ホタテ×青海苔がとんこつとコラボ。独創性が光る魚介とんこつの新機軸!

幸心堂 (1)

幸心堂@大野城市若草
塩豚骨ラーメン

 

大野城エリアの激ウマ店と言えば、「幸心堂@若草」でしょう^^

前回、2カ月ほど前に訪問し、久しぶりに「醤油豚骨」と「博多豚骨」を食べ比べ

その時から気になっていた未食のメニュー「塩豚骨ラーメン」を頂くため、結構早めのスパンで訪問してきました。

なんとも気になるメニューだったので楽しみ~(^^ゞ

 

今日はお子ちゃま連れなのでどうするかな~と悩んでいたら「お子様ラーメン 300円」なるメニューが。
これはドンピシャ!

後乗せ用に名物アイテムの”えび風味半熟玉子”もお願いしました^^

 

ホタテ×青海苔がとんこつとコラボ。独創性が光る魚介とんこつの新機軸!

幸心堂 (2)

細かく泡立ったほんのりカプチーノ気味のとんこつスープ。

既に丼からは、海を思わせる何とも良い香りが^^

 

キメ細かな”青海苔”の薫りが際立つスープをひと口啜れば・・・
スゴイ!

薫りだけでなく、ふくよかな魚介の旨味が\(^o^)/
どうやらこの味わいが、ホタテ由来の旨味のようです。

 

旨味がギュっと凝縮したとんこつスープと、驚くほどマッチしています。

とんこつ×魚介となると、鰹・鰯・鯖などの節系とのコラボが一般的

しかしこちらの一杯は、それらとは全く異なる新たな世界感です!

 

グイグイ沁み込む魚介エキスというより、マッタリと優しく包み込むようなホタテの旨味♪

青海苔の風味が更にそれらを際立たせ…オリジナリティ溢れる一杯を作り出しています。

 

ホタテの出汁を合わせたのか?タレのなかに忍ばせたのか?

中華食材にある干したホタテなのか?まさか生は無いよね?

などと結論の無い妄想を高ぶらせつつ、スープの旨さを存分に堪能しました^^

 

超絶的なバランス感♪スープの乗りが上々の中細ストレート麺

幸心堂 (3)

麺は中細のストレート
おそらく博多豚骨ラーメンと同じタイプの麺かと。

醤油豚骨と博多豚骨で麺を使い分けていたと思いますが、食感的におそらくは…^^;
間違ってたらハズいですね(汗)

同じか?と言われると自信がありませんが…

 

加水率はやや低め啜り心地が良いのにスープとの絡みも上々♪

ムチっと感もありつつ、プツンと歯切れも良いというイメージ。

なんか良いとこ取りという表現がピッタリかも(笑)

 

チャーシューに至るまで、オリジナリティを存分に!

幸心堂 (1)

具材は幸心堂オリジナル肉の旨味がギュっと詰まった歯ごたえのあるチャーシュー

こちらのチャーシューは本当に珍しいタイプです。

僕はデフォがチャーシューメンという肉好きですが、似たようなタイプに出会ったことが無いかも?

香ばしく&噛みしめると肉の旨味がジュワッ…と溢れ出るそんな感じ^^

 

写真にはありませんが、”えび風味半熟玉子”もメチャうまです♪

これはどのメニューを選んでも押さえておくべき、マストな存在(^^ゞ

 

中央に乗るのは、海老風味のなにか(汗)
しまった…聞きそびれた(/_;)

海老油を作る時にできるもの…かな^^;
ちょっと歯応えがあって、非常に風味が強いアイテムです。

 

お子様ラーメン

幸心堂 (4)

こちらがお子様ラーメン。
300円とお手頃で、麺の量も幼稚園児くらいの子どもにピッタリ

こういうメニューがあると、子連れでの食べ歩きがしやすくなります(^^ゞ


 

いや~来てよかった♪

味はモチロンのこと、薫りの時点で既にご馳走と呼べる一杯です(^O^)

こんな”塩豚骨ラーメン”には、きっとココでしか会えないと思います。

 

博多豚骨、醤油豚骨、塩豚骨
3つとも本当に旨いけど、僕は塩豚骨にイチバン痺れました\(^o^)/

絶対また食べたいですね!!
※翌日レビュー書いてて、既に食べたいっ(汗)

 

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

幸心堂の実食メニュー

幸心堂 (1)[1]豚骨醤油ラーメン+えび風味半熟玉子&博多豚骨ラーメン+えび風味半熟玉子(2015/4/18)
脂の甘みと存在感のある醤油ダレが絶妙♪激レアな醤油豚骨

 

お店への行き方、雰囲気、実食メニューのレビューなどはこちらから

 

店舗情報はこちらから

幸心堂

昼総合点★★★★ 4.0