その名に違わぬ芳醇な薫り♪ほんのりビターな味わいが大人向きな一杯

麺や而今 (1)

麺や而今@大阪府大東市
芳醇醤油鶏そば

 

大阪が”ラーメン砂漠地帯”などと揶揄されたのはもはや大昔のこと。

今では超ハイレベルなお店が数えきれないほど♪

福島駅近辺なんて、凄まじいほどの激戦区だと思われます。

 

そんな大阪の地において”2013年&2014年食べログベストラーメン1位!”という快挙を成し遂げたのが今回の「麺や而今@大阪府大東市」です!

非常に有名なお店なので名前だけは知っていましたが、これまた宅麺で食べられるとは。

こういうところが強みですよね(^^ゞ

 

今回は看板メニューである、麺や而今 芳醇醤油鶏そばを頂きます。

 

商品構成

麺や而今 (4)

商品の構成は「説明書」「スープ」「」「具材」の4点

今回、調理例の写真に近づけるには、結構な具材が必要です(笑)

 

作り方説明書

麺や而今 (5)

まずはスープを大なべで10分湯煎しつつ、残り2~3分になったら具材を投入

は、1分40秒で茹でました。
温めた丼にスープを注ぎ、麺を合わせ具材を盛込みます。

 

トッピングには、茹でたホウレン草・水菜・白ネギの小口切り・山椒用意

改めて見ると、糸唐辛子もあった方が良かったかな(汗)

 

その名に違わぬ芳醇な薫り♪ほんのりビターな味わいが大人向き

麺や而今 (1)丼にスープを注ぐと、ふわっと立ちのぼる芳醇な薫りが♪

まさにネーミングに違わぬその仕上がり。

いやがうえにもテンションがあがります^^

 

いよいよ実食。
それではスープをズズッと・・・ほほう!想像以上にアッサリ淡麗な味わいです。

丸鶏鶏ガラからとったスープを、生醤油鮎の魚醤で仕上げた一杯。

ややクセのある味わいがなんとも大人向きです。

 

スープの繊細な味わいのなかで、やや揚げネギが主張するイメージ。

じっくりと飲み進める程に、しみじみと旨味が舌に沁み入ります。

 

ほんのりビターなスープと、ソフトで風味の良い麺のコントラストが印象的

麺や而今 (3)ふわっ&もちっとした食感がたおやかな中細ストレート麺

小麦の風味もふわっと立ちのぼります♪

 

時間は短めに茹でたのですが、なぜかブチブチとちぎれやすい状態だったのがやや残念(汗)

根拠は無いものの、仕様というより個体差の問題だったのでは…^^;

麺の甘みスープややビターな味わいのコントラストが、なんとも印象的です。

 

具材まで存分に個性を発揮!鴨チャーシューやつくねなどがオン

麺や而今 (2)具材は鴨のレアチャーシューバラのロールチャーシュー軟骨入りつくねの3種が。

それぞれに味わい、食感共に異なる個性的な具材でした。

説明書きに沿って、水菜茹でたホウレン草を両方用意しましたが、水菜だけで充分かな~

ネギは小口切りにしましたが、白髪ネギの方がよりリアルだったかも知れません(^^ゞ


 

非常に繊細。かつオリジナリティの高い一杯でした。

若干、人を選ぶ感もありますが、ハマるとクセになる味わいだと思います^^

まずもって福岡ではお目にかかれないタイプ!

こんな多彩な味わいが気軽に楽しめるのが、宅麺の醍醐味ですね♪

 

今回のメニューはコチラ

麺や而今 芳醇醤油鶏そば


「食べログ1位!芳醇な鶏の旨みと鮎魚醤のコクを楽しめる贅沢な一杯」
「2013年食べログベストラーメン」大阪で堂々の一位を獲得した「麺や而今」。絶品のチャーシュー、鴨ロース、軟骨入りつくねを、芳醇な鶏の旨みと鮎魚醤の豊かなコクが鮮やかに広がるスープや小麦香る中細麺と一緒にどうぞ。
~公式ページコメントより

 

コメント0
TAG :

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA