これでもかというほどのチャーシュー。この分厚さは見て・食べて・確かめてほしい

らぁめん蔵持 (4)

らぁめん蔵持@中央区白金
チャーシューめん & チャーシューざる

 

4月にオープンした「らぁめん満来@白金」

東京の老舗人気店の姉妹店とのことで、アッサリ系つけ麺の”ざるらぁめん”が名物です。

その後、店名を「らぁめん蔵持」と変えて、営業中。

オープン直後はなかった「チャーシューVer.」を目当てに再訪して参りました。

お店への行き方、雰囲気、実食メニューのレビューなどはこちらから

 

これでもかというほどのチャーシュー。この分厚さは見て・食べて・確かめてほしい

らぁめん蔵持 (4)

まずは「チャーシューめん」より。

厚さ2センチはあろうかというチャーシューの、迫力に圧倒されます。

デフォは1枚ですが、チャーシューめんになると2枚追加の3枚に!(^^)!

らぁめん蔵持 (6)

見た目よりもずっと深みのある旨味にメロメロ。

らぁめん蔵持 (7)

麺もかなりのボリューム

後半食べ飽きてしまいそうですが、箸を進める手が止まりません(^^♪

スープの美味しさも勿論、麺とのマッチングが秀逸。

一度食べるとクセになりそうです。

らぁめん蔵持 (5)

前回食べたチャーシューはほろっと柔らかかったのですが、今回はやや肉感を残した仕上がり。

噛みごたえもあって、かなりのボリュームに感じます…

デフォが730円で、チャーシュー2枚追加で1,280円となると、550円のアップに。

1枚275円なので、コスパ的にはそこまで悪くはないと思いますが、ボリュームがボリュームなだけに1枚ずつ追加できるとありがたいですね。

値段的にも1,280円となると敬遠してしまう方が多いと思うので、1枚ずつ追加できるようになると良いなぁ♪

 

チャーシューざる

らぁめん蔵持 (2)

次は「チャーシューざる

つけダレの器は結構大きめですが、チャーシューなどの具材が溢れんばかりと。

らぁめん蔵持 (1)

キリッと効いた醤油ダレと、しっかりと引き出された鶏と豚のダシ感が旨い一杯です。

らぁめん蔵持 (3)

麺量は欲張らずに普通で。

チャーシューのボリュームもあるので、普通でもかなりの満足感です。

※チャーシューざるの詳しい記事はこちら


 

1人で食べるには物凄いボリュームなので、2人などで「チャーシュー」をシェアするのが良いかもしれません…

あと、白ごはんもあれば言うことないんだけどなぁ~~(*´▽`*)

でも、福岡でこの味わいを楽しめるのはありがたいですよね♪

 

これまでに”めんむすび”でご紹介したメニュー

1.ざるらぁめん(2016/4/25)らぁめん蔵持 (11)東京の老舗が福岡へ! ノスタルジックかと思いきや、想像以上にハマる清湯系つけ麺

お店への行き方、雰囲気、実食メニューのレビューなどはこちらから

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

らぁめん蔵持

昼総合点★★★☆☆ 3.7

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA