【炙り牛肉専門店 肉釜うどん@糟屋郡粕屋町】 あの丸亀製麺に”炙り”スタイルが登場

糟屋郡粕屋町にある、「炙り牛肉専門店 肉釜うどん」 をご紹介します。

人気の全国チェーン 丸亀製麺 が手掛ける新業態が糟屋郡に登場。

同じくうどん屋さんではあるようですが・・・ ”炙り牛肉” という気になるフレーズが何とも刺激的です!

 

1 牛焼きしゃぶ かけ(2018年6月)

全国でココだけ!? 丸亀製麺の新業態は、炙りの香ばしさがウマさの決め手

うどんチェーンでは基本 ”丸亀派” だけに、これはちょっとスルー出来ない案件 (^^ゞ

オープンに合わせて早速行ってきました。

 

アクセス

篠栗線 長者原駅からほど近く。
607号線 長者原交差点のそばにお店があります。

旧 丸亀製麺 糟屋店だった場所です。

 

店舗外観

まさに丸亀ベースのファサード(笑)
ビジュアル的にもう少し打ち出し強めでも良さそうですが、安定のトーンでございます^^

店頭には焼きしゃぶ用のお肉や、お昼寝中のうどん生地などが展示されています。

 

おしながき

例の如く、先に注文口でオーダーしてから、トッピング→レジへと進むパターン。

看板メニューの ”牛焼きしゃぶ” は、熱いダシを注ぐ ”かけ” に加え
温・冷タイプのぶっかけも選べます。

丸亀でお馴染みのメニューもアレコレと。
トッピングの ”焼しゃぶ” を乗せれば、カレー や とろろ醤油 にも組み合わせられるようです (^^ゞ

お初にお目にかかる焼肉丼など、ゴハンものもアレコレと。

こちらはトッピングの揚げ物
「こんなに!?」と思ったら、白文字が今日あるものらしいです^^;

でも、”牛かつ” ”黒ゴマホクホクかき揚げ” といった珍しいアイテムもあります。

 

店舗内観

お店の方にご了解を頂いて、”焼き” のシーンをパチリ。
オーダーが入ると、網の上でどんどんお肉を焼いていきます^^

さっと焼く感じかと思いきや、結構しっかり焼いて脂を落としているイメージ。

ジュワジュワと香ばしく焼ける音立ち上る香りが空腹に沁みますね~(^^ゞ

客席はテーブルあり、小上がりありの、ゆったりとしたスタイル。
一人でもグループでも気軽に立ち寄れます。

 

肉の香ばしさが桁違い♪ いつもの肉うどんとはひと味もふた味も違います

こちらが、牛焼きしゃぶ かけバージョンです。

パッと見、ビジュアルとしては・・・地味(笑)

写真だけ見ると、ごく普通の肉うどんに見えますね^^;

ともあれまずは、お肉を絡めつつ麺をズズっと・・・ほほう、こりゃウマい♪(´ε` )

肉質も柔らかく、通常の肉うどんとは香ばしさが桁違いです。

いわゆるメイラード反応というものでしょうか。

”焼き”によって、うま味・風味・香ばしさグ~ンとアップしています。

アゴを中心とした5種の合わせダシ甘口醤油で仕上げたスメに・・・

肉のうま味がジワ~っと溶け込んで・・・なんともコク旨 (^o^)

麺にしっとりと寄り添う、通常の肉うどんに比べ、各段に ”肉食べてる感♪” がありますね。

一見すると少し硬そうかな~?と思ったものの、薄切りで柔らかな仕上がりでした。

 

焼肉丼

こちらは、ついうっかりオーダーしてしまった焼肉丼。

こちらもややビジュアルに難がありますが(笑)
味はキッチリ

焦がしたタレのパンチが、いやが上にも食欲をかき立てる一品でした。

スメを啜りつつ味わうと、ウマさが一番とアップします^^


 

全般的にビジュアルは控えめですが、出来たてのライブ感香ばしさが魅力。

なかなか写真では伝わりづらい点が悩ましいところです^^;

通常の丸亀製麺との差別化は、充分なような・・・もう少し欲しいような・・・

イメージ、メニュー構成共にもっと思い切りがあっても良かったのかも?
逆に言えばその分、手堅いですね。

フライパンではなく網焼きにすることで、これまでの丸亀のメニューには無かった味を確立

あの”グリルスタイル”を活かして、今後更に魅力的なメニューが登場するとイイな~

ちなみにこちらの新業態。おそらくこちらがお初の登場!?
8月には、鳥栖に2号店がオープンする模様です。

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

炙り牛肉専門店 肉釜うどん