【移転】アッサリ系とんこつの完成形!一部の隙もない至高の一杯

南京ラーメン黒門 (1)

南京ラーメン 黒門@遠賀郡遠賀町   
ラーメン+バラ干し(生海苔)

こちらのお店は移転しております。移転先の情報はこちら。
福岡でラーメンの食べ歩きを始めると、「ココは絶対に行かねば!」というお店が現れます。

多くの方がその一軒に挙げるであろう、遠賀の黒門

久々に再訪です。

 

今は無き八幡東区の名店「黒木」に師事し、名店「一竜軒」を愛した店主の方が営んでいる超人気店です。

残念ながら黒木の味は知らないものの、味こそ異なりますが一竜軒にはどこか通ずるものがあるな~と感じます。

 

際立った味わいと世界観が確立された印象のお店です。

大げさな表現のようですが、巡礼という言葉が妙にしっくりきます^^

 

店舗外観

南京ラーメン黒門 (6)南京ラーメン黒門 (7)

国道3号線を岡垣から遠賀方面へ。

戸切の交差点を過ぎ暫くしたら側道へ。

左へと進み286号線沿いにお店があります。

 

お店は奥まったトコになりますが、入り口の道路沿いに看板が出ています。

お店前が駐車スペースになっています。

 

卓上調味料

南京ラーメン黒門 (10)

日曜の正午前とあっては少々の行列は止む無し^^;

7~8名が待っていましたが問題ナシ!

せっかく来たのに食べずには帰れません(汗)

 

カウンターのみなんで回転率はそれなり。

手際よく対応してくれるので、オーダーしてからはスムーズです。

営業時間は16時までとなっていますが、スープ切れで早仕舞いがあるのでご注意を。

早めの時間がお薦めです。

 

メニュー

南京ラーメン黒門 (12)南京ラーメン黒門 (8)

ラーメン、ラーメン大、おにぎり、以上

気持よいほどシンプルなラインナップです^^

このスープと一緒におにぎりを食べてみたい…けど、次があるのでラーメン単品を。

 

今日は「佐賀初摘み海苔」のバラ干し(生海苔)を一緒にお願いしました。

焼海苔は残念ながら売切れ。

あったらおにぎりまで行ってしまっただろうな~(^^ゞ

 

滋味深く、優しさが五臓六腑に染み入るようなスープ

南京ラーメン黒門 (1)
それなりに色々なとんこつラーメンを食べ歩いてきたつもりですが、ここの一杯は特別

近いタイプのお店は?と聞かれても、答えられません(汗)

イマドキ人気のとんこつラーメン店は、「くさい…」「えぐい…」「脂でギトギト…」ということが少なく、”くさみが無くてクリーミー♪”というスタイルがむしろ一般的と言えるほど。

 

しかしこちらのスープは、そこから更に1~2ランク研ぎ澄まされたような唯一無二の味わいです。

それも余分なものを単に切り落としたというより、”良いものを更に凝縮した”というような豊かな味わい♪

 

とんこつの旨味はしっかり

元だれの味や脂が主張しない、本当に優しい味わいです(^o^)

ほんのり甘く、滑らかな味わいのスープは豚骨嫌いの方も、目からウロコではないかと。

 

スープ先行でも、麺がでしゃばるでもない。スープと一体化した極上麺。

南京ラーメン黒門 (5)

細すぎない・太くも無い、ほど良い太さのストレート麺

デフォでお願いすると、チョイやわめの仕上がり

 

スープと麺の一体感が絶妙!!

まさに1+1=3とも言うべきバランス感、マッチングの妙です^^

 

一部の隙もナシ。足りないものも、無駄なものも無い具材

南京ラーメン黒門 (2)

チャーシューはバラと赤身がそれぞれ1枚

味付けは控えめ&肉の食感を楽しめる、適度な柔らかさに仕上がっています。

 

極細にカットされたシブレット

確かにこのラーメンに普通の青ネギをいれたらぶち壊しでしょうね(汗)

 

戻しも上々、クセのない細切りメンマヒゲを丹念に取ったモヤシまで、細部に渡りカンペキです。

哲学的とさえ言える一杯です(^^ゞ

 

海苔

南京ラーメン黒門 (11)

半分食べてから、バラ干し(生海苔)を投入しました。

このスープに加えるのは勿体ない気がしていましたが…

いやいや、このお店が「ラーメンにどうぞ」という以上、間違いないハズ!

 

うむ!間違いナシ♪

海苔の風味・味わいがぶわ~っと広がったスープは、また新たな魅力を発します。

スープを吸った海苔の滑らかな舌触りも良いですね~

 

 

初めて黒門に来たときは、コッテリとんこつにドハマり中だった数年前。

その時でさえ、その完成度に感服しました。

 

あれから色々なラーメンを食べ、改めて感じます。

この一杯はまさに、アッサリ系とんこつの完成形

 

コッテリ系とんこつの完成形(と僕が感じている)、ラーメン力@八幡東区春の町と対を成す、北九州エリアにおける至高の一杯であると思います。

洗練の極みとも言える一杯を供しているお店なのに、堅苦しさやエラそうな態度など微塵も無い、気持ち良い接客もまた素晴らしいです。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

店舗情報はこちらから
南京ラーメン 黒門昼総合点★★★★☆ 4.5