【辛麺屋 桝元 中洲本店@博多区中洲】 宮崎発祥の辛旨ラーメン♪特辛以上がお薦め

博多区中洲にある、「辛麺屋 桝元 中洲本店」 をご紹介します。

宮崎のご当地麺としての位置づけを確立した感のある ”辛麺

そのシンボル的存在がこちらの 「辛麺屋 桝元」 です。

直営店とFC?暖簾分け?を合わせて、30店舗以上を展開する一大ブランド。

福岡にはここ中洲本店に加え、天神南店@今泉大名店など約9店舗があります。

 

3 元祖辛麺 中辛(ちぢれ麺)(2018年10月)

辛さの最適解は? 麺は韓国麺orちぢれ麺? めんむすび的アンサーはこちら!

人気ブランドになる」 「一つのジャンルとして確立される

そんなラーメン店に多く見られるキーワードは、”お客さんが選べる・好みを反映できる” こと。

ガンソ系麺の硬さ脂やネギの量など

二郎系野菜・ニンニク・脂の量など

家系麺の硬さ脂やタレの量など

辛麺辛さ麺の種類ニンニク →詳しくは後ほど

 

更には、たった一つのメニューでグローバルブランドになった”一蘭”や、煮干し旋風を巻き起こした”凪”なども。

オーダー時に麺の硬さタレの量などを細かく選べます。

せっかくの美味しいラーメンも、

「もう少し、麺が硬めにできれば/柔らかければ」
「もっと、コッテリなら/アッサリなら」

などなど、微妙な好みの違いでストライクゾーンから外れることも。

それはモッタイナイですよね。そのギャップを解消できる仕組みの有無は実に大きいでしょう!

加えて「アレコレ試してみたい♪」というモチベーションを生むというメリットも。

今回はこれで食べて、今度はこれで。自分のベストを見つけよう・・・といった感じです^^

もちろん今ドキは、単に選べるだけでは生き残れませんが(汗)

 

私たちが一番印象に残っている ”選べる” と言えば・・・

今はなき、行徳家@野間で提供された 「銘柄が選べる木桶仕込み醤油そば」 です!

小豆島、糸島、お膝元のジョーキュウ醤油など、好きな醤油の銘柄が選べるという本当に素晴らしいメニューでした。
懐かしいなぁ・・・行徳家(涙)

今回は前置きが長くなりました^^;
そんなこんなで桝元へ・・・

 

アクセス

国体道路 中洲1丁目の交差点から、中洲中央通りを昭和通り方面へ。

2つ目の角 ”錦小路” を左の路地へ入り、少し進むと右手にお店があります。

少し手前には 「やまちゃん 中洲店」 や 「豚そば 月や」 があります^^

 

店舗外観

この裏路地の雰囲気に馴染む、風情あるファサード。

シンプルで外連味の無い感じが、一周まわって個性として光っている感じです^^

 

店舗内観

いつ行ってもお客さんが多く、この日もずっと70~100%の込み具合

未だかつて内観を撮れたことがありません^^;

左手にはカウンター席が、右手にはいくつかのテーブル席があります。

 

おしながき

毎回 「本日のお仕事ごくろうさま」 という文字を見てなんとなくホッコリ(笑)

辛麺のオーダー時は、3つのお好みを聞かれます。

①辛さ
7段階(ヌキ/0倍、小辛/1倍、中辛/3倍、大辛/5倍、特辛/8倍、激辛/15倍、スーパー辛/25倍)から

②ニンニク
あり or なし

③麺
コンニャク麺(冷麺の麺みたいなタイプ・蕎麦粉入) or ちぢれ麺(いわゆる中華麺)の2つから

それぞれ選べます。

麺以外に、なんこつギョーザもあり。
このなんこつもかなり人気のアイテムみたいです!

 

辛さが苦手でも、蕎麦がダメでも、辛麺は楽しめる!?

オーダーの内容にあわせて調理されるので、サーブは少々お時間が必要です。

いよいよ登場、まずこちらは 元祖辛麺 中辛(ちぢれ麺)です。

あちゃ~、以前オーダーした小辛(1倍)と見まごうほど、辛さ控えめのビジュアルです^^;

ともあれスープをズズっと・・・うん、ウマイ (^o^)

やはり辛さはもう少し欲しいですが、じんわりと沁みるダシ感フワフワ玉子の食感がなんとも癒し系♪

ふんわり香るニラの風味と共に、優しく胃の中へ流れていきます。

チョイスした 「ちぢれ麺(中華麺)」 は、モチモチと食べやすい感じ。

こんにゃく麺のように強烈な個性を発することは無いけれど、しっかりスープと折り合っています。

ふんわり玉子とニラの下には、やや大きめサイズのミンチが入ってます。

量はほどほどですが、しっかりコクを増してくれる不可欠な存在です。

ちなみにレンゲで底をすくうと・・・丸のままのニンニクがゴロゴロと現れます(笑)

