【来雷軒@久留米市櫛原町】 伝統と洗練が折り合う!極めてハイセンスなブランド

久留米市櫛原町にある、「来雷軒」 をご紹介します。

「毎日食べても飽きがこない、昔ながらの久留米ラーメン」をテーマとして。

2012年にオープンした人気店です。

 

2 特製ラーメン(2018年6月)

懐かしさと洗練が見事に織り重なる! 久留米エリア随一のセンスを放つ一杯

毎日だって食べられるような味を

というフレーズは少なからず聞かれますが・・・個人的には実に難しいものであると思っております(汗)

毎日食べられる≠無難で特徴のないアッサリ味 ではない。
というのが、めんむすび的な解釈。

このお店ならではのおいしさ♪」があったうえで・・・

おいしかったけど、一回食べたら・・・一時はいいかな^^;

ではなく、
なぜか、また直ぐに食べたくなる

そんな稀有な存在であると思います。

数多くの実力店を有する久留米エリアにおいて。

そんなイメージが一番ピッタリくるお店。それがこちらの 来雷軒 だと思います^^

 

アクセス

櫛原バイパスを、櫛原町1丁目交差点から市役所方面へ。

150メートルほど進むと、右手にお店があります。

 

店舗外観

打ち出し感は控えめの落ち着いたファサード。

店頭には6台分の駐車スペースがあります。

ちなみに営業時間は
お昼のみ営業」「日祝+不定休」なので、地元民以外にはややハードル高めの設定です(汗)

”来雷軒” の文字を囲む、パックマン的な存在に目を奪われつつ店内へと向かいます^^

 

店舗内観

今日も盛況でしたが、一瞬の入れ替わりの隙をついてパチっと。

壁側にはいくつかのテーブル席が。厨房前にはカウンター席があります。

 

卓上調味料

卓上にはシンプルに、コショウ紅ショウガのみスタンバイ。

 

おしながき

ぎらつきアリな写真で申し訳ございません^^;
こちらが2018年6月時点のおしながきです。

ラーメンはとんこつ1本!
デフォに加え、チャーシューメン特製ラーメン半ラーメンがあります。

その他には、辛子高菜とライスが付くセットも。

 

懐かしさと洗練が見事に織り重なる! 極めてハイセンスな一杯

やってきました! こちらが 特製ラーメン です。

うひょ~っ、テンションが上がるこの美しいビジュアル♪
中央の卵黄がツヤツヤに輝いていますね。

早速スープをズズっと・・・くぅ~~、美味いっ (о´∀`о)

なんという沁み沁み感!
くさみナシ、とんこつ感キッチリ、適度な脂感、そして甘みのある味わい。

思わずレンゲを二度三度。今日は、なかなか麺に辿り着きません(笑)

う~ん、改めて凄いバランス感ですね。

どこか懐かしいような。それでいて洗練されているような。
実に見事な味わいです♪( ´▽`)

 

その存在感をいかんなく発揮。 極旨スープの埋もれない秀逸なストレート麺

合わせるのは適度な細さストレート麺です。

もちろん硬さはデフォで。

しっかりとしたコシしなやかさを併せ持つ麺は、スープの旨さに埋もれることなくその存在感をいかんなく発揮。

実に堂々たる旨さです (^o^)

とんこつのお店で ”麺が旨いっ!” と感じさせるお店は強いですね♪

 

後半までじっくり待つべし。 味玉とはひと味異なる卵黄の旨さ♪

アッサリ寄り→モモのチャーシューではなく・・・

脂が乗り過ぎない上品なバラチャーシューが乗る点が、これまた僕のツボ♪(´ε` )

メンマ海苔なども、それぞれ実にハイクオリティ

スープを活かしつつも、個々がしっかり仕上がっています。

でもって卵黄♪
鍋焼きうどんよろしく、後半までは壊さないように食べ進み・・・

いよいよトロリと麺に絡めて味わえば・・・はぁ~タマラン旨さ (^o^)


 

実に見事” というほか無い一杯!

旨いお店がいくつもある久留米エリアですが、間違いなく三本指に入る一杯です。

地元の方以外には少しハードルが高めですが、久留米を周る際は決して外せないお店ですよ\(^o^)/

僕もできれば毎月食べたいです(笑)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 チャーシューメン(2015年7月)

来雷軒 (1)[1]

この旨さは衝撃的!アッサリ系の一言では到底伝わらない極旨とんこつ

ずっと気になっていながら、タイミングが合わず未訪だった「来雷軒」に初訪問♪

ようやく啜れると思うと、着く前からテンション高めです (^^ゞ

例の如く、訪問前に細かな情報は入れずに行くタイプなのでサラ~リとしか把握しておりませんが、何とも”只者ではない感”がビシビシと伝わってくるイメージ。

オープンから3年ほどらしいので、長い歴史を持つお店が多い久留米ではニューカマーといったところでしょうか?

数々の老舗名店に囲まれ、舌も肥えていると思しき久留米のレビュアーの方々は、それほど甘くないのではないかと。

そのなかで高評価を得ているとあっては、いやがうえにも期待が膨らみます!

 

アクセス

櫛原バイパスを、櫛原町1丁目の交差点から市役所方面へ。

150メートルほど進むと、右手にお店があります。

 

店舗外観

来雷軒 (8)

お店のに、数台分の駐車スペースがあるので安心です。

近隣には老舗の”沖食堂”があります。

 

店舗内観

来雷軒 (6)店内はカウンター席とテーブル席が。
大行列ではないものの、ひっきりなしにお客さんが訪れ、概ね満席状態が続きました。

一瞬のタイミングを見つけ、なんとか内観をパチリ。

この時だけ空いたテーブル席も、即時埋まっていました。

こちらは営業時間のハードルが高め(汗)

11:30~14:30(LO)と結構タイトです。

更には日曜+不定休というのも、遠方からだと厳しいところ(>_<)

ようやく念願かなって、嬉しさひとしおです♪

 

卓上調味料

来雷軒 (7)

卓上調味料はコショウ&紅ショウガとシンプルな構成です。

 

おしながき

来雷軒 (5)ラーメンはシンプルにとんこつ1本!
チャーシューメン、特製ラーメン、半ラーメンなどもあります。

やきめしは有りませんが、辛子高菜がつくごはんセット等はアリ。

高菜おかわり自由とのことです^^

特製も気になりましたが、生卵で味が変わるかも?と思い、例の如くチャーシューメンをチョイス(^^ゞ

 

この旨さは衝撃的!アッサリ系の一言では到底伝わらない極旨とんこつ

来雷軒 (1)スムーズに着丼。

むむっ!?
実際に実物と対峙すると、改めてビシビシとオーラを感じます。

本当に旨いものは、その外面からして違いますな(^^ゞ

来雷軒 (3)

ではズズッと・・・うん、美味いっ!

細かなとんこつエスプレッソが表層を覆いますが、むしろ味わいはアッサリ系

しかし単なるアッサリとは次元が違う♪

繊細な旨味幾重にも押し寄せ、とんこつの旨味だけをピンポイントに楽しませてくれます。

脂っ気は控えめで、なんともピュアな味わい。

飲み干せるタイプのスープです。

スゴイね、これは!

初めて清陽軒を食べた時の感動を彷彿とさせる、衝撃的なアッサリ系の極旨とんこつです(^o^)

 

迎合するのでは無く高め合う!スープと麺が織りなす絶妙のバランス感

来雷軒 (4)麺は細めのストレート
ソフト系かと思いきや、パツッとしっかりハリのある仕上がりに驚き^^

久留米のなかでは明らかに細め加水率低め
ノド越しも上々です。

スープに馴染み切ってしまうのではなく、スープと麺のそれぞれが明確に存在感を表しつつ、トータル的にはしっかりと一体感も

丼の中で2大スターが激突しつつ、同時に息の合った演技を見せてくれる。
そんなイメージかな (^^ゞ

 

素材は上質&仕事は丁寧!スープと麺を盛りたてる具材の旨さ

来雷軒 (2)大きめ&厚さ絶妙なバラのロールチャーシュー6枚も♪

柔らかさも有りつつ、肉の旨味もしっかりと楽しめるベストな仕上がり。

スープを邪魔しない、控えめな味付けもイイ感じです^^

素材自体も上質と思しきメンマ

独特の臭みや筋っぽさなど全くナシ、サクサク心地良い食感を楽しめます。

これまた上質キクラゲ海苔も乗って大満足です!


 

いやはや、ここまでの旨さとは!!
正直、高い期待値を更に上回る、素晴らしい一杯でした (^o^)

純とんこつでここまでの美味さに出会うのは、結構久しぶりかも??

それもアッサリ系とんこつでここまでとは…脱帽です。

出来るだけ早くリピしたい♪
次回は生卵が入る、特製を食べてみたいです。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

店舗情報はこちらから

来雷軒

昼総合点★★★★ 4.0