【モヒカンらーめん 味壱家@久留米市津福本町】 久留米に新風を吹き込む人気ブランド

久留米市津福本町にある、「モヒカンらーめん 味壱家」 をご紹介します。

2000年7月にオープンした人気ブランド。

現在はこちらの本店、「世界のモヒカン 文化街店」 の2店舗を展開しています。

同じく久留米を代表するブランドのひとつ 「本田商店」 と共に、ラーメンショーをはじめとするイベントにも数多く出店。

久留米から全国へ、とんこつラーメンの魅力を発信しています。

 

5 モヒカンタンメン(2018年10月)

モヒカンの新作は ”蒙古インスパイア” これからの季節にピッタリの一杯!

いつもの如くInstagramを眺めていると・・・

「むむっ?見たことも聞いたことも無いメニューがモヒカンに!?」

・・・モヒカンタンメン?
おおっ、これは紛れもなく、蒙古でスパイシー系なヤツですな♪

もっとインスパイアなメニューが登場しても良さそうなジャンルにも関わらず、意外に見ないこのタイプ (^^ゞ

興味津々で訪問してきました。

 

アクセス

西鉄天神大牟田線 試験場前駅のスグそば。

津福バイパス 試験場前駅北交差点から、80メートルほど路地に入るとお店があります。

 

店舗外観

大きな看板がひときわ目を引くファサード。

向かいには専用の駐車スペースがあります。

その一角には屋台や、観光地にあるアレが(笑)

無断駐車はモヒカン刈りの刑」なので、くれぐれもお止めください^^

 

おしながき

入店前に、店頭のメニューを見ておくとスムーズだと思います。

こちらは2018年10月時点のラインナップ。

ラーメンは、とんこつ・台湾まぜそば・そして新作 モヒカンタンメン の3種を提供。

焼き替玉とんこつ飯といったオリジナルメニューも楽しめます。

お目当てが見つかったら、入ってスグの券売機へ。

 

店舗内観

入って正面の壁が無くなり、グッと見通しの良い感じになりました。

入口近くにはカウンター席が、奥に行くとテーブル席が。

確かさらに奥には、お座敷もあったと思います。

ふと天井を見上げれば・・・

壁面には・・・

以前に比べ控えめになった気もしますが、店内の色んなところにモヒカンテイストを感じることができます^^

テーブルそばには辛子高菜などを置く、セルフコーナーも有り。

 

卓上調味料

卓上にはコショウ餃子のタレがあります。

 

スープ、餡、麺が渾然一体となった、熱々のところをやっつけるべし♪

スムーズに着丼、
こちらがお初となる モヒカンタンメン です!

淡い褐色のスープに、刺激的な色合いの麻婆豆腐を合わせた一杯。

いやが上にも期待が膨らみます。

まずは麻婆を避けてスープをひと口・・・ほうほう、ナルホド^^

円やかでキレの良い、味噌仕立てのサラリとしたスープですな。

麺はモッチリとした弾力感を楽しめる中太のストレート
量も多めで食べ応えがあります。

麻婆ソースを混ぜ込んだスープと具材に、麺を絡めてズズっと。
うん、ウマいね~ (^o^)

「相当辛いのかな~?」とやや警戒してましたが、結構いいバランスの辛さですね♪

辛いモノは苦手・・・という人には向きませんが、比較的食べやすいチューニングだと思います。

豚肉、玉ネギ、人参、豆腐など、麻婆餡には色んな具材が。

適度にクタっとした食感なので、麺やスープと良く馴染みます!

麺だけを啜らず、全体を馴染ませながら味わうとより旨さを感じますよ~

 

4 台湾まぜそば(2018年10月)

台湾まぜぞばの醍醐味は、”麺・タレ・具材の一体感” にアリ!

こちらは3年ほど前に登場した 台湾まぜそば

ふくめん2号はリリース直後に味わったものの、僕は未食だったことに気づき今回いただきました(^^ゞ

レギュラー化したということは、やはりニーズ・オーダーが多いということでしょうね。

今年になってようやく 「元祖台湾まぜそば はなび@大名」 が登場しましたが、福岡で台湾まぜそばが食べられるお店は未だ数少ないので・・・

閑話休題。

それでは全体をよ~くかき混ぜて~いただきます。
ズルズル・・・うん、旨いっ♪(´ε` )

モッチリ中太麺肉みそと薬味がガッツリと絡み付き、煮干し粉がさらに後押し。

丁寧な作り込みで、渾然一体となった旨さを存分に楽しませてくれます。

デフォでも思いのほかスパイシーでしたが、ラー油で辛さを調整することもできます。

昆布酢をかけ回すと、マイルドかつ深みが増してイイ感じになりますよ!

モヒカンの一杯は、肉みそがタップリなのも嬉しいところ^^

丼の底に残った具材に、〆に付いてくるゴハンを投入。

ゴハン割にして最後まで楽しみます。

ふくめん2号曰く 「リリース当初より、グッとバランスの良い仕上がりに♪」とのこと。

確かに実にバランスの良い、ハイクオリティな一杯でした。


 

スパイシーなタンメン台湾まぜそば
どちらも福岡ではレアなメニュー。

ピコ~ン!ときた方は、まず一度お試しあれ(^-^)v

次回は原点回帰でデフォのラーメン&焼き替玉・とんこつ飯を楽しもうかな~

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

3 モヒじろう【限定】+ モヒカンらーめん(濃く味)(2016/4)

モヒカン (8)

モヒカン (4)

モヒカン meets 二郎。 自らを活かしてこそ。インスパイアは斯くあるべし♪ 

 

2 台湾まぜそば【限定】(2015/5)

モヒカンらーめん 味壱家[1]ガツンとくる辛みが心地よい、モヒカンの台湾まぜそば!

 

1 チャーシューめん+焼き替玉(2015/4)

モヒカンらーめん (1)[1]口当たりアッサリ。キレ味さらりで飲みの〆にもピッタリ!

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

味壱家