〆にゴハンを投入して、クッパ風で味わい尽くそうかと思いましたが・・・

お腹のことを考えてさすがに自重しました^^;

辛いモノが得意でないなら、小辛(1倍)中辛(3倍)を。

蕎麦がダメなら、ちぢれ麺(中華麺)を。
ただ茹でるお湯は同じという可能性も高いので、ガチガチの蕎麦アレルギーの方は止めておいた方が良いかもしれませんね(汗)

 

元祖辛麺 特辛(韓国麺)

こちらは、2号がオーダーした 元祖辛麺 特辛(韓国麺)。

辛さとスープの旨味がバランス良く折り合っているイメージです。

韓国麺の弾力感はかなりのもの。

ブリブリと跳ね返すほどの強い弾力感があります。

普段食べているラーメンとはかなり食感がかけ離れていますが、これはコレでクセになる感じ。


 

間を置きながら何度か通ってイロイロ試してみましたが・・・

めんむすび的 ベストオーダーのファイナルアンサーはこんな感じ^^

辛さ
特に辛いモノが苦手でなければ ”大辛” がイチ押し
辛いものが得意なら ”特辛”

中辛だと少し物足りない感じですが、特辛を超えると(8倍→15倍)イッキに辛さが激化するイメージ
大辛 or 特辛 がベストかな~

ニンニク
差しつかえなければニンニクは”あり”
グッと”らしく”なります


ココは一択が難しいところですが、蕎麦アレルギーが無ければ韓国麺がより”らしい”と思います

何度か通って、あなたのベストチューニングを見つけてみてはいかがでしょうか?

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

2 元祖辛麺 特辛(2016年9月)

辛麺屋 桝元 中洲本店 (1)

宮崎発祥の辛旨ラーメン♪特辛以上がお薦め

 

2年ぶりに「辛麺屋 桝元」へ。

前回訪問した際は、辛さ選びを失敗して本来の魅力を存分に楽しめなかったので、今日は前回の反省を振り返り意気込んでやって参りました。

こちらは宮崎発祥の辛旨ラーメンで、「辛い」「ニンニク入」がキーワードの個性的な一杯です。

前回は中辛で少し物足りなかったので、今回は飛び級で「特辛」をオーダーしました。

 

宮崎発祥の辛旨ラーメン♪ 辛党なら「特辛」以上がおススメ

辛麺屋 桝元 中洲本店 (1)

注文を受けてから1杯ずつ調理するので、お客さんが多い時はサーブは長め。

気長に待ちましょう。

いよいよ登場。

湯気が物凄い勢いで立ち上ります。

写真を撮るのも一苦労です(笑)

辛麺屋 桝元 中洲本店 (3)

澄んだスープに大量の唐辛子が入っており、真っ赤っか。

勢いよく啜ってしまうと、むせてしまうのでゆっくりズズズっと

特辛から一気に辛いようですが、予想通りの辛さです。

うんうん、これくらい辛さがあった方が”らしい”ですね♪

辛さだけでなく、しっかりとした旨味も感じられるスープです。

ごはんを入れてクッパにしても美味しそう(*^▽^*)

醤油もしっかり効いているので、かなりキレある味わいです。

 

独特の弾力感が魅力のこんにゃく麺で、より”らしさ”を楽しむ

辛麺屋 桝元 中洲本店 (4)

今回は「こんにゃく麺」をチョイス。

いわゆる韓国冷麺の麺です。

蕎麦粉が入っているので、そばアレルギーの方はお気を付けください。

茶色がかった半透明の麺は、独特のコシがあり食べごたえバツグン。

スルスルとした心地よさがありながら、かな~りしっかりした弾力が楽しめます。

結構、ボリュームもあります。

辛麺屋 桝元 中洲本店 (2)

ニラの風味と、溶き玉子マイルド感ふわふわ感が良い感じ。

ホックホクのにんにくも最高です。


 

今回は存分に魅力を楽しめました。

多くの方は「大辛」を頼んでるようでしたので、間違いなく大辛以上がおススメ。

辛いもの好きなら、特辛以上でも良いかと思います!

 

1 元祖辛麺 小辛(2014/8)

辛麺屋 桝元 (2)

辛さ選びが勝負を分ける!?宮崎発祥→中洲名物の辛旨麺。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

辛麺屋 桝元 中洲本店