2杯目は、「琴平荘@山形県鶴岡市」です。

こちらは「お取り寄せラーメンオブザイヤー2013~2014」に於いて、2年連続総合大賞を受賞したという人気メニュー!

 

宅麺のサイトによると、琴平荘(こんぴらそう)とは?

冬季のみ販売される幻の中華そばを求め、週末になると昼のみの営業一日500人が訪れるという、山形県鶴岡市にある旅館」とのこと。

 

それはもちろん気になります (^^ゞ

ということで今回のメニューは、中華そば(あっさり)です。

 

商品構成

琴平荘 (4)商品の構成は「説明書」「スープ」「」「具材」の4点。

具材は、チャーシューメンマが一緒になっています。

 

作り方説明書

琴平荘 (5)まずはスープを大なべで10分湯煎しつつ、残り3分になったら具材を投入

は、2分ジャストで茹でました。

温めた丼にスープを注ぎ、麺を合わせ具材を盛込みます。

トッピングには、板海苔白ネギ小口切りを用意しました。

 

焼きアゴまで自作するこだわり!啜れば分かるの絶品スープが旨いっ

琴平荘 (1)う~ん♪スープを丼に注いだ時から、なんとも良い香りが^^

それではいよいよ頂きます。
ズズッと・・・ふわ~っ、旨いねぇ~♪

優しい口当たりのなかにある、なんとも奥深い味わいが印象的です (^o^)

 

丸鶏鶏の足豚肉鯖節煮干しからとったスープが絶品!

ちなみに飛魚の焼干しは、自ら飛魚を仕入れて干す&焼くまでを行なうというこだわりの素材とのこと。

 

さすがに煮干しまで自作するというラーメン屋さんは聞いたことが無いですな~(^^ゞ

スゴイこだわりです。

 

醤油も重くなく、切れ過ぎることなく、絶妙の塩梅で全体をまとめています。

決して見た目では分からない。啜れば分かる驚きの味わいです。

 

麺とスープの相性がバツグン♪滑らかな啜り心地がステキな中太ちぢれ麺

琴平荘 (3)麺は中太のちぢれ麺
やや短めに茹でたのですが、思いのほか柔らかい仕上がりでした。

むしろこれでジャストかも^^

 

つるっつるの滑らかさがなんとも心地良く、啜るほどに麺&スープの旨さが口いっぱいに広がります。

ソフトな中にも、適度なモチっと感があるのもイイですね~

 

ちなみに麺の量はかな~り多め
博多の2倍くらいあるのではないか?というくらい、ボリュームたっぷりです。

麺とスープ相性・バランス感が素晴らしく、計算しつくされた仕上がりを感じさせます (^o^)

 

派手さはみじんもナシ。しかし素材良し&仕込み良しの激ウマ具材

琴平荘 (2)チャーシュー脂っこさ控えめの優しい味わい。

それでいてシットリ柔らかく、パサつき感の無い仕上がりがステキ^^
ボリュームもタップリです。

 

長めのメンマがこれまた♪

サクサク歯切れが心地良く、スープによく合うベストな味付け。

基本的にメンマがあまり好きでは無い僕ですが、このメンマはおいしく頂けました。

 

シャクシャクとした白ネギの食感清涼感が、スープによく合うねぇ~

海苔は邪魔にはならないけど、無くても問題ナシかと。


 

噂に違わぬ、素晴らしい一杯でした!

一見するだけでは決して分からない、超絶美味な一杯です (^o^)

落ち着いた出で立ちながら、その味わいたるや♪

 

こんな旨い中華そばが通販で楽しめるなんて…本当に嬉しいね~

”もあるみたいなので、今度是非とも頂きたいと思います。

 

今回のメニューはコチラ

琴平荘(こんぴらそう) 中華そば(あっさり)

「山形の僻地で1日500人来客!幻の中華そば」

冬季のみ販売される幻の中華そばを求め、週末になると昼のみの営業で一日500人が訪れるという、山形県鶴岡市にある旅館「琴平荘」。上質な淡麗醤油スープ、自家製ちぢれ麺、国産チャーシューと拘りメンマが芸術的なハーモニーを奏でる。
~公式ページコメントより

コメント0
TAG :

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA