【ワンタンメンの満月@ラーメン滑走路】 ラーメンの消費量日本一!山形の名店が福岡へ

福岡空港国内線ターミナル ”ラーメン滑走路” にある、「ワンタンメンの満月」 をご紹介します。

ラーメンの消費量日本一と言われる山形県の酒田市から、創業57年の名店がはるばる来福!

地元以外ではなかなか味わえないと言われる ”酒田のラーメン” を福岡で味わえます^^

 

5 極薄ふわツル 塩ワンタンメン【限定】(2018年3月)

ココロオドル華やかな一杯♪ 極薄&スムーズなワンタンとの組合せは悶絶の旨さ

グランドメニューに加え、四季の限定メニューを提供中の満月。

前回、凪をリピしに来たタイミングではまだ変わっていなかったものの・・・
そろそろ、春バージョンが登場しているハズ♪(´ε` )

という訳で既に数十回目の、ラーメン滑走路へ(笑)

 

アクセス

福岡空港 国内線ターミナルビルの3F
2017年1月、2Fにオープンした 「the foodtimes」 の真上に位置しています。

 

店舗外観

店名の満月をモチーフにしたオシャレな暖簾が目印。
スペースの中央付近にお店があります。

いつも安定してお客さんが入っているイメージです^^
結構、女性のお客さまが目立つかも?

 

おしながき

食券制なので、まずは暖簾を潜って右手の券売機へ。

看板メニューは、極薄ふわとろワンタンメン
煮玉子入りやチャーシュー増量版などもあります。

ちなみに少し前から、”小サイズ” が登場!
麺量が控えめなので、女性など食が細めの方にお薦めです。

季節の限定麺、「冷やしワンタン」 「スタミナワンタン」 に続く第3弾は、塩ワンタンメン が登場!

今日はもう一度アレをトッピングするんだ~♪
アレ・・・あれれ?
気に入っていた ”揚げワンタン” が無くなっとりました (/_;)

ニッチだとは思ってたけど・・・生き残って欲しかったなぁ(涙)

 

店舗内観

内覧会時に撮った内観。

ナチュラなトーンの店内には、テーブル席とカウンター席があります。

卓上のおしながきの裏には、酒田のラーメンの歴史が記されています。
ゆっくりと読みながら待つのも楽しいものです^^

壁面には山形を伝えるパネルも。

 

卓上調味料

卓上にはシンプルにコショウのみスタンバイ。

 

ココロオドル華やかな一杯♪ ダシ感を更に ”ズバッと” ストレートに楽しむ

スムーズに着丼、こちらが春限定メニュー 極薄ふわツル 塩ワンタンメン です。

明るめの色合いの丼が春らしくてイイですね^^
着丼と共に魚介系の豊かな香りがふわりと鼻腔をくすぐります。

では早速ズズっと・・・ふわ~っ、沁みウマっ (о´∀`о)
浮ついたところが微塵もなく、しっかりと地に足が付いた堂々たる味わいです♪

滋味溢れるスープを、シュっと適度にキレの良い塩だれで仕上げた一杯。

醤油ベースのデフォに比べ、よりダシ感がストレートに感じられるイメージ。

どちらか一杯を」と言われれば、悩んだ末にデフォを選びますが、かなり甲乙つけがたい存在

潜在的に持っている 「塩ラーメンはどこか物足りない?」 という先入観など、この味の前では過ることさえないと思います。

 

やみつき感のある多加水麺。 プリプリ&モチモチ&ボリューミー♪

麺はお馴染みの、プリプリ&モチモチ=加水率44%という多加水麺。

今回はこれまでに比べ、しっかり目の茹で上がりに感じました。

たおやかでソフトな味わいが特長だと思いますが、ややしっかり食感も中々イイ感じ (^^ゞ

ソフトな方がスープとより馴染みますが、麺の存在感を楽しめる今回の味もオモシロイと思います。

麺量は・・・少しライトになったかな?
もしかしたら自分の食べっぷりが良かっただけかも知れませんが(笑)

 

ワンタン=雲呑と書く! その理由は胃袋で実感すべし(笑)

満月は具材の充実感も大きなポイント!

代名詞のワンタンに加え、大判チャーシュー・角切りチャーシュー、メンマ水菜など。

豪華具材が一杯をより充実したものへと押し上げます\(^o^)/

チュルリと摩擦ゼロで吸い込まれていくワンタンの滑らかさ♪

その旨さと共に 「ワンタン=雲呑」 と書く理由も、お腹へと収まっていきます。


 

いや~、塩もイイねぇ~♪( ´▽`)
まさに春爛漫といったイメージの、食べていて楽しい一杯でした。

ワンタンとの一体感は醤油に勝るとも劣らないのでは?
チャンスがあれば期間中にもう一度食べたいですね~

次回は・・・夏メニュー?
しかし 「冷やしワンタン」 は既に登場したので・・・冷やし中華かな?

はっ!? もしかして、公式HPに載ってたつけ麺かも!?
あのつけ麺、食べてみたいなぁ~(о´∀`о)

とりあえず次回は、岩のりをトッピングしてデフォを味わおうと思います。

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

4 極薄ふわツル スタミナワンタンメン【限定】(2017年12月)

寒い時期こそ味わいたい♪ 香り高く&ピリ辛テイストのスタミナワンタンメンが登場

人気のラーメン店が数多く登場したラーメン滑走路。
なかでも 「気になる♪」 「行きたい!」 という声を多く耳にするお店のひとつがコチラです。

特にラーメン好きの方、そして女性の声が多いイメージ^^

今回はプレス内覧会、オープン直後の訪問に続く3回目の訪問となります。

「もう一度デフォを楽しむかなぁ~」 なんて考えつつ訪れてみると・・・驚きの展開が (^^ゞ

 

寒い時期こそ味わいたい♪ 香り高く&ピリ辛テイストの一杯

やって参りました、こちらが 極薄ふわツル スタミナワンタンメン です。
おおっ、丼から立ち上る良い香りが♪

では早速スープからズズっと・・・こりゃ旨いっ (о´∀`о)

魚介のキレダシ感をしっかり楽しませつつ、ゴマラー油の香りピリ辛感がズバッと。

ベースとなるスープはデフォと同じではないかと思われますが、想像以上に趣が異なります!

