【おいげん 太宰府店@太宰府市宰府】 警固の人気店がいよいよ支店をオープン!

太宰府市宰府にある、「おいげん 太宰府店」 をご紹介します。

西区野方に本店を構える人気店 「ラーメン処 西谷家」 の流れを汲むブランド。

伊都商店としてスタートし、その後 ”おいげん” へとスイッチした警固の本店は 「食べログスコア 3.60!」を示す人気店です。

2018年11月、太宰府駅前に2店舗目となる太宰府店がオープンしました!

 

2 炭火チャーシュー麺(2018年11月)

太宰府駅前の勢力図を塗り替える!? 濃厚とんこつ&アッサリ醤油のおいげん登場

前回、本店を訪れた際に店主さんから 「2店舗目オープンします!」 と聞いてから楽しみにしていた今回のオープン。

ハイクオリティなとんこつはモチロンですが、どうやら醤油ラーメンが太宰府オリジナル仕様になるとのこと。

興味津々で訪問してきました。

 

アクセス

西鉄 太宰府駅のスグそば。
駅を出て左手、福銀の横にお店があります。

以前はうなぎ屋さんだった場所ですね。

近隣には 「一蘭 太宰府参道店」 「ラーメン暖暮 太宰府駅前店」 といったラーメン店があります。


 

店舗外観

モダンな雰囲気に、大きな看板がド~ンと主張するファサード。

ラーメン屋さんらしさは控えめの、シャレたつくりとなっております。

ちなみに周辺には数多くのコインパーキングがありますが、中には観光客向け=トラップ価格も!?

設定は確認して停めた方が良いかも知れません^^;

 

おしながき

食券制なのでまずは入って左手の券売機へ。
こちらは2018年11月時点のラインナップです。

イチオシは ”炭火チャーシュー麺

ラーメン1枚入・600円)→ハーフチャーシュー(3枚入・700円)→チャーシュー5枚入・800円)
という分かりやすい設定。

替玉しない時はハーフがありがたいんだよね~とか思いつつ、チャーシュー麺をポチっと(笑)

黒マー油入りに加え、30杯限定の 醤油ラーメン も提供されています。

警固本店の醤油とは趣が異なる一杯とのこと。楽しみです^^

餃子おろしチャーシュー丼などの、サイドメニューもあります。

 

店舗内観

結構奥行きのある内観。
左手にはいくつもテーブル席が、右手には長~いカウンター席があります。

グループでも1人でもOKです。

 

卓上調味料

卓上には激辛の辛子高菜と、紅生姜などが。

「あれ、コショウが無い?」 テーブルやカウンターを見回しても・・・無い?

こりゃ珍しい (^^ゞ

そう言えば本店は?と調べてみましたが・・・有るような無いような(汗)

聞いてみればよかったなぁ~

 

ぶれなく真っすぐ!炙りチャーシューの香りと旨味で旨さマシマシ

まずはメインである、炭火チャーシュー麺 から。

実に勇ましく、ピシャリと収まった出で立ちにホレボレしますね^^

早速スープをズズっと・・・うぉ~っ、旨いっ (о´∀`о)

 

とんこつ感も脂もガツっと強めの濃厚な味わい!

タレもビシっと決まっており、実に明快な旨さがグイグイと押し寄せてきます。

 

誤魔化しの無い、真っすぐな味わいが、まさに ”おいげん” の真骨頂といった感じです^^

 

麺はカタメでいただきました。

北九州の有名店も御用達 ”安部製麺” の麺はシュルっと心地良い啜り心地♪(´ε` )

細めなのにしっかりとした存在感があり、濃厚&極旨スープの名店に愛されている理由がよく分かりますね!

そして重要アイテムの ”炙りチャーシュー”

本店同様、提供する度に炭火で炙って盛り込む手間ひまを惜しまないスタイルです。

香ばしいフレーバー、ジュワっとトロける脂肉感ある赤身

チャーシュー自体の旨さも然ることながら、その香ばしさがスープに移って実にコレがもう♪(´ε` )

炙りチャーシューを使うお店の中でも、随一と言える存在ですね!

 

1 醤油ラーメン(2018年11月)

おいげん醤油 太宰府Ver. 心和むスープ+個性派チュルプリちぢれ麺が旨し♪

こちらは新作の 醤油ラーメン

警固本店にある ”醤油ラーメン” とはグッとベクトルを変えたニューバージョン

これも楽しみだったんだよねぇ~(^^ゞ

キレイに盛り込まれた一杯にテンションUP。
早速スープを・・・なるほど、こうきましたか!

九州らしさを感じる丸みのある醤油ダレに、椎茸の風味が際立つ一杯。

福岡らしい甘みを楽しませつつ、いいトコでフッとキレを感じるバランスが絶妙です♪( ´▽`)

この心和む香りの良さも特筆すべきポイントですね。

麺がコレマタ面白い!
本店の太いちぢれ麺とは打って変わって、かなり細めのちぢれ麺を使用しています。

かなり細めながらこれまた頼もしい存在感がアリアリ。

チュルチュル&プリプリ、食べていて実に楽しい麺だねぇ~(^-^)

肉のコクをしっかりと楽しめるチャーシューはおそらく醤油専用

青ねぎ、玉ネギ、カイワレ、そして甘ウマな椎茸が乗って、味わい・食感共に賑やかな一杯♪

博多の醤油好きなら、ぜひ一度いってみて欲しい逸品です。

1日限定30杯なので売切れにはご注意を。

 

おろしチャーシュー丼

それほどお腹が減っていなかったにもかかわらず・・・

本店に無いメニューは…」 と物色していたら、おろしチャーシュー丼 を発見。

「480円かぁ、ちょっといいお値段だなぁ・・・」 と思いつつポチっと (^^ゞ

ふくめん2号に突っ込まれつつ、「食は一度一会だから」 と訳の分からない言い訳をしながらゲット(笑)

登場してビックリ!
・・・なるほど、だから480円なのね^^;

写真ではちょっと伝わりにくいと思いますが、もはや一品ものとして成り立ちそうなレベル。

抱えるとメッチャずっしりしてます。

ボリュームに慄きつつも、とにかくパクっと・・・おおっ、こりゃウマイ♪(´ε` )

肉肉しい角切りチャーシューがゴロゴロ、たっぷりの大根オロシ&ポン酢のサッパリテイスト。

口当たりが良くて、思わず箸がススム&ススム。

甘ったるいタレだったら後半うんざりすることもありますが、ボリューミーなのにスイスイいけるお薦めメニューです^^

とんこつにも、醤油にも合うねコレは♪


 

「気合入ってるだろうなぁ~」 と思いながら、嬉々として訪れた訳ですが・・・
いやはや凄かったわ~(о´∀`о)

おいげんらしいパワフルさは微塵も失わず、絶妙のキレを併せ持っているイメージでした。

そもそも安定感の高いブランドだと思いますが、これは想像を超える仕上がりでしたね♪

平日のお昼も、数多くの観光客でにぎわう界隈。

現時点では、オープンしたことも、実はこのお店が人気・実力ともに超一級品であることも。

ここを通る方々のほとんどが知らないと思われ、他所は行列、ここはスムーズでした。

しかしそれは時間の問題かも。
このクオリティさえ担保されれば、太宰府駅前の勢力図は「年末年始」「受験シーズン」で着実に塗り替わってくることでしょう。

今は情報の伝わり方が昔とは違うからねぇ~(^^ゞ

今後の活躍が本当に楽しみです!!

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから