生ホタテ&キノコが生み出す香りと旨味!オリジナリティ溢れる潮麺

麺場voyage (1)

麺場voyage@東京都大田区
帆立キノコ潮味

 

ラーメン界に於いて最も権威と言われる雑誌「TRY(Tokyo Ramen of the Year)

その「TRYラーメン大賞2013-2014」で表紙を飾った一杯がこちら。

※福岡県民なのに買いました^^;

 

東京に行った際、寄りたいな~と思いつつ残念ながらタイミングが合わず…。

ところがなんと宅麺で提供しているではありませんか!

小躍りしつつポチリと^^

 

こちらの塩ラーメンは、””のホタテとキノコをふんだんに用いたスープが特長とのこと。

干し貝柱はメジャーですが、生というのは初めて聞きました。

スープの原価が凄そうです(汗)

 

とうことで今回のメニューは、麺場voyage 帆立キノコ潮味です。

 

商品構成

麺場voyage (4)

商品の構成は「説明書」「具入りのスープ」「」「岩海苔とホタテの香味油」「キノコのフレーク」の5点

スープにはチャーシューが入っています。

 

作り方説明書

麺場voyage (5)

まずはスープを大なべで10分湯煎します。

香味油とキノコフレークは、常温でそのまま盛り付けます。

 

は、1分ジャストで茹でました。

温めた丼にスープを注ぎ、麺を合わせ具材を盛込みます。

 

トッピングには、白ネギ&青ネギの小口切りをオン。

味変アイテムとして、七味唐辛子を用意しました。

 

シンプルで繊細な味わいから多層的な味わい&薫りへ♪変化を楽しめるスープ

麺場voyage (1)

丼にスープを注ぐと、ふわりと立ち上る豊かな薫り♪

ホタテのダシキノコの風味が優しく鼻腔をくすぐります。

 

まずは香味油を混ぜずにスープをひと口・・・じわ~っと緩やかに甘みのある味わいが広がります^^

ゆったりとしていながら、しっかりとした旨味が。

 

しめじしいたけフレーク岩海苔ホタテ香味油が混ざってくると、薫りや味わいがイッキに賑やかに!

やはりココからが真骨頂といったイメージです。

シンプルで繊細な味わいから、多層的な味わい&薫りへと変化する流れが楽しいですね。

 

美しく滑らかな細ストレート麺。茹で時間は好みで

麺場voyage (3)

麺は細めのストレート

非常に美しい出で立ちに期待が高まります^^

 

スープも良く絡み、なかなかイイ感じだったのですが、かなり柔らかめな仕上がり。

どのメニューも指示書の記載で、一番短めの時間で茹でているのですが…。

 

ちょっと僕には柔らかすぎるかなぁ ^^;

もちろんソフトな細麺ならではの良さもあると思います。

スープとの馴染み方、一体感は素晴らしいものでした。

ここは好みの問題かと。

 

質感の良いチャーシューがオン。スープの味を壊さない仕上がり

麺場voyage (2)

チャーシューはしっかりとした肉質肩ロースかな?

麺のソフトタッチとのコントラストは、好みが分かれるかも知れません。

が、質感は素晴らしい、上質な素材と仕上がりだと思います。
何といってもこのスープに合わせるメイン具材は…非常に難しいかも^^;

仮に鶏チャーシューだったとしても、ジャストにはならないでしょうし(汗)

個性際立つスープゆえの難しさなのかも知れませんね。


 

非常にオリジナリティ溢れる一杯だけに、やや食べ手を選ぶのはやむを得ないかも知れません^^;

めんむすび的にも、ふくめん2号(女性)は好みのツボに入ったようでした♪

どちらかと言えば、女性に好まれそうな一杯だと思います。

繊細な仕事ぶりが光る、先端を行くメニューですね^^

 

今回のメニューはコチラ

麺場voyage 帆立キノコ潮味


「生帆立のエキスと磯の風味たっぷりの絶品潮ラーメン」
生帆立から取ったスープに、岩ノリ等の磯の風味、キノコの芳醇な旨みを足した絶品の塩ラーメン。その革新的な一杯は、業界最高権威である雑誌「TRYラーメン大賞2013-2014」版で表紙を飾り、塩部門第1位を獲得した極上の逸品だ。
~公式ページコメントより

 

 

コメント0
TAG :

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA