【元祖 名島亭 JRJP博多ビル店@博多区博多駅中央街】名島亭の味を博多駅で楽しむ♪

博多区博多駅中央街「JRJP博多ビル」の地下1階にある、

長浜ラーメンの人気店 「元祖 名島亭 JRJP博多ビル店」をご紹介します。

言わずと知れた東区を代表するレジェンド

2015年の、新横浜ラーメン博物館出店(2017年卒業)を皮切りに・・・

2016年春には、ラーメンスタジアムそしてこちらJRJPビルへ出店。

今まで東区でしか味わえなかった味を、気軽に楽しめるようになりました♪

 

5 名島のちゃんぽん(太麺)(2017年10月)

あの人気メニューに太麺が仲間入り♪ ”ちゃんぽんらしさ”を楽しむならコッチで。

思い出すと無性に食べたくなる”名島亭のちゃんぽん

本店とJRJP店は15時以降の提供と、ややハードルが上がってしまうため、なかなか食べられていない中、この日は夕方から博多で打合せ。

ここぞとばかりに、JRJP博多ビル店の方で楽しんで参りました。
しかも、「太麺バージョン」が選べるとのこと。

 

アクセス

博多駅 博多口を左手へ。

Shin-Shin」 「博多担々麺 とり田」 などが立ち並ぶ、KITTE博多の地下を抜け・・・

二○加屋長介 JRJP博多ビル店」 などが並ぶ、駅から三百歩横丁を抜けた先に・・・

ド~ンと名島亭があります。

 

店舗外観

大きな暖簾が見事なファサード。
※外観は前回訪問時のものです。

 

店舗内観

JRJP博多ビル店の店内が一部リニューアル

テーブル席とカウンター席が、機能的にレイアウトされた作りになりました。

壁面には名島亭の歴史と特長が記されています。

大将である城戸さんにお願いして、厨房をパチリ。

この見事な築炉釜で、名島亭のスープが炊かれています。

迫力あるなぁ~(^^ゞ

 

卓上調味料

卓上には、コショウやゴマが。

フロアの中央には、名物のおでんコーナーと、辛もやし辛子高菜が置かれたセルフコーナーがあります。

 

おしながき

こちらが現在のメニュー。

基本となる ”とんこつラーメン” に加え、第1回 福岡ラーメンショーで登場し名物となった ”名島のちゃんぽん” も楽しめます。

ごはん、餃子、おでんなどが付く、お得なランチセットも。

本店には無い、半やきめしのセットも提供されています。

そしてこちらが太麺登場のちゃんぽん。

細麺 or 太麺が選べるようになりました。

 

決め手はオイスターソースと辛味ダレ。

この日は、大将である城戸さんが厨房に立っていらっしゃり
ラッキーなことに調理する様子を見る事ができました。

通常一緒にかけられて出てくる辛味ダレは、「最初は混ぜずに、後半は好きな量だけかけて楽しんでほしい」ということで別皿で提供されました。

どんぶりにこんもり盛られたたっぷり野菜。
ピンクのかまぼこが ”THE ちゃんぽん” 的なビジュアルです。

スープをグビっと♪
築炉釜で炊かれた豚骨スープは、口当たりが軽やかなのにグッと奥深い力強さを感じる仕上がり。

アッサリが好き、コッテリが良い、という両者どちらも満たしてくれる味わいです。

野菜などを炒める際に、少しオイスターソースを加えられており、スープに溶け出すと更にパンチを増したスープに変化していきます。

後半は、辛味ダレを徐々に溶かし込むと、キュッとハッキリした輪郭を描くテイストになります。

 

らしさを存分に楽しめる、ちゃんぽん麺

そして、こちらが今回登場した太麺。
ちゃんぽんらしい、ラウンド状の太麺です。

ツルツルと滑らかな口当たり。
ソフト&モチモチとした優しい食感。
まさしく「コレコレ♪」といった感じです。

後半はスープを少し吸って、噛むほどに口の中で旨みが広がります。

 

ちゃんぽんはこうでなくっちゃ!と言わんばかりのたっぷり具材

サイコロ状のきざみチャーシュー、キャベツ、ニンジン、もやしなどのたっぷり野菜で、ヘルシー欲も満たされます。

麺量もそこそこあるので、結構お腹がいっぱ~い(^^)/
もっと食べたいときは細麺の替玉なんてのも良いかもですね。

 

細麺ちゃんぽん(本店)

因みに、こちらはふくめん1号が私に触発されて翌日本店に訪問した時のもの。

数名で行ったそうなので、太麺と細麺、両方楽しんだとのこと。
(写真は細麺です)


 

太麺と細麺。
どちらがオススメか?と言われれば・・・

名島亭らしさを楽しむなら、「細麺」が間違いなし!
ちゃんぽんらしさを楽しむなら「太麺」かな。

1号は「細麺」が良いと言ってましたが、おそらく女子的には「太麺」が好まれそうなイメージです。

つまり、どっちもオススメってことで(笑)

本店とコチラのJRJP博多ビル店15時以降での提供。
ラーメンスタジアムでは、終日提供されているとのお話しでした。

寒くなってくるとガッツリボリューム満点なチャンポンも良いですよ~♪

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

4 冷やし中華【限定】(2017年6月)

まずは一度食べてみんしゃい♪ 懐かしさと新しさを併せ持った、名島の冷やし中華

そんな 「名島亭」 が、2017年6月22日(木)でいよいよ30周年を迎えます!

当日は本店とJRJP博多ビル店で、「300杯の無料振る舞い祭」 を実施♪

そして前後の、6/21(水)6/23(金)は、ラーメン1杯がワンコインに。

ちょうど先日発売したばかりの ”冷やし中華” も食べたかったので、前夜祭の6/21にJRJP店を訪問して参りました^^

そして現在は、夏季限定 冷やし中華 が提供されています。

 

麺の旨さにシビれるっ♪ 懐かしきビジュアルと味わいにプラスアルファを

まずは限定メニューの、冷やし中華から。

昨年も食べてすっかりお気に入りになったメニューです (^^ゞ

昭和を思わせる、懐かしくも華やかなビジュアル。

チャーシュー、ハム、キュウリ、キクラゲなど、色々な具材が盛り込まれています。

ではではまずは麺をズズっと・・・うんうん、この麺の旨さがポイントなんです♪

シュルっとコリっと極めてしなやかで存在感ある味わい。

こんなに麺が旨い冷やし中華には、滅多にお目にかかれません^^

タレは甘辛酸っぱい、ノスタルジックなテイスト。

味・食感共に様々な具材が、麺に塩梅よく絡んで万華鏡の様。

ひと口ごとに味わいが変化します。

辛子マヨネーズを付けても旨いし、卓上のすりごまを多めにかけても良いそうです。

「冷やし中華・・・ね・・・」という方にも、一度お試しいただきたいハイクオリティな一皿ですね (^o^)

 

ラーメン

こちらは、基本のラーメン

コレがねぇ~、やみつきの美味さなんですよね♪

アッサリめの軽やかな口当たり。

しかし、それでは終わりません!

食べ進めるほどに、グイグイと舌に染み入るトンコツのダシ感

柔らかなのに芯があり、キレの良さと円やかさを併せ持つ一杯\(^o^)/

シュルりと啜り心地の良い、極細麺との相性もまたバツグンです。

長浜ラーメンの中でも、至高の一杯だと思います♪

 

名島のやきめし

こちらは、名島のやきめし

ふんわり、ハラリと絶妙の炒め具合で、いくらでも食べられそう♪

ラーメンのスープとの相性は言わずもがな^^

後半は辛子高菜を乗せて味わうのも、めんむすび的にお薦めです。


 

麺が変わると、冷やし中華はここまで旨くなる!

そう気づかせてくれた一皿。今年も楽しめて良かったなぁ~^^

いよいよ明日は、30周年記念の日。

ファンの方も、今までタイミングが無かった方も、名島の本店・JRJP博多ビル店へ。

是非とも楽しんでみてくださいね (^o^)

※6/22はイベントにつき、冷やし中華の提供は無いと思われます。ご注意を^^;

次回また、名島のちゃんぽんを食べようかな~♪

3 焼きラーメン( 2017年1月)

優しいソースの味わいに、ぽってりマヨの円やかさが嬉しい夜限定の焼きラーメン

この日は博多店・夜限定の焼きラーメンがお目当て。

更に、大将の城戸さんもいないかなぁ~なんて期待してみたけど、今日は不在の様子(>_<)

城戸さんは、それぞれの店舗を回っておられるため、運が良ければお会いできるそうですよ~♪

 

アクセス

博多駅から歩いて三百歩というコチラは、地下通路で繋がっているので案内表示板を見ながら行きましょう。

三百歩横丁は一つの大きな空間の中に、「二○加屋 長介」や「NIKUYAKI Benjamin」などの飲食店が軒を連ねます。

名島亭はその空間を通り過ぎた一番奥にあります。

 

店舗外観

かなり大きな赤い暖簾がインパクト大♪

オープン当初は券売機でしたが、現在は店内でオーダーするスタイルになったそうです。

 

店舗内観

店内はゆったりと広く、カウンター席&テーブル席があります。

入って正面には、おでんコーナー高菜&辛もやしコーナーも。

お!LINE@も始めたとのこと。

大将 城戸ちゃん」って書いてあるのが、めちゃくちゃキュンキュンきます♡

 

おしながき

デフォの「築炉釜出しとんこつ」に加え、ねぎ辛味噌などのトッピングVer.、餃子おでんなどのサイドメニューがあります。

また、本店では15時以降しかオーダーできない「名島のちゃんぽん」は時間関係なく食べられます。

夜は煮手羽野菜炒めなどのおつまみ系も登場。

焼きラーメン」は、確かここでしか提供していないレアメニューです。

今日は、車なので飲みはしないものの、アレコレ頼んで頂いちゃいます(^-^)

 

アレコレ♪

はい、食いしん坊の私たちが色々とアレコレ頼んじゃいました(笑)

 

おつまみ盛り

チャーシュー、もやし、きくらげ、ねぎ、玉子。

ポン酢らしきものがかかっており、さっぱりと頂け、お酒も進みそうです。

 

おでん

とんこつスープで煮込んだおでんは、かなりの染み具合

大根なんか、とろけちゃいそうな感じです。

からしを付けて、じゅわーっと。

 

名島亭一口餃子

パリッと、ジュワっと。

間違いなしの鉄板の味わいです。

 

焼きラーメン

そして、メインの「焼きラーメン」。

コロンと中央に乗る卵黄と、ぽてっと添えられたマヨネーズがステキ♪

野菜もたっぷりです。

麺はラーメンやちゃんぽんと共通と思われる細めのストレート麺

スープがない分、パツッとしなやかなヒキコシを楽しめます。

最初はスルッと、段々モチっと。

麺量がそれほど多くないので、ペロリとおやつ感覚でイケます(笑)

味わいはソース寄り

とんこつスープ主体とソース主体に大きく分けられるかと思われますが、名島亭のはややソース優勢な感じです。

優しめにソースが効いているので、とんこつ感も感じます。

まずはそのまま→卵黄を混ぜて円やかさを堪能マヨを付けてマッタリと濃厚な味わいを楽しみましたヽ(´ー`)ノ

ちょっと添えられた紅ショウガがこれまた、グーです♪

 

名島のちゃんぽん

こちらは「名島のちゃんぽん

本店では15時以降しか食べられないので、常時食べられるのは嬉しい限り。

自慢のとんこつスープに野菜の旨味が溶け出し、奥深い味わいに。

そこに細麺を合わせ、スルスルッと一気にかきこめる旨さです。

詳しいレビューはこちらから

JRJP博多ビルにも登場!名島亭の人気メニューをココでも楽しめる

元祖名島亭 博多店@博多区博多駅中央街名島のちゃんぽん & 名島のやきめし 3月末にラーメンスタジアムへ出店を果たした名島の人気&老舗店「名島亭」その約1か月…

 

名島のやきめし

続いて「名島のやきめし

ホックホク懐かし系

コレコレ♪という味わいが愛おしくてたまりませんッッ(・´з`・)

ラーメンやちゃんぽんのスープと共に頬張れば、キャーーーーー最高です。


 

2人で行ったのにどれだけ頼むんだと、きっと店員さんに驚かれたかも、とか思いながら、満足気に帰宅

ラーメン博物館は2月末で卒業ということですので、城戸さんも福岡にいらっしゃることが多くなるのかも。

こちらのJRJP店では城戸さん遭遇率も高いと噂。

あの笑顔に癒されたい方は、ぜひ行かれてみてくださ~い!

 

良かったらいいね!お願いします♪

 

2 冷やし中華(2016/6)

昭和の香り漂う王道ど真ん中のビジュアル。 その一皿の真価は、麺の旨さにあり!

 

 

1 名島のちゃんぽん+やきめし(2016/4)

名島亭 (11)JRJP博多ビルにも登場!名島亭の人気メニューをココでも楽しめる

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

名島亭博多店