一面に敷き詰められた、肉・肉・肉・肉・肉なチャーシューメンを存分に味わうべし

mizuki-ramen-6

水城らぁ麺@太宰府市水城
チャーシューめん

 

お久しぶりに、水城らぁ麺@太宰府市へ。

一見すると決して派手なタイプのお店ではないのですが、

丼の一面を大量のチャーシューが覆いつくしたチャーシューメン

チャンポン界の二郎インスパイア的なボリュームを誇る、特大チャンポン

というインパクトの強い2つのメニューを持つお店です^^

 

少々ご無沙汰でも決して忘れることの無い、チャーシューメンのあのビジュアル!

懐かしくなり訪問してきました。

 

アクセス

お店の場所は、太宰府インターの近く

近隣には 「一風堂 太宰府インター店」 「太宰府 八ちゃんラーメン」 「三氣 水城本店」 といったラーメン店があります。

 

店舗外観

mizuki-ramen-5

お店の前と横には専用の駐車スペースがあります。

 

店舗内観

mizuki-ramen-1ラーメン屋さんらしいオーソドックスな雰囲気。

正面には厨房を囲むように大きなL字型のカウンターが、左手には小上がりの席もあります。

 

卓上調味料

mizuki-ramen-3

卓上にはコショウゴマなどの定番アイテムがズラリ。

この写真では見えませんが、懐かしのゆで玉子もあります^^

 

おしながき

mizuki-ramen-2ラーメンは、とんこつに加え、味噌や、カレーも♪

そしてごく自然に「ちゃんぽん 650円」と書かれているものの、これこそ爆盛りなちゃんぽんです!

何も知らずにオーダーして出てきたら、固まるだろうなぁ(汗)

と言いつつ、久しぶりなので僕のデフォである、チャーシューめんをオーダー。

今日のお腹の具合では、あのちゃんぽんは絶対に食べきれないです^^;

mizuki-ramen-4

ちなみにトッピングメニューも豊富だったりします。

 

バランス良しなホッコリ系とんこつ。 気軽にいただける普段着のウマさ

mizuki-ramen-6あっという間に登場。

おおっ! 変わらないこのビジュアル^^

実に12枚ものチャーシューが、花びらの様にビッシリと敷き詰められています。

さらに上をいく ”こちら” のチャーシューメンもありますが、水城らぁ麺の一杯もなかなかのものです。

mizuki-ramen-8

ではではスープからズズっと・・・ふぅ、ウマいね~

コクはありつつ、比較的アッサリとした口当たりのスープは、食べ飽きないタイプ。

ドカン!ときたり、キレッキレだったり、というタイプではなく、ホッコリとした普段着の味わいです。

しかしながら変にくさみもなく、ほど良い脂のパンチも効いており物足りなさは感じさせません。

 

滑らかな啜り心地でイッキに完食。 舌触りの良いスクエアなストレート麺

mizuki-ramen-9麺はエッジの立った中細のストレート

スルスルと滑らかな啜り心地が、アッサリ系のスープとよく合います。

麺量は多くないので、腹ペコ状態なら替玉必須でしょう。

 

麺1玉ではとても足りない! ガッツリと肉感を味わうワイルドなチャーシュー

mizuki-ramen-7それではチャーシューを、贅沢にパクパクいっちゃいます♪

・・・あれ? ちょっと肉のガッツリ感が強くなった印象。

以前はもっとトロっと、口当たり優しめだったような・・・気のせいかな?

どちらかと言えばガシっとワイルドに肉の食感を味わうタイプでした。

うむむ・・・思い込みなのか、この日のコンディションなのか。

判断が難しいところです^^;


 

控えめな麺にタップリ大量のチャーシュー

肉を存分に味わえる一杯です。

太宰府周辺は僕の中では既に遠征エリア。

この機会に・・・とハシゴすることが多いので、なかなかチャンポンには手が出しづらいのですが・・・次回は狙ってみようかな^^;

でも気になりながら未食となっている、カレーラーメンが先かなぁ~ (^^ゞ

 

良かったらいいね!お願いします♪

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

水城ラーメン

昼総合点★★★☆☆ 3.3

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA