【元祖久留米ラーメン さかい@中央区笹丘】 硬派な激熱トンコツ

中央区笹丘にある、「元祖久留米ラーメン さかい」 をご紹介します。

2017年7月にオープンしたばかりのニューカマー。

八女郡広川町にある 「らーめん さかい」 の支店らしいよ~とのウワサです。

 

2017年7月 ラーメン

硬派→硬派→ツンデレ? 質実剛健+αの久留米系トンコツ

最近の新店は、醤油などトンコツ以外のジャンルがトレンド。

しかしここにきて再び、純とんこつ系のお店も続けてオープンしています。

ちなみに・・・
ラーメン キラメキ。@小郡市
博多 牧商店@博多駅前

そして今回の元祖久留米ラーメン さかい

スマホのギャラリーに並んでいる状態では、一瞬区別がつかず・・・

Instagramに「店舗と写真がチグハグの状態で上げてしまう」という失態を(汗)

ちゃんと見るとビジュアルも違うし、味は全く異なるのですが^^;

という訳で(どういう訳で?)

オープンしたばかりのお店へと向かいました~

 

アクセス

樋井川沿いにある、田島橋交差点のそばにお店があります。

 

店舗外観

年代物のオレンジのテントと、大きな暖簾が目印。

暖簾と提灯には招き猫が少なくとも4匹見られます♪

スナックの居ぬき物件とのことで、まさに伝統的なレイアウト。

7~8人ほどのカウンター席オンリーの構成です。

到着して程なく、お客さんで埋まったので写真は割愛です。

 

卓上調味料

卓上にはゴマコショウなどが。

久留米以南に多く見られる、はりはり漬けがルーツを感じさせます。

 

おしながき

バタバタとしたもので、券売機を取り忘れ(汗)

詳しいラインナップは、みおせるさんのレビューでご覧いただけます (^^ゞ

基本、とんこつ1本!
極めてシンプルな構成です。

今回はデフォのラーメンをいただきます。

 

運搬注意の激熱スープ(笑) トロリと重厚で硬派な旨さがステキ

手際よく、スムーズに着丼。
・・・というかカウンター上に登場。

「どうぞ~」との事でしたが、いかんせん熱い物を持つのが苦手な僕には厳しいレベルの激熱丼(汗)

「・・・ひっくり返したらどうしよう(汗)」と焦りながら、なんとかテーブルにランディング。

受け皿を付けるか、テーブルまで置くかをお願いしたいところです^^;

ではではスープをズズっと、うんこりゃウマイねっ。

トロリと重厚なスープは、ガッツリとトンコツ感を楽しめる硬派な仕上がり。

甘みがグッと前面に出た味わいが印象的です。

 

デフォでもガッツリアルデンテ? 硬派な仕上がりのストレート麺

久留米ラーメンのお店ですので、初回はもちろん基本の硬さでいただきます。

博多の感覚でいうと太めの、伝統的なストレート麺です。

ズルズルと啜れば、おっと!?

思いのほか結構カタメ、アルデンテチックなハード系です。

さかい伝統のマナーなのか?

博多ロケーションに合わせたローカライズなのか?

そこは不明ですが、麺の食感も硬派とは中々の意外性ですね (^^ゞ

 

これは予想外?ホロっと仕様の柔らかチャーシュー♪ 

チャーシューはホロっと、箸で持ち上がらないほど柔らか♪

ここはガッシリ×肉肉系じゃないです。
まさかのツンデレ仕様(笑)

濃厚なスープと馴染んでイイ感じ。

ここはむしろ硬派じゃなくて良かったかも^^

熱々スープに浮かぶ、多めの青ネギもウマイね~


 

丼を運ぶのは緊張でしたが^^;

しっかり熱々のスープと、ハードな麺のマッチングがとってもイイ感じ♪

なかなかの個性派で楽しめました。

質実剛健な頼もしい一杯

硬派なトンコツラーメンを楽しみたいときにピッタリですよっ。

 

良かったらいいね!お願いします♪

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。