【豆皿中華Q@中央区谷】一口サイズの本格中華をアレコレと好きに楽しめるお店

中央区谷にある、「豆皿中華Q」をご紹介します。

今年3月にオープンしたばかりの新しいお店。

絶品の中華が、一口サイズで色々楽しめるお店として注目を集めています。

 

全トロ麻婆麺(2018年5月)

絶妙のシビカラ感♪ た〜っぷりの麻婆餡は、麺+ごはんとハイブリットに楽しめちゃう

そんな豆皿中華Q。
オープン当初は夜のみの営業でしたが、ゴールデンウィーク明けに待望のランチをSTART!

なかなか夜に訪問する機会が少ないので、お昼営業の開始に合わせて行ってまいりました。

 

アクセス

昨年に出来た「六本松421」のほど近く。
六本松交差点から1本路地に入ったあたりにあります。

オリジナルキャラが、お店へとナビゲート。

 

店舗外観

シンプルながら、スタリッシュなファサード。

 

店舗内観

薄い黄緑色のカラーや自然光が素敵な店内。

ハイカウンター、コンパクトなテーブル席テラス席などがあります。

壁面には、中国語で書かれたおしながきのようなデザイン?!も施されてあります。

 

おしながき

こちらは2018年5月現在のお昼のおしながき。

麺メニューが3種。
全トロ麻婆麺
豆乳・豆苗 担々麺
シビれる 汁なし担々麺

トッピング辛さ追加できるようですね。

その他、サービス豆皿として、揚げシウマイ揚げワンタンなどが100円で楽しめるようです。

現在は「」パートが隠れているので、今後はご飯ものも拡大するのかな。

今回は、全トロ麻婆麺とシビれる 汁なし担々麺をいただくことにしました。

 

絶妙のシビカラ感♪ た〜っぷりの麻婆餡は、麺+ごはんとハイブリットに楽しめちゃう

こちらが「全トロ麻婆麺」です。
ビジュアル的にすでに私たち好み♪

た〜〜ぷりの麻婆豆腐は、結構辛め&シビ感強めの仕上がりです。

シビ感の塩梅も良い感じ。
これ以上だと、エグミが強くなるし、逆に少ないと物足りないと感じてしまうであろう絶妙のバランスです。

シビ好きなら、間違いなくハマる味わい

かなりボリュームもあるので、麺だけで食べるのは勿体無い。

オススメの食べ方としても紹介されているように、チャーハンもしくは白ご飯と一緒に食べるのが良いと思います。

麺は意外に細めのストレートタイプをチョイス。

細めながら存在感のあるしっかりとした麺です。

麻婆餡がたっぷりと絡みつき、箸を進める手が止まりませんね。

危うく1号に全部食べられちゃうところでした(笑)

最後は、チャーハンにかけて余すことなく楽しみました。

 

シビれる 汁なし担々麺

こちらは「シビれる 汁なし担々麺

只者ならぬビジュアル。
これはウマイやつだと直感的に感じるタイプです。

麺の下はこんな感じ。
たっぷりの肉味噌と、豆苗タレなどがあります。

レンゲをうまく駆使して、満遍なく混ぜ合わせます。

麺そのものバリウマ
味わい的には、こちらの方がより鮮烈ながらシビ感を楽しめる仕上がりです。

シンプルながら、奥深い一杯ですね。

 

揚げシウマイと揚げワンタン

こちらは一緒に頼んだ揚げシウマイ揚げワンタン

麺がどちらもかなり辛めのタイプなので、舌を休める役割として一役買ってました。

小ぶりながらぎゅっと旨みを閉じ込めた一品。
100円とリーズナブルなので、ぜひセットでオーダーしてほしいですね。


 

雰囲気もオシャレで心地よく、本格的な中華を手軽に楽しめるお店♪

夜は、一口サイズの豆皿中華を楽しめるみたいなので、やっぱり夜に来てアレコレ楽しみたいですね(^_-)-☆

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

豆皿中華Q