バランスの良いピリ辛テイストなので、さほど辛さに強くない方でもイケるハズ。

風味豊かでピリッと旨いスープが、五臓六腑に沁みるねぇ~♪
寒い今の時期こそ味わいたい一杯ですなぁ~

 

柔らかな麺=さみしい感じ? この麺には当てはまりませんぞ!

麺は満月特製のプリプリ&チュルリな多加水麺
これがまた旨いんだなぁ~♪

僕なんかもそうですが、福岡のヒトは ”柔らかめの麺” にネガティブなイメージがある方も少なくないかと。

実際、普段好んで柔らかな仕上がりを望むことは少ないのですが・・・
この一杯は 「柔らか=なんだか物足りない」 という図式に当てはまりません^^

極めて優しい口当たりでありながら、絶妙の弾力感を併せ持った仕上がり。
もちろんスープも旨いんですが、この麺もじっくり味わってみて欲しいですね!

麺量はデフォで180gとかなりのボリューム!
数字以上の満腹感が得られます(笑)

 

これがワンタンならいつものアレは!? 衝撃の滑らか食感にメロメロ♪

麺と同じくらい重要なアイテム
文字通り ”雲を呑む滑らか食感のワンタン(雲吞)は、魂を抜かれるような旨さ (^^ゞ
雲呑3倍量位で味わってみたいです(笑)


 

ベクトルという意味ではイメージ通りですが、その鮮烈さは食べてみてのお楽しみ♪( ´▽`)
基本の一杯とはまた異なる旨さを堪能できました。

次回の限定メニューは、春の ”塩ワンタンメン
その前に、懐かしいお方にも再会でしたことだし (^^ゞ
再びデフォを味わいに来なければ!

ワンタンメンの満月は、オープンから1年間の期間限定。
是非とも味わっておきたい名店ですよっ。

 

3 極薄ふわとろワンタンメン(2017年11月)

まさに雲を呑むような食感♪ 滋味溢れるスープと極薄ワンタンのハーモニー

今回はプレス内覧会時の内容と合わせ、2回目となるリピート時にいただいた ”季節限定メニュー” も合わせてお送りします^^

 

こちらは、極薄ふわとろワンタンメン
トッピングで揚げワンタンも付けていただきました。

きらめく醤油スープはひと口啜ると思わず頬が緩む旨さ♪( ´▽`)

優しくもコク深いスープは、豚や鶏に数種の煮干しを合わせたものだそうです。

食べ進めるほどに旨く、アッサリながら物足りなさは全くありません。

非常に滑らか&たおやかな麺は、とっても風味豊かでボリュームタップリ!

こちらのお店ではデフォが180g本場ではなんと220gもあるそうです^^;
※空港では大盛りが240gとなります

そしてキーアイテムの極薄ワンタン
新聞が透けて見えるほど」と表現されるほど、極薄の仕上がりです。

レンゲを使って口に含むと・・・ああ、夢見心地な柔らか食感 (о´∀`о)
まさに雲を呑むような・・・恍惚たる食感。素晴らしいです♪

ふくめん2号が目聡く発見した揚げワンタン

これはビールのお供にも、トッピングにもバツグン。

合間でパリパリやりつつ、スープを味わうのもおススメです^^

 

2 極薄ふわツル 冷やしワンタンメン【限定】

冷やしラーメンとは何ぞ? 満月では、もう一つの山形ご当地ラーメンも!

こちらはスタート時から提供している、極薄ふわツル 冷やしワンタンメン

そう、山形県は ”冷やしラーメン” の故郷でもあるそうです。

まさかココで本場の冷やしラーメンを味わえるなんて!

福岡では中々お目にかかれない、極めてレアなメニューですよ~(^^ゞ

パッと見は、普通の醤油ラーメンのようですが、よく見ると表層には2つの氷が。
冷やしには冷やしの魅力がありまして・・・

スープはキリッと冷たくダシ感しっかり。エグ味なども無くキュッと締まった味わいがステキです♪

麺やワンタンは冷やすことで、更にプリプリ感を楽しめますよ~^^

提供は現時点で「年内までかな~」とのこと。

寒さの沁みる今日この頃ですが、暖かい店内で味わうのもオツですよ~^^

1 豚丼

詳しくはこちらをタップ

こちらは何とも気になったサイドメニューの豚丼
ごはんの上にタップリのお肉が乗っています。

この豚肉が旨いっ (^-^)
肉質が良く非常にコクのある味わい。

やや酸味が効いたタレが食欲を刺激します♪

これは隠れた逸品!
ラーメンとセットにすると、凄まじいボリュームになっちゃいますが(笑)

できたら味わってみて欲しいですね~


 

看板メニューはもちろん、全てが旨いっ♪

ワンタンメンもリピしたいし、岩のりトッピング庄内米の白飯もキニナル~
限定麺もマストですね (^^ゞ

ワンタンメンの満月は、先日ご紹介しました 「博多焦がし味噌専門 五行」 と同じく、1年間限定での登場。

滋味溢れるスープ恍惚のワンタンのマリアージュを楽しみたい方は、決してお忘れなきよう。

ボリューム感がちょい心配ではあるものの、女性にぜひともお薦めしたい味わいですよ~

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

ワンタンメンの満月